卓球部

2015.06.30

関東学生選手権 6月28日 埼玉・所沢市民体育館

男子シングルス、ランク入り逃す

 関東王者を決める戦いも、ついに最終日を迎えた。大会3日目のきょうは、男子シングルスの5回戦以降が行われた。初日の4回戦を突破した4名が試合に臨んだが、上位進出が期待された上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)がフルゲームの末敗れるなど苦戦。6回戦には山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)、竹岡純樹(スポ2=青森山田)の2名が進出したが共に敗れ、ランク入りを逃した。

 失った流れを、最後まで取り戻せなかった。5回戦をストレート勝ちし、迎えた6回戦。出だしの1ゲーム目は8点差をつけられて落としたが、2ゲームは取戻しゲームカウント1-1とふりだしに戻す。ここから流れに乗りたいところだったが「戦術が1つに固まってしまった」(山本主将)と、鋭いバックハンドを仕掛ける相手に受け身に回る場面が増える。中盤は手に汗握るバックハンドのラリー戦となるも、波に乗る相手を止めることができずゲームカウント1-3。優勝を目標としていただけに、あまりにも早い敗戦となった。

バックハンドの激しいラリー戦を繰り広げた

 竹岡の6回戦の相手は筑波大の斎藤。1ゲーム目は12-12のジュースの末勝ち取るが、続く第2、第3ゲームを連続で落とし劣勢に立たされる。両者、交互に点を取り合う均衡した展開の中、重点的に練習していたというサービスエースが決まり4ゲーム目を奪い返す。最終ゲームは中盤何度も点差を離されそうになるが、何度も追いつき勝利への意地を見せる。「1本1本が勝負だった」(竹岡)と粘り強く戦ったが、わずかに一歩及ばず。またしても、ベスト16入りはならなかった。

最後まで粘り強く戦った竹岡

 今大会、早大はダブルスこそベスト4に入ったものの、シングルスでは全選手がランク入りを逃す結果に終わった。一方で、ダブルス、シングルス共に専大が制するなど関東学生連盟1部に所属するライバル校は好調ぶりを見せた。残り3週間余りに迫るインカレ(全日本総合選手権・団体の部)に向けて、1人1人のレベルアップが必要になる。

(記事 久保田有紀 写真 石川諒)

ベスト4入りを果たし笑顔の山本・平野ペア

結果

▽男子シングルス

6回戦

●山本1-3寺光(専大)

●竹岡2-3斉藤(筑波大)
5回戦

○山本3-0田中(日体大)

○竹岡3-0坂野(中大)

●上村2-3水谷(駒大)

●高田0-3大坂(中大)

●坂内0-3西森(明大)


コメント

山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)

――5回戦をふり返っていかがでしたか

出だしがああいう形になってしまってなかなか自分のペースでいけず、それがのちのち響いてきたのかなと思います。

――バックハンドでのラリー戦が目立ちました

専大は打ち合いが強いので、その中で勝てなかったというのはすごく残念です。

――うまくいかなかった原因は

戦術が一つに固まってしまったのが要因だと思います。

――インカレ(全日本大学総合選手権団体の部)に向けてどのような調整をしていきますか

今大会で僕たちのチームはそこまで強くないということが分かったので、残り2週間くらいしかないんですけど、しっかりと練習して臨みたいと思います。

竹岡純樹(スポ2=青森山田)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

色々リーグ戦が終ってから変えた部分があったので、あまり試す場ではないのですが色んなことを試せて良かったと思います。

――サービスエースを奪う場面も見られましたが

結構重点的にサーブは練習してきたので、でもここ一本でサーブのコントロールとかがまだ甘くて、それがセットオールで負けてしまった原因なのでもっとサーブを練習していかないとなと思います。

――第5ゲームでは何度かリードを追い付く場面がありましたが心境は

セットオールだったので一本一本が勝負でした。とりあえず粘っていこうという感じでした。

――見つかった課題は

やはりまだフォアハンドが練習では良いのですが力みがあって、そこが課題かなと思います。

――全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)に向けて意気込みをお願いします

今大会一人もランクに入れなかったのですが、インカレでは大島さん(祐哉、スポ4=京都・東山)も帰ってきますし、みんなで戦って優勝目指して頑張りたいと思います。