メニュー

準硬式野球部

2015.05.24

東京六大学春季リーグ戦 5月23日 早大東伏見グラウンド

痛すぎる敗北、全日本へあとがなくなる/明大1回戦

明大1回戦
早大
明大 ×
(早)向江、●沼座―松下
◇(二塁打)野村、笹井

 東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)の最終カードとなる明大戦に臨んだ早大。勝率で明大が一歩リードしているものの、勝ち点で並ぶ早大は現在3位に着けている。夏に行われる全日本大学選手権(全日本)への予選出場権が獲得できるのは、リーグ戦2位以上。この戦いで勝ち点を取ったチームが日本一への挑戦権を獲得できる、両校にとって最大の山場だ。試合は両校の意地が激突し、一歩も譲らない展開に。しかし同点で迎えた8回、四球から崩れた沼座翔太(スポ4=広島なぎさ)がまさかの4失点。継投に失敗した早大が7-3で敗れる結末となった。

 是が非でも第1回戦を物にして流れに乗りたい早大。この日は初回から打線が奮起した。一死から沼田駿希(政経4=東京・早実)が鮮やかな流し打ちで安打を放つと、果敢に盗塁。この好機を逃すことなく、笹井健佑(社2=東京・早実)が適時左前安打で沼田を返し、5試合ぶりとなる先制点を獲得した。続く2回にも一死一、三塁の好機を演出。打席に入った野村裕之(人4=高知・土佐)に対し、ベンチからはスクイズのサインが出された。1点でも多く獲得し、差を広げたい早大。「得点につなげよう」(野村)。その一心で転がした打球は内野の間を転々とし、野村も一塁生還。ラッキーな犠打安打で追加点を獲得した。この日は野村を中心とした下位打線が活躍。しかし、序盤こそ上位打線も適時打でその奮闘に応えたが、中盤以降は沈黙が続いた。結局、5回以降は毎回走者を出すも無得点。ここ一番の場面で追加点を奪うことはできなかった。

先制打を含む3安打の活躍を見せた笹井

 勝利の方程式が突然狂い出した。この日の先発は向江洋光(人4=大分上野丘)。慶大戦では不調のため中継ぎを任されていたが、その向江が本来の姿を取り戻してきた。今季課題の立ち上がりでは、味方の失策により先頭打者に出塁を許すも後続を打ち取り無失点。打線の援護もあり、落ち着いた投球で上々の入りを見せた。しかし、3回高めに浮いた変化球を捉えられ同点に追いつかれる。勝ち越しに成功した4回にも自らのミスも絡み、再び試合を振り出しに戻してしまった。それでも向江はこれ以上の失点を許さず、7回を3失点。久々の先発で試合をつくりあげた。続く8回、同点ながら抑え投手の沼座がマウンドを託される。相手に1点も許さない盤石の態勢で明大打線を抑え込もうとした。しかし、これが大きな誤算。先頭打者を四球で歩かせてから、制球が定まらず押し出しで勝ち越しを許す。そしてとどめは右中間の奥深くに突き刺さる走者一掃の適時二塁打。早大の勝ちパターンが乱れ、痛すぎる敗北が決定づけられた。

押し出しで許した勝ち越し点。得点する瞬間をただ見ていることしかできなかった

 全日本予選出場権へ、あとがなくなった早大。出場権獲得には2連勝するほか道はない。試合序盤に見せた投打の歯車が上手く回れば、決して勝てない相手ではないであろう。絶対に落とせないリーグ最終節。いまここにチーム一丸となって意地を見せる時が来た。

(記事 杉田陵也、写真 難波亮誠)

関連記事

死闘の3連戦は早大に軍配/慶大3回戦(5/14)

遠かったあと一本。慶大に地力負け/慶大2回戦(5/11)

総力をかけた早慶戦でサヨナラ勝利!/慶大1回戦(5/10)

コメント

向江洋光(人4=大分上野丘)

――きょうの投球を振り返っていかがでしたか

良いとは言えませんが、最低限粘れたのかなと思います。

――全日本大学選手権の予選出場権が懸かる大事な試合でしたが、どのような意気込みで試合に臨まれましたか

きょうとあすは絶対2連勝するぞと思っていたので、こういう結果になって残念です。

――久々に先制点を獲得しましたが、きょうの試合への入り方はいかがでしたか

すごく良い入り方をしてくれました。自分があのリードを保つことができればもっと楽に試合をすることができたと思います。それは本当に申し訳ないです。

――守備の乱れがありましたが、その際はどのような心境でいましたか

守備の乱れというのは必ずあるので、気にはならないです。守備のミスで点を取られても、安打で点を取られても一緒のことなので。勝つためには失点しない、ということを意識して投げていました。

――きょうの投球に点数をつけるとしたら何点くらいですか

勝っていないので60点くらいですね。

――きょうの試合においてチームの反省点は何であるとお考えですか

好機で一本出ないということですね。きょうは7-3で負けてしまいましたが、うちが7-3で勝っていてもおかしくない試合だったと思います。打線には頑張ってほしいです。

――絶対に負けられない次戦に向けての意気込みをお願いします

あしたは絶対に負けられない戦いですし、先発が黒須(裕太、人2=栃木・真岡)なので、自分も彼をサポートできるように頑張ります。

野村裕之(人4=高知・土佐)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

絶対に勝ちたい試合だったのですが、内容が良くても結果負けたということは何かが足らなかったということなので、それをしっかり埋めて次の勝ちにつなげていきたいです。

――きょうの試合では9番打者としてスタメンに入りましたが、どのような意気込みで試合に臨まれましたか

今シーズンはあまり出番がないので、ずっとベンチでサポートに回っていました。しかし、きょうは始めから使ってもらったので一球を大事に、悔いのない打席にして結果を残そうと思っていました。

――きょうは猛打賞の活躍でしたが、ご自身の打撃についてはどうお考えですか

思い切り振ることをだけを考えて、僕はあまり打つ選手ではないので、割り切って振ることを考えていました。

――第1打席では追加点が欲しい場面で回ってきましたが、どのような心境で臨まれましたか

スクイズのサインが出たので、しっかりフェアゾーンに転がして得点につなげようということを意識していました。

――内野手全員でマウンドに集まった時には、どのようなことを話されましたか

投手も内野手も外野手も、冬の間しっかりと練習してきたので、それを思い出して悔いのないように全員で守ろうと声を掛けていました。

――その声掛けというのは誰を中心に行っていますか

松本(憲太郎主将、スポ4=福岡・筑紫丘)と松下(和樹、先理4=静岡・掛川西)がしっかりと言ってくれているので、それを下級生に伝えられるように意識しています。

――絶対に負けられない次戦に向けての意気込みをお願いします

いつも通りやってきたことを(試合で)出す、という意気込みで頑張ります。