ラクロス部

2015.09.07

第28回関東学生リーグ戦 対千葉大 9月5日 神奈川・明学大横浜キャンパスヘボンフィールド

千葉大相手に快勝!リーグ戦初白星を挙げる

前半 後半
早大 10
千葉大
▽得点者
堀切2、平野薫2、中川、岩田、横田、大山、畑田、滋野

 ここまで1敗1分と関東学生リーグ戦(リーグ戦)で勝利をつかめていない女子部は、千葉大との対戦を迎えた。ファイナル4進出をかけ、絶対に負けられないこの試合。序盤からしっかりと流れを引き寄せ、ゴールを重ねた。その後も圧倒的なポゼッションの高さで、相手の攻撃を許さない。終盤は得点が滞る場面も見られたが、終わってみれば10-0。待ちに待ったリーグ戦初白星を手に入れた。

 前半からテンポよくゴールを揺らし続けた。これまでの試合で不足していた決め切る力がこの日存分に発揮される。最初のドローを勝ち取った早大は見事なパスワークを披露し、まずはMF堀切梓沙(スポ4=東京・成蹊)が先制点を獲得。続いて、相手ファウルを好機にAT平野薫(国教2=神奈川・桐蔭学園)、AT中川真菜(スポ2=大阪・茨木)が確実に点を収める。さらに15分にはMF岩田菜央美(スポ2=神奈川大付)が4点目を重ねるなど、オフェンスでの2年生の活躍が光った。その後相手にボールを奪われるシーンもあったが、すぐに取り返した早大。ラスト1分DF横田真理(スポ4=東京・都武蔵)がゴールを決め、6-0でハーフタイムを迎える。

積極的に攻め、この日2得点を挙げた堀切

 後半も勢い衰えず、リードを広げていく。開始3分、ファウルで相手にボールを譲ってしまうが、相手に攻撃を許す間もなく奪い返し、AT大山咲里桜(人2=東京・国学院)がシュートを決める。直後にDF陣が好セーブを見せると、そのまま堀切が8点目のゴール。4分にはMF畑田奈美(スポ3=東京・法政女)がフリーシュートを冷静に収めた。さらにAT滋野夏穂(人3=東京・桐朋女)が鋭いショットを成功させるなど、ゴールラッシュが続いた早大。その後の15分間は決定力に欠けてしまうものの、そのままリードを保ち試合終了。10-0の完封勝利で、リーグ戦初白星を手に入れた。

得点を決めて喜ぶ滋野(右)と中川

 前回の悔しい敗戦から一週間。厳しいまなざしで自分たちを見つめ直し、コミュニケーションを深めた。チーム内での意思の疎通がしっかりと図れたことがこの勝利につながったであろう。「上にいける可能性があるチーム」と川上順久女子部ヘッドコーチ(平10理工卒=東京・早大学院)が語るように、まだまだ向上の余地が十分にある。ファイナル4へ向け、今後も負けられない戦いが続く。きょう得た自信を糧にさらなるレベルアップを図り、残り2戦を全力で勝ち取ってほしい。

(記事 後藤あやめ、写真 菅原拓人)

関連記事

攻守で圧倒され、強豪・明大に完敗/第28回関東学生リーグ戦(08/30)

劇的ゴールも悔しい引き分けスタート/第28回関東学生リーグ戦(08/15)

コメント

川上順久女子部ヘッドコーチ(平10理工卒=東京・早大学院)

――ファイナル4に向けて負けられない試合だったと思いますが、きょうはどのような意気込みで臨まれましたか

ここ初戦、2戦目と大事なところで、頼りにならないといけない4年生もミスをしていて、ふがいない試合でした。きょうは冷静な気持ちでチームをこの一週間立て直してくれました。圧勝することができてほっとしています。

