メニュー

水泳部

2015.08.05

第88回関東学生選手権 8月3日 神奈川・横浜国際水泳場

インカレにつながる3日間に

 関東学生選手権(関カレ)は最終日を迎えた。最終種目女子800メートルフリーリレーでは2位となり、有終の美を飾る。また個人種目でも山口真旺(スポ2=兵庫・須磨学園)が100メートル背泳ぎで2位入る活躍を見せた。今大会を通じて、女子総合成績は4位で終幕。1カ月後に迫った日本学生選手権(インカレ)に向けて実りある3日間となった。

 女子100メートル背泳ぎ予選を3位で通過した山口。決勝では前半から果敢に攻め、予選より1秒速いタイムで50メートルを2位で折り返す。激しい先頭争いが展開され、途中トップに立つなどの健闘を見せたが終盤に追い抜かれ惜しくも0.04秒差と僅差での2位でとなった。「インカレでは優勝を狙っていきたい」と話した山口。インカレにつながる泳ぎはしっかりできたようだ。また、女子400メートル個人メドレーの溝上壽乃(国教2=東京・早実)、女子100メートル自由形の伊藤愛実(社1=東京・早実)が共に7位入賞を果たし、ワセダに得点をもたらした。

2位に入った背泳ぎのエース山口

 最終種目の女子800メートルフリーリレーでは、前日の女子400メートルメドレーリレーをほうふつとさせる早大・筑波大・日女体大の3校による手に汗を握る優勝争いが繰り広げられた。第1泳者の伊藤は2位という好位置で第2泳者の志賀珠理奈(スポ1=埼玉・武南)につなぐ。志賀は途中3位に落ちるも、後半に猛烈な追い上げを見せ1位に迫る2位に。ルーキーたちからバトンを受け継いだ第3泳者の滝本純子(社3=東京・早実)は1つ順位を落として3位で4泳の田村美紅(スポ3=埼玉栄)へと託す。田村は少しずつ前との差を縮めながら、ラスト5メートル付近で先行していた筑波大を抜き去り、チームを2位へと押し上げた。

リレー全3種目に出場したルーキー志賀

 関カレを4位で終えた早大。野中優女子主将(スポ4=愛知・中京大中京)は「インカレへのステップとしてまずまずだった」と振り返った。シード権を獲得するという目標を達成するためにはさらなる進化が求められる。インカレでは世界選手権に出場中の渡部香生子(スポ1=東京・武蔵野)も加わる。今体制最後の大一番をチーム一丸となって笑顔で締めくくりたい。

(記事 杉野利恵、写真 大石藍)

結果

◇決勝

女子400メートル個人メドレー

溝上 5分01秒35【7位】

女子100メートル自由形

伊藤 58秒40【7位】

女子100メートル背泳ぎ

山口 1分02秒22【2位】

女子800メートルフリーリレー※タイム決勝

伊藤、志賀、滝本、田村 8分20秒87【2位】

◇予選

女子400メートル個人メドレー

溝上 5分04秒20【8位】

三浦奈波(社2=東京・早実) 5分10秒83【11位】

女子100メートル自由形

伊藤 58秒18【7位】

赤尾愉歩(社4=東京・早実) 58秒41【9位】

勝山晴海(国教3=静岡・浜松北) 58秒76【12位】

女子100メートル背泳ぎ

山口 1分03秒21【3位】

赤木彩乃(スポ3=岡山・勝山) 1分06秒66【15位】

岡本彩花(国教2=東京・早実) 1分09秒04【22位】

男子100メートル背泳ぎ※オープン参加

大沼健(スポ3=宮城・東北) 59秒24

征矢宗大(人2=埼玉・立教新座) 1分06秒03

男子200メートル平泳ぎ※オープン参加

坂田匠(スポ2=新潟第一) 2分18秒98

コメント

野中優女子主将(スポ4=愛知・中京大中京)

――今大会は4位という結果でしたが、順位についてどう思いますか

この大会は良い順位をねらっているわけではなく、インカレへのステップとしてとらえているので、そこはまずまずだったかなと思います。

――目標はありましたか

インカレに向けてそれぞれの動きを再確認したり、今の自分の位置を確認するいい機会と捉えて欲しいなと思っていました。<

――3年生がまとめる場面も多く見られたと思いますが、それについてどう思いますか

3日間とも4年生3人がそれぞれ抜けることがあったのですが、想像以上に3年生、2年生が主体的に動いてチームを引っ張ってくれたなという印象を受けました。

――今大会を通じて、女子チーム全体の調子やまとまりはどうでしたか

あまり調整をかけていないわりには好タイムで泳げたという選手が多かったので、その点に関してはインカレでも期待できるかなと思っています。チームとしては女子だけで観光したりなどチームで行動する機会を得られたので、インカレに向けてよりまとまる機会を得たと思います。

――インカレでシード権を獲得するという目標に向けて、今の女子チームに必要なことは何だと思いますか

B決勝に確実に残れそうな選手はA決勝を目指して1点でも多く点数を取るということと、B決勝に残れるか残れないかという選手も確実に点数を取れるようにしていってほしいです。

――インカレではどのように戦っていきたいですか

今大会は1年生の渡部選手(香生子、スポ1=東京・武蔵野)がいませんでしたが、渡部選手を含めて、チーム力と競技力を向上させてチーム一丸となって最後にはみんなで笑って目標を達成できたらいいなと思います。

山口真旺(スポ2=兵庫・須磨学園)

――一昨日のレースでは女子200メートル背泳ぎで3位、きょうの女子100メートル背泳ぎでは2位でしたが、レースを振り返っていかがでしたか

インカレのリハーサルのようなかたちで、2回ともまあまあしっかりと泳げたのではないかなと思っています。

――では、今日のタイムの1分02秒22というタイムについてはいかがですか

前日のリレーで1分02秒60もかかってしまったので、それに比べてタイム上がったので良かったかなとおもいます。

――今大会全体を振り返っていかがですか

3日間の試合というのはなかなかないのでそれが経験できて、どんな風に疲労が溜まるのかもわかったので良かったと思います。

――今大会をインカレに向けてどう、つなげていきたいですか

インカレでは、リレーも予選、決勝とあるので、気持ちの面でまずは折れないようにしっかりと1本1本泳げるように頑張っていきたいと思います。

――インカレでは、個人種目、メドレーリレーとチームの得点源としての活躍を期待されていますが、どのようにチームに貢献していきたいですか

200(メートル背泳ぎ)では決勝に残って、チームを盛り上げられるように頑張りたいです。メドレーリレーでは1年生がすごいので足を引っ張らないように、しっかりと勝っていきたいと思います。

――インカレでの目標と意気込みを教えてください

100(メートル背泳ぎ)でも200(メートル背泳ぎ)でもちゃんと決勝に残っていきたいです。100に関しては優勝も狙える位置にいると思うので、狙っていきたいと思います。