メニュー

卓球部

2015.05.18

春季関東学生リーグ戦 5月17日 埼玉・所沢市民体育館

惜しくもリーグ戦連覇を逃す

 熱い戦いが繰り広げられた春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)も最終日。きのう専大に黒星を喫した早大は、ここまで全勝の東京富士大学と戦った。両校共に結果次第で優勝が決まるとあって、白熱した展開となる。この試合はフルゲームの末早大が勝ち取り、早大、東京富士大、専大が1敗で並ぶ結果に。優勝は得失点差で1位の専修大学に決まり、目指していたリーグ戦2連覇を逃した。

 この試合トップを任されたのはルーキー徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)。第1ゲーム、第2ゲームと相手の弱点を突きテンポ良く得点を重ねるが、その後逆転を許し惜敗。2番手で登場したのは小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)。「気持ちで押されないように」(小道野)と、カット打ちに徹し相手の粘りに屈しない。4ゲーム目は11-11のジュースになるが最後まで集中力を切らさなかった小道野の勝利。主将としての意地を見せた。続くダブルスは、阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)・徳永美子のルーキーペア。カットペアに対し、スマッシュで果敢に攻め2ゲームを先取する。中大戦、専大戦と2ゲーム連取した後に逆転負けをしているため、なんとか第3ゲームで試合を決めたい。しかし追い込まれた相手も強打を交えた攻撃に出る。またしても逆転負けを喫し、今後の課題となった。

カットマンを打ち砕き、勝利した小道野主将

 団体戦スコア1-2で迎えた3試合目は、ダブルスに続いて出場となった阿部。劣勢の場面ではあったが「思いきっていくしかない」(阿部)と、バック対バックの高速ラリーではポイントを譲らない。3ゲームとも相手のポイントを5点以下に抑える圧巻のストレート勝ちを収めた。続く小道野・高橋のダブルスは勝利するが、6番手・鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)がカットマンに苦戦し、きのうに続きフルゲームの展開にもつれこむ。勝敗は7番手・高橋の手に委ねられた。1ゲーム目こそ落とすも冷静さを失わず、バックからフォアに切り替えてのスマッシュが炸裂。ラリー戦で主導権を握った高橋に軍配が上がり、団体戦スコア4-3で見事に激戦を制した。

スマッシュで攻める高橋

 惜しくも優勝は出来ず、悔しい結果に終わった春季リーグ戦。しかし、「誰かが落としても誰かがカバーする」(佐藤)と、何度も劣勢に立たされながら逆転が出来る粘り強さはリーグ1だ。「自分の戦いを見つめ直してもう一度出直す」(小道野主将)。リーグ戦で見つかった課題を克服し、7月に行われる全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)では雪辱を果たす。

(記事 久保田有紀 写真 稲満美也)

優秀選手賞に輝いた阿部

結果

▽対東京富士大 ◯4-3

●徳永2-3前瀧

◯小道野3-1池上

●阿部・徳永組2-3池上・後藤組

◯阿部3-0小鉢

◯小道野・高橋組3-0小鉢・鷲塚組

●鳥屋1-3後藤

◯高橋3-1鷲塚


コメント

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――きょうの試合勝ちましたが、全体を振り返って

苦しい場面も多かったんですけど、相手の勢いにのまれることなく出る選手も良いプレーが出来て、チームも盛り上がってくれたので最終戦で良い試合が出来たなと思います。

――ダブルスではカットマンとの対決でしたが、振り返って

何回もやったことのある選手だったので対策は立てていて。気持ちで押されないようにと思ってやりました。

――負けていた場面での試合で緊張はありませんでしたか

緊張はしました。

――シングルスはきのう落としている中で、きょうはふっ切れましたか気持ちは全然ふっ切れてないんですけど、カットマンには結構良い試合が出来ていたのでその辺はしっかり自信を持っていました。

