メニュー

庭球部

2015.08.25

全日本学生選手権 8月21日 岐阜メモリアルセンター

今井主将が単複ともに決勝の舞台へ

 本戦も残すところあと2日となったこの日、全日本学生選手権(インカレ)の準々決勝が行われた。男子シングルスには今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)、男子ダブルスには今井・河野優平(スポ2=福岡・柳川)組が登場。どちらも勝利を収め、あすの決勝戦に駒を進めた。

シングルス最大の山場を乗り越えた今井主将

 シングルスでの優勝を狙う今井は、「今大会の山場だと思っていた」と語る上杉海斗(慶大)との一戦を迎えた。第1セットは互いにサービスゲームを譲らず、タイブレークに突入。競った展開が続いたが、「向こうの積極的な攻めに対して引いてしまった」(今井)と相手の勢いに押されこのセットを落としてしまう。第2セットでも悪い流れを引きずりブレークを許すが、第4ゲームでは強気なストロークでこの試合初のブレークに成功。5-4で迎えた相手のサービスゲームも気迫あるプレーでもぎとり、決着は最終セットに持ち越された。このセットも接戦になることが予想されたが、ポイント間も自らを鼓舞するように声を出し続けた今井が6-1と相手を圧倒。フルセットまでもつれこんだ激闘を制し、悲願の優勝に王手を掛けた。

ボレーを決める河野と今井(左)

 シングルスで先に決勝進出を決めた今井は、河野とのダブルスで諱五貴・西脇一樹組(ともに明大)とも対戦。第1セットは河野のサービスゲームでブレークを許したものの、直後の第5ゲームでは激しい打ち合いを制しブレークバックに成功。鋭いサーブとボレーを軸としたプレーで、危なげなくこのセットを取った。その後はキープが続く展開となったが、強烈なショットを繰り出しつつ積極的に前に出て攻めていく。最後は河野のボレーが決まり、相手のサービスゲームをブレーク。「しっかり自分たちのプレーができた」(今井)と振り返る早大ペアが決勝への切符を手にした。

 単複ともに今大会の大本命が順調に勝ち進み、ついにあす決勝戦を迎える。今井は学生テニス界の頂点に立つことができるのか。岐阜の地で、最後の戦いが繰り広げられる。

(記事 熊木玲佳、写真 中村朋子)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽男子シングルス

準決勝

○今井慎太郎(6(5)-7、6-4、6-1)上杉海斗(慶大)

▽男子ダブルス

準決勝

○今井慎太郎・河野優平(6-3、6-4)諱五貴・西脇一樹(明大)

コメント

今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――まずシングルスについてお聞きします。きょうの上杉選手(海斗、慶大)との対戦は今大会の山場だったと思いますが、試合を振り返っていかがですか

本当に山場だと思っていました。上杉選手には春関(関東学生トーナメント)で負けてしまったので、春関が終わってからはインカレ(全日本学生選手権)でリベンジしてやるという気持ちをずっと持って練習していました。リベンジできてよかったと素直に思います。

――第1セットはお互いにサービスゲームをキープしつづけました。その後タイブレークに突入してこのセットを落としてしまいましたが、要因は何だと考えていらっしゃいますか

キープキープという展開になったのも向こうのサーブの力が上がっていたからで。彼は前まではもっと確率重視のサーブがメインだったのでブレークするチャンスも結構あったのですが、(今回は)サーブで主導権を握られてしまいました。タイブレークで先にリードしたのは僕だったのですが、向こうの積極的な攻めに対して引いてしまった部分があったので、そこが(セットを落とした)原因かなと思います。

――サーブの調子はいかがですか

今大会はサーブの質はいいです。大体いつも後半になってくると(質が)落ちてくるのですが、(今回は)自分で調整しながら打つことができているので、あしたの決勝でもしっかり持続していきたいと思っています。

――一方のダブルスの試合は振り返っていかがでしたか

(ペアの)河野(優平、スポ2=福岡・柳川)も、1回戦に比べると徐々に調子が上がってきています。彼は予選から出場していたので直前はあまり練習で合わせることはできなかったのですが、組んでいくうちにどんどんコンビネーションが良くなってきました。きょうもしっかり自分たちのプレーができたかなと思っています。

――あしたは単複共に決勝があります。意気込みをお聞かせください

本当にこのタイトルが欲しくてずっと練習してきました。勝敗を意識しすぎずに自分のプレーを100パーセント出し切ることができれば結果もついてくると思うので、あしたは自分の全力を出し切るということを心がけて臨んでいきたいです。

河野優平(スポ2=福岡・柳川)

――きょうのダブルスを振り返っていかがですか

決勝にコマを進められて嬉しいです。あすの高田航輝・上杉海斗組(慶大)には早慶戦(早慶対抗試合)で負けていますし、きょうも相手は強敵の法政のペアに簡単に勝っています。自分たちの力が上とは絶対言えないので、とにかく勝利したいと思います。

――きょうのの試合ではボレーがよく決まっているという印象でした

若干まだ思いっきりいけてない部分があるので、そこをしっかり修正したいです。とにかく思いっきり強気のプレーをしたいです。

――シングルスも4回戦まで勝ち上がりましたが、ご自身ではこの結果をどう思われますか

予想以上に勝てたというのがありましたが、ベスト8に入るチャンスもありましたし、そこであともう一つ勝ちたかったです。ベスト16に入るとポイントも稼げて、シードなどで少しずつ勝ちやすくなってくることも多いので、これを機にシングルスに力を入れていきたいと思います。

――あすの決勝への意気込みをお願いします

個人戦ですけどワセダという名前をを背負っていますし、慶大ということでライバルなので個人としてもチームとしても負けたくない相手です。とにかくどんな形でもいいので勝ちに行きたいと思います。