メニュー

バドミントン部

2015.06.13

関東学生選手権 6月12日 神奈川・平塚総合体育館

男女シングルスでベスト16が出揃う!

 全日本学生選手権(インカレ)へストレートでの出場権をかけ、熱き戦いが繰り広げられる関東学生選手権。この日はAブロック男女シングルスの3、4回戦が行われた。男子シングルスでは松本康平(スポ2=埼玉栄)と古賀穂(スポ1=福島・富岡)、女子シングルスでは我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)と中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)の4名が5回戦へと駒を進めた。

 初戦である2回戦を難なく突破し、3回戦へ登場した松本。第1ゲームを先取され、後がなくなった2ゲーム目も序盤から相手にリードを奪われる苦しい展開となる。「開き直って頑張った」(松本)と語るように、中盤から猛烈な追い上げを見せた。連続ポイントで勢いに乗り、このゲームを獲得。続くファイナルゲームは相手に主導権を渡さず、多彩なショットで相手を圧倒し逆転で4回戦への切符を手にした。4回戦では接戦となったものの集中力を切らすことなく、ストレートで5回戦進出を決めた。ルーキーの古賀穂は3,4回戦とも1点を争う激戦となったが実力を発揮し、同じく5回戦の戦いに挑む。2回戦までを勝ち進んできた江藤怜央(スポ2=神奈川・生田)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)、中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、菅原栄史(スポ1=宮城・聖ウルスラ学院英智)は3回戦で涙をのむ結果となった。

3回戦で逆転劇を演じた松本

 一方の女子は1、2回戦を順当に勝ち上がった中西が3回戦に出場した。「勝負所で自分の持ち味が光った」(中西)と語るように、攻めのプレーで相手を追い詰める。緩急を使い分けながら、要所で得点を重ねるなど安定した試合運びで白星を挙げた。4回戦では相手にポイントを奪われるも、「自信を持ってプレーできた」と気持ちを全面に出しきった中西。相手を翻弄(ほんろう)するショットも見られ、危なげなく5回戦につながる勝利を呼び込んだ。2、3回戦を不戦勝とし4回戦を迎えた我妻も持ち前の粘り強いプレーで相手を引き離していく。ストレート勝ちでベスト16入りを果たした。松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)は4回戦、金森望(スポ3=福岡・九州国際大付)は3回戦で姿を消した。

攻めのプレーを貫きベスト16入りを決めた中西

 「最低限ベスト4」という目標を掲げ今大会に挑む選手たち。その言葉にはインカレ出場権を手にしたいという思いが強く表れている。あと最低でも2勝、さらに上の戦いへ―。目の前の戦いだけではなくその先をも見据えた選手たちの戦いは一段と熱を帯びるに違いない。まずはベスト8入りをかけた一戦に注目が集まる。

 

(記事、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽Aブロック男子シングルス

▼4回戦

松本康平(スポ2=埼玉栄)○2-0(21-19、21-19)

古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-1(16-21、21-12、21-11)

▼3回戦

江藤怜央(スポ2=神奈川・生田)●1-2(24-22、10-21、7-21)

富岡寿将(社2=熊本・八代東)●1-2(12-21、16-21)

中里裕貴(スポ2=埼玉栄)●0-2(20-22、11-21)

松本康平(スポ2=埼玉栄)○2-1(17-21、22-20、21-16)

古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-19、26-24)

菅原栄史(スポ1=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(10-21、16-21)

▽Aブロック女子シングルス

▼4回戦

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-0(21-14、21-13)

中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)○2-0(21-17、21-12)

松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)●0-2(17-21、18-21)

▼3回戦

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)不戦勝

金森望(スポ3=福岡・九州国際大付)●0-2(18-21、13-21)

中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)○2-0(22-20、21-13)

松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)○2-0(21-13、21-18)

コメント

松本康平(スポ2=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

3回戦の1ゲーム目はリードしていたのですが落としてしまい、2ゲーム目はリードされていて落としてしまいました。危なげな試合でしたが、なんとか勝てて良かったと思います。

――3回戦では逆転勝ちを収められました。どのような気持ちで臨まれていましたか

2ゲーム目の負けそうな時は開き直って頑張りました。

――関東大学春季リーグ戦を終え、今大会までの間に強化してきたことはありますか

フィジカル面での強化です。

――今大会での目標をお聞かせください

とりあえずベスト4ですね。そこから上に行けるように頑張っていきたいと思います。

――では、今シーズンの抱負をお願いします

関東大学秋季リーグ戦、全日本学生選手権(インカレ)団体戦で優勝したいです。

――5回戦に向けての意気込みをお聞かせください

何回か対戦したことのある相手で、大体手の内は読めていると思います。勝ちたいです!

中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)

――きょうの試合を振り返って

3回戦では勝負所で自分の持ち味である、攻めのプレーができました。点数的には取られてしまっていたのですが、大事なところでしっかりと点を取ることができたので良かったと思います。

――ご自身のここまでの戦いぶりを振り返っていかがですか

個人的に2回戦が勝負だなと思っていました。そこでしっかり勝てたこともあり、きょうは自信を持ってできました。いつも守りの部分で自信のなさがでてしまうのですが、それもあまりないですね。ここまで良い調子で来れていると思います。

――春季リーグ戦から今大会までに何か強化してきたことはありますか

春季リーグ戦では個人的にすごく調子が落ちてしまいました。2試合を戦い抜く体力が全然足りていなかったので、練習前や後の時間を使って走りました。その成果が少し表れているのかなと思います。

――今大会での目標をお願いします

今大会でベスト4に入ると自動的にインカレ出場が決まるので最低ベスト4という目標で臨んでいます。ですがやはりみんな強いので、上ばかり見ずに一試合一試合をしっかり戦っていきたいです。その結果が優勝であったり最低限ベスト4であったりというところに結びついたらな、と思っています。

――今シーズンの抱負をお聞かせください

シングルスもダブルスもインカレでベスト8に入ることです。ベスト8に入ることによって全日本総合選手権への出場が決まります。自分は一度も出場したことがない大会ですし、最低限ベスト8入りを果たしたいですね。優勝やベスト4になれば、ユニバーシアードにもつながってくると思うので負けないことがことしの目標ですね。

――5回戦に向けての意気込みをお願いします

5回戦の相手は公式戦ではやったことがないのですが、練習試合では何度か対戦したことがあります。自分にとってはやりづらい相手というイメージがついてしまっているので、5回戦までに対策をしっかりして臨みたいです。期間も空くので一からやっていこうと思います。