――先週の試合からこの一週間うまく調整ができたということでしょうか

そうですね。技術的なことよりかはコミュニケーションを取って、一週間で視野が飛躍的に広がったのではないかなと思います。

――実際にきょう戦ってみていかがでしたか

当然まだ直さなければならないことはたくさんあります。それだけに、もう少しこれができたらと上にいける可能性があるチームともいえる状況です。これからみんながさらにうまくなることが楽しみな試合だったと思います。

――具体的に向上できると思う部分はどのようなところでしょうか

オフェンス、ディフェンス一つずつありますが、オフェンスの方は、2年生が良いところで活躍してくれましたし、また控えの上級生もそれぞれの持ち味を出して活躍してくれました。その辺りの組み合わせが何パターンかできれば、さらなる得点パターンが出るかなと思います。ディフェンスの方は最初の試合などはファウルが多く、ファウルトラブルになりかねない試合でした。ファウルをしないで丁寧に相手の攻撃を抑えることができてきているので、今後さらなる安定感を発揮してくれると思います。

――きょうの試合はさまざまな選手が出場されている印象でしたが

先週終わった後厳しいミーティングをして、みんながどれくらい本当に考えてやってくれているのかというのが試合前のウォーミングアップからとても伝わってきました。それで出しても大丈夫だと思い、順番に組み合わせを考えながら出していきました。

――相手にポゼッションをあまり許さないという試合展開でしたが、振り返っていかがですか

まだまだ荒いところもありますが、いま言ってくれたように相手に攻撃をなかなか許さない、良い形でオフェンスもディフェンスもできました。これをさらに追求していきたいと思います。

――10-0というスコアに関してはいかがですか

途中まで10点重ねられて良かったですが、後半はまだまだ得点を取れるチャンスがあったと思います。そこで取り切れなかったというのが課題なので、うれしい反面、その辺りを改善していきたいと思います。

――次の学習院大戦に向けて一言お願いします

負けられない試合が続きますので、また一歩でも二歩でもチームが上にいけるように、みんなであがきながら良いチームをつくっていきたいと思います。

DF川勝美輝主将(法4=埼玉・春日部共栄)

――リーグ戦初勝利となりましたが、いまのお気持ちを聞かせてください

やっと白星を獲得できたなという気持ちが一番です。

――ここまで思うような結果が出ないなか、練習などの雰囲気はいかがでしたか

練習に関しては前を向いてやるしかないという部分が大きかったです。一人一人が次の試合に向けて何をすべきか、メンバーの選手もメンバー外の選手も考えてやれていたと思います。

――では、重苦しい雰囲気になるなどということはなかったのですね

そうですね。ですが、試合後は点を取れていなかったのでミーティングを設けて、意見をぶつけるということはしました。

――明大戦の後に決め切る力がないと仰っていましたが、この試合では10得点。決定力に手応えは感じでいますか

んー、どうですかね(笑)。私はDFなので後ろから見ているのですが、まだまだ決め切れるかなと思います。相手ゴーリーのクロスに入ってしまっていたので、もっと点は取れたという感触はあります。

――守っては無失点でしたが、評価としてはいかがですか

みんな心では無失点でいこうと思っていて、チーム目標としては2失点以内でいこうとしていました。結果として0点に抑えることができたのは収穫だと思います。

――川勝選手から見て、この試合のチームで最も良かったことはどのようなことでしょうか

色々な選手が点を取れたなということですね。2年生から4年生まで、色々な人が得点できるということは今年のチームの目標なので、今後の試合でも引き続きやっていきたいと思います。

――リーグ戦も残り2試合となりますが、どのように戦っていきたいですか

まだファイナル4に行ける可能性は残っているので、まずは2週間後の学習院大戦で圧倒できるよう、しっかり詰めていきたいと思います。

AT滋野夏穂(人3=東京・桐朋女)

――きょうはどのような意気込みで臨まれましたか

いままでリーグ戦を2戦戦ってきて、一度も勝てていなく、チームとしても厳しい状況まで追い込まれていました。チームの中でも話し合って、いろいろなことを変えました。得失点差などもありましたが、細かいことは気にせずに、自分たちがやってきたことをやり切って、しっかり勝とうという強い気持ちで臨みました。

