メニュー

射撃部

2015.06.26

東日本選手権 6月20・21日 北海道・宮の沢屋内競技場

塚田、金子が見事入賞

 関東学生ライフル射撃選手権春季大会から約3週間。北海道・宮の沢にて2日間にわたり東日本学生ライフル射撃選手権大会が開催された。女子部は塚田恵美(スポ4=埼玉・栄北)が50m3×20で3位、50mP60で5位、10mS40で7位と3つもの種目で入賞。男子部も金子将之(創理3=東京・早実)が50m3×20で8位入賞、と男子部女子部共に好成績を収めた。

 女子部は塚田が大活躍。50m3×20、50mP60、10mS40でそれぞれ565点、575点、406.0点と自己新記録をマークし入賞を果たす。安定したパフォーマンスで圧倒的な強さを見せつけた。それに続くように長島遥(スポ3=埼玉・栄北)らも奮闘。迫る日本学生選抜ライフル射撃選手権に向け準備万端といったところだ。

安定の活躍を見せる塚田

 昨シーズンは思うような結果が出せなかった男子部だが、今シーズンは勢いに乗っている。金子は10mS60では自己新記録を出す。そして50m3×20では548点で見事8位入賞。他の選手は惜しくも入賞とはならなかったものの次々と自己新記録を樹立していく。10mS60では谷川諒(スポ3=シンガポール・早稲田渋谷シンガポール)、50mP60では牧野恭尚(法3=東京・早稲田)、松井信衞(基理3=東京・桐明)、10mS60で前田崇宏(政経4=横浜・緑ヶ丘)が自己新記録達成。日頃の練習の成果を感じる結果となった。

8位入賞を果たした金子

 今大会は女子部では安定の活躍ぶりが見られたのに加え、男子部では着実に成長している姿が目立った。学生選抜大会にことしは男子部からも前田、金子が出場する。「他大の強豪に引けをとらない点数を取って入賞を目指したい」、「出るからには良い結果を残したい」と気合は十分。ワセダ射撃部の今後の活躍に期待が高まる。

(記事、写真 網代祐希)

※掲載が遅くなり申し訳ありません。

結果

▽男子混合団体

【50mP60部門】4位

熊田隆信     565点

塚田       575点 自己新記録・個人5位

金子       568点


▽男子団体

【50m3×20部門】5位

前田       537点

金子       548点 個人8位

松井       540点


【10mS60部門】5位

谷川       603.8点 自己新記録

早川航生     586.6点

松尾悠佑     596.1点


▽男子個人

【50mP60部門】

辛島喬任     568点

戸井田勇介    556点

牧野       573点 自己新記録

松井       569点 自己新記録


【50m3×20部門】

熊田       536点


【10mS60部門】

前田       602.5点 自己新記録

金子       604.8点 自己新記録

松井       595.7点


▽女子団体

【10mS40部門】5位

塚田       406.0点 自己新記録・個人7位

長島       402.3点

中里志穏     388.0点


▽女子個人

【50mP60部門】

久保田優衣     555点


【50m3×20部門】

塚田        565点 自己新記録・個人3位

長島        554点


【10mS40部門】

小川智裕      381.1点

コメント

前田崇宏(政経4=横浜・緑ヶ丘)

――きょう(6/20)のAR、SBそれぞれ振り返っていかがですか

きょうの3姿勢は基本的に2週間後に控える選抜大会の調整という意味でそんな点数自体はあまり意識しないで撃ったのですが、S以外はなかなか良い調整ができたのかなと思います。この調子で選抜でも良い点数を撃って8位以内を目指せればいいなと思います。ARは春のシーズンは選抜では出られなかったので今大会で最後だったので自己新記録を狙って結果的に2点ですが満足いく形で春のシーズンを終われてよかったなと思っています。

――学生選抜大会に向けての意気込みをお願いします

昨年男子は誰も出られなかったのですがことしは私と金子が出られるので、その2人で他大の強豪に引けをとらない点数を取って入賞目指して頑張りたいと思います。

――きょう意識したことはありますか

SBは2週間後の調整という感じで意識していました。試合というよりどちらかというと2週間後の練習という感じです。

――集大成の年だと思いますがそれについていかがですか

ことし4年生で最後のシーズンとなるので悔いのないシーズンを送れるよう、選抜、秋関、全日ではもちろんファイナルで入賞目指して、最後早慶戦はまだ勝利したことが無いので勝利で締めくくって今シーズン終われたらなと思います。

金子将之(創理3=東京・早実)

――きょう(6/20)のAR、SBそれぞれ振り返っていかがでしたか

ARは自己新記録も出ましたし、自分の中では今シーズン一番良い結果が出て良い試合だったと思います。SBに関しては位置づけとしては次の学生選抜大会に向けて繋げていきたかったのですが結果はあまり良くなかったので、これから少しずつ課題を克服して学生選抜に向けて準備していきたいなと思います。

――きょう特に意識したことなどありますか

ARに関しては個人として出たので力まずに取り組むことができたと思います。

――学生選抜大会に向けた意気込みをお願いします

出場となるのは3姿勢だけなのですが、出るからには良い結果を取ってファイナルを目指して、少しでも上に食い込めるように頑張っていきたいと思います。

熊田隆信(基理3=宮城・尚絅学院)

――2日間を振り返っていかがですか

慣れない会場の中で、各々自分のやれることをやれた2日間だったのではないかなと思います。

――きょうの伏射はいかがでしたか

自分の満足のいく射撃が出来たかと言われればそんなことはなかったのですが、その中にも良い部分があったのでそれを今度生かしていってどんどん悪い部分を潰して、良い部分だけが残るようにしていけたらなと思います。

――きょう(6/21)意識したことはありますか

きょうの伏射はどちらかというとあまり意識していなくてきのうの3姿勢の方が焦点を当てて練習してきたので、逆に今回の伏射はあまり状況としては変わらない中でやっているので妥当な形で収まったのかなという感じです。

――きのう(6/20)の振り返りをお願いします

良い部分はきっちり良くでてきたのでよかったです。あとは悪い部分なくせるように頑張りたいと思います。

――集大成の年、意気込みをお願いします

大学4年間で射撃は終わりにしようと思っているので悔いの残らないよう、射撃人生を最後まで楽しみたいと思います。

――1年生が加わった新チームはいかがですか

自分が1年生のときよりも比較的人数が増えて規模が大きくなってきたなというのが第一印象で、その分それぞれの選手同士の切磋琢磨が活発化してきたのでこれから先もっと成績が伸びていくのではないかなと期待しています。