メニュー

庭球部

2015.08.24

全日本学生選手権 8月19日 岐阜メモリアルセンター

シングルス3名、ダブルス4ペアがベスト8入り

 全日本学生選手権(インカレ)もいよいよ後半戦に突入した。本戦5日目のこの日はシングルス4回戦とダブルス3回戦が行われ、早大からは吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)、辻恵子(教3=東京・早実)、細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)の3人がベスト8入り。また、女子ダブルスでは、宮地真知香主将(スポ4=福岡・折尾愛真)・大矢希(スポ1=愛知・名古屋経済大高蔵)組、日比沙織副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)・金井綾香(社2=東京・早実)組、梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)組、吉冨・細沼組の計4組が準々決勝へと駒を進めた。

健闘するも敗れた金井

 女子シングルスに登場した金井は、鋭いサーブとフォアハンドを武器とする坂元君佳(慶大)と対戦。3ゲームを連取し、幸先の良いスタートを切った。しかし4ゲーム目以降、坂元の強烈なサーブに苦しめられ、なかなかポイントを奪うことができない。フォアサイドに狙いを定められ、3-6でファーストセットを落とした。続くセカンドセットでは「自分のポイントのパターンを繰り返せた」(金井)と、ブレークに成功。ゲームカウントを4-4としたが、パワフルなショットで攻めてくる相手を打ち崩すことはかなわず。2ゲーム連取を許し、4回戦敗退となった。本日の試合でいち早く準々決勝進出を決めたのは辻恵と細沼の二人。前回覇者の吉冨もセットカウント0-1から挽回し、ベスト8に名を連ねた。

接戦を制した日比副将・金井(左)組

 シングルスで敗れた悔しさを晴らすべく、金井は日比とのダブルスに臨んだ。対戦相手は5月に行われた関東学生トーナメント(春関)で準優勝を果たした強敵、本郷未生・久次米夏海組(ともに山学大)。「ロブや高いボールなどで緩急をつけて自分たちのペースに持っていきたい」(日比)と対策を練り挑んだが、序盤は相手に主導権を握られる。ファーストセットを1-6で落とし、後がなくなった日比・金井組。だが、「失うものはなかった」(金井)と強気な気持ちがプレーにも表れた。ボレーやスマッシュなど多彩な攻撃に一段と磨きがかかり、相手を揺さぶっていく。粘り強く一球を追いかけポイントを重ねると、リードを守り切り6-1でこのセットをものにした。観客が固唾(かたず)をのんで見守る中、勝負の行方はスーパータイブレークへ。春関では準々決勝でスーパータイブレークの末、敗退。苦杯をなめる結果となっただけに、「悔いだけは残したくなかった」と語った金井。ロブを効果的に使う中で、攻めの気持ちも忘れず積極的に攻撃を仕掛ける。最後は日比のボレーが決まり、10-8で試合終了。強豪を相手に大金星を挙げた。

  華麗な逆転劇を演じた日比・金井組は次の試合で、吉冨・細沼組とのワセダ対決に挑む。日比は「サーブもストロークも良いものを持っていて、パワフル」と吉冨・細沼組について語った。笑顔で勝利を手にするのは、強敵を破り勢いのある日比・金井組か、それともシングルスでも順当に勝ち上がっている吉冨・細沼組か。ベスト4の座をかけた戦いは、すぐそこまで迫っている。

(記事 佐藤亜利紗、写真 豊田光司)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽女子シングルス

4回戦

○吉冨愛子(4-6、6-3、6-4)寺見かりん(山学大)

○辻恵子(6-0、6-3)米原実令(筑波大)

○細沼千紗(7-5、6-2)本郷未生(山学大)

●金井綾香(3-6、4-6)坂元君佳(慶大)

▽女子ダブルス

3回戦

○宮地真知香・大矢希(6-3、6-1)梶川真利亜・山口恵実(駒大)

○梶谷桜舞・上唯希(6-4、7-5)青木美侑・小林瑞歩(駒大)

○日比沙織・金井綾香(1-6、6-2、10-7)本郷未生・久次米夏海(山学大)

○吉冨愛子・細沼千紗(6-1、6-3)加治遥・渡邊はるか(園田学園女大)

コメント

日比沙織副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――4年生として迎えた最後の全日本大学選手権(インカレ)ですが、どのような気持ちで臨んでいますか