――前回の試合から一週間ありましたが、うまく調整はできましたか

そうですね。やれることはしっかりやって、たくさん話して、調整してきました。

――コミュニケーションという部分を大切にされたのですか

お互いやりたいことなどの意思の疎通が試合になると取るのが難しいというのが多々ありました。その原因は日頃の練習で、十分に話せていなかったというのが反省で挙がっていました。この一週間の練習はできるだけ話すようにしてやれたと思います。

――リーグ戦初白星を挙げましたが、きょうの試合を振り返っていかがですか

結果的に勝てたということは次の試合につながりますし、いままでの厳しい状況を打開できたということは良かったと思います。ですが、細かいところでミスがあり、すり合わせが足りていなかったところがまた新たに見つかりました。次の学習院大戦まで2週間空くので、そこでしっかり修正してつなげたいと思います。

――ドローからうまくつなげた場面も多かったと思いますが

ドローはこのチームになってからずっと力を入れている部分です。ドローが取れると試合全体として流れがつかめたりするので、とても大切です。この後もフォーカスしてやっていきたいと思います。

――ご自身でもゴールを決められる場面がありましたが、プレーを振り返っていかがですか

私自身のこのリーグ戦での初得点だったのでした。いろいろいままで考えたり、悩んだりしましたが、きょうの一点をきっかけに、このあとのリーグ戦でもどんどんと得点を決めていければ良いなと思います。

――次戦に向けて一言お願いします

次の学習院大戦も絶対に負けられない試合です。きょうのような試合をしっかりできるように、一段と気を引き締めて、チーム全体でやっていきたいと思います。

MF畑田奈美(スポ3=東京・法政女)

――リーグ戦初勝利ですが、お気持ちを聞かせてください

川勝組が始まって、なかなか勝利できなくてチーム内でも個人でも苦しむところがありました。苦しんだ後の勝利だったので、普通の勝利よりもうれしく感じました。

――点数的には10点取りました

10点取ることが目標であって、10点取れたことは良かったです。それ以上に無失点に抑えられたのがチーム力だと思います。

< p>――試合内容を振り返って

< p>ミスが多いので、あと2戦、学習院と日体戦があるので、そこは直さないと足元を救われる形になるのでそこは直していきます。10点をしっかり目標通りに挙げられたことは喜びつつ、さらに得点力を伸ばしつつ頑張っていきたいです。

< p>――ご自身の得点シーンを振り返って

< p>いままでリーグ戦にあまり出る機会がなかったので(笑)。いまだ、と思いました。決めなきゃベンチに帰れないと思って死ぬ気で打ちました。

< p>――次に向けて、攻撃面での修正はありますか

< p>いままでコミュニケーションの行き違い、考え方の行き違い。一人一人は得点力があるんですけど行き違いが生じてうまくいっていなかったので、いま話し合いを重ねてやっとうまくいってきたところなので、しつこくコミュニケーションを取り合いつつこれからもやっていきたいです。

AT中川真菜(スポ2=大阪・茨木)

――きょうの試合を振り返って

チームとして圧勝しようということは決めていて、得点も挙げて無失点だったことは大きな自信になるなと思いました。

――リーグ戦初勝利ですね

やっと1勝できたという安心感と、まだまだこれからであと2勝しなくてはならないので気を引き締めてもっとレベルアップしていきたいです。

――ご自身のプレーについてはいかがですか

試合の中で初めてやったプレーとかもいくつかあって、得点できたことは自信にして、これから次の試合までにプレーの幅を広くしていきたいなと感じました。

――10-0というスコアについては

得点が2桁だったのは目標達成できたのですが、もっと決められる部分があったと思うので、そこをもっと磨いていきたいです。

――終始リードをしていましたが、試合中はいかがでしたか

楽しんで戦えました。

―リーグ戦あと2試合の抱負をお願いします

ここからがチームとしても勝負だと思うので、もう一度一致団結して2勝挙げたいと思います。