――競った場面を取っての勝利でした。どのような気持ちで戦いましたか

1本1本が大事で。気を抜かずに集中してやっていきました。競った場面を取っての勝利でした。どのような気持ちで戦いましたか

――ダブルスはストレート勝ちでしたが上手くいきましたか

まさかこんな上手くいくとは思ってなくて(笑)。すごい最後の試合が1番楽しかったです。

――きのう1敗しての試合でした。気持ちの切り替えは出来たのでしょうかそんなに悪い試合ではなかったし、私からもみんなに気にしないで最終戦1番いい形で終われるようにと言いました。そんなに落ち込んではいませんでした。

――あと1歩で優勝という結果に終わりました

結果的にあと1歩ということで悔しかったんですけど、まあ今のチームのままでは優勝も出来ないので課題も見つかったので、それを修正するための結果だったとして今は受け止めています。

――東京富士大戦が終わり、チームではなんと話をしましたか

1人1人が悪くないけど、優勝は出来ていないので、レギュラーは自分の戦いを見つめなおしてもう1回出直そうと。

――専大に敗れましたが、専大の強さは何だと考えますか

個の力が強くてチームの力はそんなに強くないのですが、そこに立ち向かっていく手段も力もないかなと。

――インカレへの意気込みをお願いします

今よりも良いチームにしてインカレこそ優勝します。

高橋結女(スポ4=新潟産大附)

――4年生になって初のリーグ戦でしたが、どのような気持ちで試合に臨みましたか

春なので、他の大学も一年生が入ってきて、どう結果が変わるか分からないので、入る時はワクワクした感じで試合に臨めたと思います。

――ダブルスはストレート勝ちでしたが試合前どのような話をされましたか

特にいつも試合前はそんなに話さないし、あんまり練習もしないんですけど、一年以上組んで いるので、コンビネーションとかはそんなにやらなくてもできるので、個々の心の準備とかをしっかりやって試合に臨むようにしています。

――相性はいかがでしたか

去年のリーグで、結構勝っていて、 対策とかもされてて、相手も組み替えてくる所が多かったので、そこでちょっと、思い切っていけない時があったかなという感じなんですけど、最後は、二人とも最後の試合ということで、思い切って振っていこう、という話をしてたので、それがこういう結果に繋がって良かったと思います。

――2ゲーム目、3ゲーム目で大きく点差をつけることができましたが、上手くいった所はどこですか

結構最初からレシーブが上手くいっていて、4球目とかで決まっていたので、あとから相手が出すサーブがなくなってきて、ロングサーブを出したりと変えてきてたんですけど、それにも しっかり対応できたので、ラリーになる前に、 主導権を握ることができたのが、点差が開いた要因だと思います。

――昨日怪我をされていたようですが状態はいかがでしたか

怪我というか…。そんなにすごい痛いというわけではなかったんですけど、一日目と二日目にちょっと痛かったんですけど、トレーナーの方 も来てくださってて、ケアしてもらったり、アイシングとかをしてたので、最終日には全然痛みはなかったので、そこは問題ないです。

――シングルスでは激しいラリー戦となりましたが、勝因は

相手も、思い切って振ってくる選手で、声も出して向かってくる選手だと分かっていたので、 それは試合の前に心の準備はしといたので、凄いボールが帰ってきても、自分は動じないよう に心の準備はしていたので、ラリー戦になっても落ち着いていたからだと思います。最初はちょっと相手に押され気味だったんですけど、 最後はしっかり考えて崩して行けたので、ラリーでも主導権を握れたかなと思います。

――フォアハンドもよく決まっていましたが、手応えはありましたか

バックをやっていて、フォアに来たのを見逃さないように行くという意識だけでやっていて、 フォアで決めようと思っていたわけではないので、バックで上手くチャンスを作れていて、それでフォアがしっかり振れていたのではないかと思います。

――リーグ戦を通じてのシングルスの出来はいかがですか

3試合しか出てないんですけど、やっぱり攻撃マンとしているときは自信持ってできるんですけど、相手がカットマンとなると、弱気になってしまう部分があるので、そこをしっかり潰していかないと、今回みたいな負け方をしてしま うと、優勝は厳しいかなと思うので、そこをもう少し戦い方を考えながらやっていきたいと思います。

