メニュー

庭球部

2015.08.19

全日本学生選手権 8月18日 岐阜メモリアルセンター

頂点を目指し、ベスト16がでそろう

 ことしも学生最高峰の舞台、全日本学生選手権(インカレ)が開幕した。本戦4日目を迎えたきょう行われたのは、男女シングルス3回戦と男子ダブルス2回戦。ワセダからも多くの選手が出場し全国の強豪と熱戦を繰り広げた。男子シングルスでは第1シード今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)、第3シードの栗林聡真副将(スポ4=大阪・清風)らが順当にストレート勝ちを収める。女子シングルスでは昨年覇者の吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)が順調な勝ち上がりを見せる一方、宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)はまさかの敗戦。ここで悔しくも姿を消す結果となった。

同士打ちを制した河野

 混戦が予想される男子シングルス。シード勢が白星を挙げていく中、村松勇紀(社3=青森山田)と河野優平(スポ2=福岡・柳川)の同校対決は互いの意地がぶつかり合う接戦となった。予選を突破し本戦に出場した河野は第1セット、序盤からテンポよく試合を展開する村松に2-5とされてしまう。しかし負けじと追い上げ、タイブレークへもつれ込むと勢いそのままにこのセットを勝ち取った。続く第2セットもともに譲らずタイブレークに。積極的に前に出て攻めの姿勢を貫いた河野が流れをつかみ、一気に6ポイントを連取。最後はボレーでクロスにボールを落とし勝利を収めると、大きなガッツポーズを見せた。また、1年生ながら力強いプレーを披露した坂井勇仁(スポ1=大阪・清風)も見事ベスト16入り。これに対し、悔しい敗戦を喫したのは小堀良太(スポ3=東京・大成)。弓立裕生(明大)との対戦は4時間にわたる激戦となったが、要所で決め切ることができず。4回戦に駒を進めることはかなわなかった。

調子が上がり切らず敗れた宮地主将

 一方の女子は、第2シードの宮地が本郷未生(山学大)にストレートで敗れるという波乱の展開となった。予選からの勝ち上がりを見せていた林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)も、ファイナルセットまでもつれこむ接戦に。一時はリードした林だったが、強気なプレーで向かってくる相手に徐々にリズムを崩される。4-6でこのセットを落とし、3回戦敗退となった。しかし、第1シードの吉冨や昨年以上の好成績が期待される辻恵子(教3=東京・早実)、さらに下級生の細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)、金井綾香(社2=東京・早実)らは手堅く勝利を収めており、次なる4回戦に臨む。

 雨天の影響で試合日程が変更され、決勝戦が予備日であった22日に行われることになったことしのインカレ。本戦4日目が終了した時点で早大からは男子シングルスでは6人、女子シングルスでは4人が勝ち残っている。日本一を決める大決戦もきょうからいよいよ後半戦。同士打ちなども行われる中、ワセダから栄冠をつかむ者は現れるのか。今後もワセダ勢の進退から目が離せない。

(記事 吉原もとこ、山本葵、写真 豊田光司)

結果

▽男子シングルス

3回戦

〇今井慎太郎(6-2、6-0)豊野潤也(筑波大)

〇栗林聡真(6-1、6-2)高橋一希(青学大)

〇松崎勇太郎(6-2、6-2)増尾伶央楠(同大)

〇巽寛人(6-3、3-6、6-3)伊藤勇貴(明大)

●小堀良太(3-6、6-3、6(6)-7)弓立裕生(明大)

●木島駿(2-6、5-7)村上彰啓(法大)

○河野優平(7-6(6)、7-6(2))村松勇紀

●三好健太(2-6、6(4)-7)渋田大樹(明大)

○坂井勇仁(7-5、6-2)日下稜介(関学大)

▽男子ダブルス

2回戦

○今井慎太郎・河野優平(6-2、6-2)古田海人・西條一真(中大)

○栗林聡真・梶修登(6-0、6-1)梶川文也・平塚耕二郎(松山大)

○齋藤聖真・松崎勇太郎(6-3、6-1)黒瀬拓志・福井康介(島根大)

○岸田海・村松勇紀(6-3、0-6、10-6)谷本真人・渡邉将司(慶大)

○坂井勇仁・小堀良太(7-5、6-3)長田和典・小林理久(法大)

○小倉孝介・古田伊蕗(6-2、6-3)山本純・藤井佑介(広島経済大)

●三好健太・岩崎歩(7-6(2)、7-5)弓立祐生・渋田大樹(明大)

▽女子シングルス

3回戦

○吉冨愛子(6-1、7-5)清水千夏(専大)

●宮地真知香(3-6、3-6)本郷未生(山学大)

○辻恵子(6-1、6-2)松本千広(亜大)

●林恵里奈(6-3、6(4)-7、4-6)加治遥(園田女大)

○細沼千紗(7-6(5)、6-2)佐野真代(明大)

○金井綾香(6-3、6-3)高松奈央(中京大)