シングルスでは負けてしまったので、残っているのはダブルスのみで。13年間テニスをやってきて最後の個人戦になるので、あとはやるだけという気持ちでいっぱいです。

――本郷未生・久次米夏海組(山学大)という強敵が相手でした。金井選手(綾香、社2=東京・早実)とは試合前にどのような話し合いをされましたか

二人ともストロークが良いというのは分かっていて。結構テンポが良い選手なので、ロブや高いボールなどで緩急をつけて自分たちのペースに持っていければ良いなという話をしました。

――試合の後半になるにつれて、ボレーやスマッシュの精度が上がっていたように感じました

段々大事なところで集中力が高まっていったというのがあったので、そのおかげで精度も上がったのかなと思います。

――セカンドセットからスーパータイブレークへの流れで勝利への確信はありましたか

セカンドセッを取って勢いがあるのはこちらだと分かっていたので、逆に突っ走り過ぎないように少し落ち着いて、それまでと同じ気持ちで(スーパータイブレークに)入りました。

――関東学生トーナメント(春関)の際に、緊張していても練習のときと同じようなショットが打てるようにしたいとおしゃっていましたが、今回はうまくいきましたか

春関のときはスーパータイブレークで負けてしまって、そのときは本当に緊張して二人ともラケットが振れなくなってしまったという反省があったので。きょうはスーパータイブレーク入る前に二人でラケットは絶対に振る、という話をして入ったので、そこの課題に関しては少しクリアできたのではないかなと思います。

――今大会ではシングルスにも出場されましたが、振り返っていかがでしたか

セカンドセットの最後のほうはマッチポイントを6本くらいしのいだのですが、結局取り切れないという試合内容で。取り切れなかったという悔しさや勝てなかったという悔しさはあります。でも、いまの自分にできること、自分ができる限りのことは全部出せたと思うので、後悔はあまりなかったです。

――あすは吉冨選手(愛子、スポ4=愛知・椙山女学園)と細沼選手(千紗、スポ2=東京・富士見丘)のペアと対戦されますが、どのように戦っていきたいですか

二人ともサーブもストロークもとても良いものを持っていてパワフルなので、きょううまくロブを使えたことも生かしながら、あすはもう少し前から打っていけたら良いなと思います。

――改めて、あしたへの意気込みをお願いします

どちらもワセダのペアなので、コートマナーなども含めてワセダの選手として両ペアともいい戦いができれば良いなと思います。

金井綾香(社2=東京・早実)

――ダブルスで勝利した瞬間のお気持ちは

相手は強敵ということで、勝てたのは日比さん(沙織、スポ4=神奈川・湘南工大付)のおかげだと思います。勝ててうれしいです。

――ファーストセットを落とす展開となりました。その後のセカンドセットにはどのような気持ちで臨まれましたか

ファーストセットはリターンが返らず、ラリーが全くできませんでした。セカンドセットは失うものがなかったので、リターンをしっかり返してあとはフォアで勝負していこうと思いました。

――スーパータイブレークに入る前に日比選手と何か話されたことはありますか

引かないことだけ注意してあとは全部ラケットを振っていこう、という話をしました。

――流れが徐々に良くなっていったと思います。意識されたことはありますか

関東学生トーナメント(春関)では安形玲耶・村瀬早香組(ともに慶大)にスーパータイブレークで負けていたこともあり、悔いだけは残したくありませんでした。ラケットを振って、自分のできることをしようと思っていました。

――シングルスについてお聞きします。ファーストセットでは逆転を許してしまいました

3-0から8ゲーム連取されてしまいました。やはり相手の攻撃力が素晴らしかったので、もっと早い段階から違う戦い方を考えなければいけませんでした。セカンドセット4-5までチャンスがあっただけに、ファーストセットからの8ゲーム連取されたことが痛かったなと思います。

――対戦相手の坂本選手(君佳、慶大)の印象は

サーブとフォアがとても良くて、攻撃力のある選手だと思います。

――セカンドセットを振り返って

セカンドセットも0-2からのスタートでした。自分のポイントのパターンを繰り返し、一球一球ボールに食らいついて行こうと思って頑張りました。

――シングルスで見えてきた課題などはありますか

中に入って攻撃していくテニスをもっと確立していかなければならないなと思います。

――連日の試合で疲れなどはありますか

練習でしっかりと追い込んできたので、いまのところそこまで疲れてはいないです。

――あすの吉冨・細沼組との対戦に向けて、意気込みをお願いします

練習試合では何度も対戦していてお互いによく知っている相手なので、悔いだけは残さないように頑張っていきたいと思います。