メニュー

卓球部

2015.05.18

春季関東学生リーグ戦 5月17日 埼玉・所沢市民体育館

王者のカベ厚く…優勝にはまたも及ばず

 春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)もいよいよ最終日を迎えた。勝者が栄冠を手にする明大との一戦。先陣を切って登場した大島祐哉(スポ4=京都・東山)はゲームカウント0-2から驚異の追い上げで逆転勝ちを収める。しかし後が続かない。シングルスで連敗、ダブルスも接戦を落とし、5番手で平野晃生(スポ1=山口・野田学園)が出場。勝利へ向け後がない場面だったが、強豪にストレート負けを喫した。各選手競った展開をものにできずに団体戦スコア1-4で敗北し、結果は2位。悲願のリーグ戦制覇は夢と消えた。

 早大の先鋒は大島。対するは昨秋のリーグ戦で敗れた町だったが、「自分のプレーができれば勝てる相手」(大島)と自信を持って試合に挑んだ。先に2ゲームを連取され苦しい展開となったが、第3ゲーム6-7とリードを許した場面でのタイムアウトが流れを変える。追い込まれた場面だったが、「思い切ってバックハンドを振っていくことにした」(大島)と積極的な攻撃が相手のリズムを狂わせる。このゲームを奪うと続く2ゲームも連取。見事な逆転勝ちでチームに勢いを与えた。しかし2番手の竹岡純樹(スポ2=青森山田)は第1ゲームを先取したが、その後は相手に傾いた流れを止められず。ゲームカウント1-3で敗戦となった。

大逆転で勝利し、貴重な1勝を勝ち取った大島

 あと一本が遠かった。3番手・山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)の対戦相手は、世界選手権で大島とペアを組みベスト8に進出した森薗。強敵だったが、序盤は相手の得意技であるチキータを封じるなど試合の主導権を握り、第1ゲームを奪う。第2ゲーム以降も互角の打ち合いとなるが、ピッチの速いラリーで先にミスが出たのは山本だった。接戦を制することができずに3ゲームを連続して失い惜敗。続くダブルスも最終ゲームまでもつれる熱戦を落とした。団体戦スコア1-3と土壇場の状況を託された平野は、明大のエース丹羽に挑戦。優勝決定戦、また強敵相手ということで、「固くなってしまって自分のプレーができなかった」(平野)と振り返るように、本来の実力を発揮できない。第2ゲームで先にゲームポイントを握るなど見せ場も作ったが、多彩な技術に翻弄(ほんろう)されストレート負け。この瞬間早大の敗北が決まった。

森園と熱戦を繰り広げた山本主将

 最終結果は2季連続の2位。しかし、明大にはまたも地力の差を見せつけられた。エースが存在感を見せた一方で、悲願達成に向けてはチーム力の強化が課題となるだろう。「惜しいところまでいっても最後の一本を取れずに負けている」という大島の言葉がすべてを物語っている。だが、まだシーズンは始まったばかり。今後、団体戦では全日本大学総合選手権団体の部、秋季リーグ戦が控えている。今季リーグ戦の収穫と課題を胸に、再び王座に挑む戦いが始まった。

(記事 石川諒 写真 稲満美也)

結果

▽対明大 ●1-4

◯大島3-2町

●竹岡1-3有延

●山本1-3森薗

●大島・上村組2-3森薗・渡辺組

●平野0-3丹羽


コメント

大島祐哉(スポ4=京都・東山)

――きょうシングルスで対戦した町飛鳥選手は昨年の秋季関東学生リーグ戦では負けた相手でしたが

この前は負けてるんですけど、相性の悪い選手ではないですし、自分のプレーができれば勝てる相手だと思っていました。(セットカウントが)2ー0になって少し苦しかったんですけど、そこから思い切って戦術を変えて自分らしいプレーができたかなと思います。

――第3セットのタイムアウト後に流れが変わったのではないでしょうか

後がなかったので、思い切ってバックハンドを振っていくことにしたのがうまくはまって、相手が少し崩れてくれたのでそれが流れをつかめたきっかけかなと思います。

――ダブルスは団体戦スコア1ー2で回ってきましたが

勝って後半につなげたいという思いは強かったんですけど、ダブルスは相手も強いですし五分五分かなと思ってたので、その中で最終セットまでいって勝ち切れなかったのは悔しいですね。

――リーグ戦2位という結果についてはいかがですか

優勝を目標に掲げてたので、達成はできませんでしたけど、メイジにもう少し競っていかないと。最後の最後まで苦しめることができなかったので、もう少しチーム力を上げないとメイジに勝つことはできないと感じました。

――優勝に足りなかったことはチーム力ということですか

チーム力もそうですし、個人の力がまだまだ足りないので。僕は1点しか取れてないですし、その他の試合も惜しいところまではいっても最後の1本を取れずに負けてるので、そこをもう少し真剣に考えていくことでメイジに勝てるチャンスが出てくるんじゃないかと思います。

――これからはどんな予定ですか

あしたからクロアチアに行って試合があって、またフィリピン、オーストラリアと試合が続きます。厳しい日程ですけど、一試合一試合頑張ってワールドランキングを上げていかないといけないので頑張ります。

――国内では次はどの大会に出場されますか

次は関東学生選手権に出るか出ないかまだちょっと分からないです。ジャパンオープンとの兼ね合いがあるので。

――これからに向けて意気込みをお願いします

海外の試合だったり日本の試合だったりとインカレまでかなりハードな日程になるので自分の課題である部分と伸ばしていく部分と試合の中で調整しながらインカレに向けて頑張りたいと思います。

平野晃生(スポ1=山口・野田学園)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

1-3という状況で回ってきて、もっと1年生らしくできればよかったんですけど、固くなってしまって自分のプレーができなかった印象です。

――相手が丹羽選手というのも影響しましたか

はい、もちろんあるんですけど、優勝決定戦ということで、意識してしまいました。

――2ゲーム目は先にゲームポイントを握りましたが

競った状況というのは変わりなかったんですけど、そこを取れなかったのが実力だと思います。

――初めてのリーグ戦を振り返っていかがですか

自分が思った以上にチームに貢献できてないのかなと思うので、インカレ(全日本大学総合選手権団体の部)、秋(季関東学生リーグ戦)とあるんですけど、そこでもっとチームに貢献できるように今からまた頑張ります。

――関東学生新人選手権に向け意気込みをお願いします

今回初めてリーグ戦を経験して、得たことが多かったのでそれを生かして頑張りたいと思います。