――3位という結果に関してはどうお考えですか

自分たち4年生が後半に出ていることが多かったんですけど、そんな中で一年生が前に出されて頑張ってくれていたので、本当に4年生からしても心強かったし、負けてしまったけど、良い試合をして繋げてくれたので、チームのまと まり方としては、春になって新しいチームなんですけど、結構まとまっていたのではないかと思います。

――インカレの団体戦では、今回敗れた専大戦の対策をどのように考えていますか

絶対カットが出てくるので、そこをしっかり勝つことと、ダブルスで取らないといけないと思うので、ダブルスとカット打ちを、みんな、徹底していきたいと思います。

――次の試合への意気込みをお願いします

今回は3位という結果に終わってしまったんですが、これから個人戦がどんどん入ってくるので、そこで今回のリーグ戦の悔しさをぶつけて、上位を狙っていけたらいいなと思います。

徳永美子(スポ1=福岡・希望が丘)

――昨日の専大戦で敗れ、今日は一番手でしたが、 気持ちの切り替えは上手くいきましたか

昨日の相手と今日の相手は違うので、思い切りいくだけだと思いました。

――シングルスでは2ゲーム先取しましたが、効いていると感じた部分はどこですか

前にも対戦したことのある相手だったので、前に研究したことがあって、フォアが弱いと分かっていたので、最初は相手の弱いところを攻めれていたので、2セット取れたのだと思います。

――逆転された要因は何ですか

技術とかっていうより、3セット目から弱気になってしまって、どうにか変えたかったんですけど、5セット目まで気持ちが変えれなくて、 そのまま負けてしまいました。

――ダブルスはきのう、きょうと逆転負けでしたが、どうお考えですか

シングルスでも逆転負けしてしまって、一回外に出て、気にしていても仕方ないから思い切ってやろうと思っていて、それでも3番で逆転負けしてしまったので、自分の課題も見つかったし、相手が上だなと思いました。

――ペアの相性はいかがでしたか

すごく組みやすくて、一年生だし、 コミュニケーション取りやすいので、何回も2対3で負けてしまったんですけど、組んで少ししか経ってないので、ここから上目指して行けたらいいなと思います。

――今大会が初のリーグ戦でしたが、大学での団体戦はいかがでしたか

そんなに特に緊張もしなくて、でも高校との差はすごく感じて、一点一点の重みとか、サポートしてくれる方が多かった分、責任を少し感じました。

――目標としている先輩はいらっしゃいますか

小道野さん(結、スポ4=神奈川・横浜隼人)は、尊敬しています。キャプテン で、自分の調子がどうであれ、周りを引っ張って、最後までキャプテンとして頑張っていたのですごいと思います。

――来週の新人戦への意気込みをお願いします

きょうはきょうで終わりなので、気持ち切り替えて、まずダブルスで優勝目指して、シングルスも 自分のいいプレーができたらいいなと思います。

阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)

――初のリーグ戦でしたが振り返っていかがでしたか

最初は不安だったんですけど、やっていくうちにその雰囲気にも慣れて、ベンチの人数とかも多いし今までにない経験だったんですけど、ベンチの人数が多い分チーム一丸となって戦っていた気がして。個人的にも成績は良かったので反省する部分はあったんですけど全体的には良かったです。

――シングルスを振り返って教えて下さい

チームも1-2で負けていて私も1年生だったので思い切っていくしかないと思って

――負けている場面で回ってきてプレッシャーはありませんでしたか

多少感じたんですけどみんなに思い切って自分の卓球をしてきてって言われたのでするだけでした。

――ダブルスを振り返っていかがでしたか

ダブルスは2-0から逆転されることがすごく多くてそれでチームの勝敗にも影響してしまっていたのでそこは反省して秋には勝ち切りたいと思います。

――来週の新人戦の目標は

ダブルスもシングルスも第一シードなんですけど気にせずに、自分の卓球を出来たらいいなと思います。