メニュー

卓球部

2015.08.30

第4回日本リーグ・日学連対抗ドリームマッチ 8月29日 愛知・天白スポーツセンター

男女主将が社会人と対戦、課題がみつかる

 第4回日本リーグ・日学連対抗卓球ドリームマッチが愛知県名古屋市で開幕した。この大会は、東日本大震災の復興と日本卓球リーグ実業団連盟(日本リーグ)・日本学生卓球連盟(日学連)の選手が相互に交流し強化することを目的としている。早大からは、山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)と小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)が選出。初日は男女団体戦と個人戦の一部が行われた。早大勢は黒星を喫するなど、社会人選手の底力を見せつけられる結果となった。

 団体戦は各選手がそれぞれ2人ずつと対戦し、その勝ち星の合計が多いチームに軍配が上がる。山本は強豪・神巧也(シチズン)に強気の姿勢で臨み見事一勝を手にする。しかし続いて当たった松平賢二(協和発酵キリン)との一戦では、相手の粘り強いプレーに苦戦。ゲームカウント2-3で惜敗した。小道野は天野優(サンリツ)から第1ゲームを先取するも、その後流れをつかめず敗北。一方の2戦目では、松本郁(広島日野自動車)の速球に苦しみながらも、勝負所で得意のバックハンドを確実に決め白星を挙げた。男子は団体戦スコア7-9、女子は団体戦スコア6-10でともに日本リーグチームが勝利を収めた。

粘り勝ちを収めた小道野主将

 午後からは個人戦が行われた。山本は守備範囲の広い英田理志(信号器材)に対し、フットワークを生かして着実に点を重ねる。しかし、苦手としないカットマン相手に山本の勝利が決まったのは最終第5ゲーム。「反省すべき点が多い」(山本主将)と、フルゲームにもつれ込んだことへの悔しさをにじませた。小道野は速いラリーを得意とする加藤杏華(十六銀行)と互角のラリー戦を繰り広げたが、決定力に欠け敗戦。「一本粘られたときに最後決めきれなかった」(小道野)と今後の課題を口にした。

フルゲームの末勝利を挙げた山本主将

 2日目は引き続き個人戦が行われる。昨年優勝した山本には、ことしもその期待がかかる。今大会が初出場の小道野は、「しっかり準備して、大事に試合していきたい」(小道野)と意気込みを述べた。社会人相手にどこまでの力を発揮することができるのだろうか。

(記事 橋本望、写真 豊田光司)

結果

団体戦

▽男子  ●日学連7―9日本リーグ

第1試合 ○山本3―1神巧也(シチズン)

第2試合 ●山本2―3松平賢二(協和発酵キリン)

▽女子  ●日学連6―10日本リーグ

第1試合 ●小道野1―3天野優(サンリツ)

第2試合 ◯小道野3-2松本郁(広島自動車)

シングルス予選

▽男子

第1試合 ○山本3―2英田理志(信号器材)

▽女子

第1試合 ●小道野1―3加藤杏華(十六銀行)

コメント

山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)

――今大会へのモチベーションはいかがでしたか

実業団の選手とやる機会はあまりないのでこういう機会はすごく貴重ですね

――合宿終りかと思いますが、コンデションはいかがですか

合宿でかなり追い込んできたので、疲れはあるんですけど、フィジカル面では良い状態かと思います。

――団体戦の2戦を振り返って

1試合目は神さんですごく強い相手だったので向かっていくだけで、すごく良い試合が出来たので結果的に勝てて。次の試合で2-1でリードした場面で4、5ゲーム目を競って落としてしまったのでそこは反省すべき点かなと。

――2試合目はかなり粘り強い選手だったと思います

かなり粘り強い相手だったと思います。決まったと思ったボールでも取られて、その差が最後の最後に出てしまったかなと。

――シングルスを振り返って

カットマンなので嫌な相手ではなかったのですが、ゲームオールまで行ってしまって反省すべき点が多いかなと思います。

――あすに向けての修正点は

まずはあすの予選リーグ戦をしっかりと勝てるように精いっぱい頑張りたいです。

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――この大会の雰囲気はいかがですか

多少緊張感もあり、ドリームマッチという名前からもわかるようにラフな感じもあり、という感じですね。

――1戦目の天野さんとの対戦では1ゲーム先取したのちに3ゲーム連取されてしまいましたが、その敗因は何だったと思いますか

まず、私は結構ニッタクボールが得意なんですけど、タマスボールにはうまくまだ対応しきれていません。それと、向こうがしっかり戦術を組まれてきたのでそれに対応できなかったかなという感じです。

――2戦目の松本さんとの対戦は非常に速い試合展開だったと思うのですが、その点はいかがでしたか

松本さんとは結構しょっちゅうやっているのですが、その中でもお互いサーブで得点を取るという展開の試合でした。でも、自分がレシーブの時はできるだけ我慢して、自分がサーブの時は組み立ててというのができたのでまあよかったかなと思います。

――6-10で日学連チームは負けてしまいましたが、それについてはどう思いましたか

やっぱり日本リーグの方々は勝負強いし、しっかり準備もしてきているのでそこの差かなと思います。

――個人戦で対戦した加藤さんは守りが固かった印象だったのですが、戦ってみた感想はいかがでしたか

ラリーをやってみた中では自分の方が上かなと思ったんですけど、でもやっぱり一本粘られたときに最後決めきれなかったので、ちょっと悔しい試合でした。

――今日はバックハンドがよく決まっていたと思ったのですが、調子はいかがでしたか

調子はすごくいいので、バックハンドをうまく使いつつ、あしたはもっとフォアで得点できるように頑張りたいです。

――最後に、あすに向けて一言お願いします

あした、あとシングル2試合で、上にいけるかはちょっとわからないんですけど、その2試合しっかり準備して、大事に試合していきたいと思います。