メニュー

卓球部

2015.05.17

春季関東学生リーグ戦 5月16日 埼玉・所沢市民体育館

専大に敗れ、リーグ戦で初黒星

 13日に開幕した春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)も終盤を迎えたきょう。連戦での疲れも溜まる中、中大、専大との試合に臨んだ。先に行われた中大戦はフルゲームの末勝利するも、その後の専大戦は団体戦スコア2-4で敗戦。リーグ戦初黒星を喫した。

 中大戦トップを任されたのは小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)。試合の流れを左右する大事な初戦なだけに並々ならぬ気迫で挑むが「気持ちが出すぎてしまった」(小道野)と、第一、第二ゲームともジュースになる激しいラリー戦の中、あと1本を取り切れずにストレート負け。2番手・阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)は取り返すが、ダブルスは落としこの時点で団体戦スコア1-2とリードを許す。4試合目はカットマン佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)が登場。昨年負け越していた明神に対し、強気の攻めで果敢に立ち向かいストレート勝ちを収めた。しかしまたもダブルスで敗れ、勝負は最終戦の鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)に託される。両者1ゲームずつ取り合う拮抗した試合になったが「1本ずつ冷静に攻めた」(鳥屋)と、重要な場面でもコースを突きポイントを重ねる。プレッシャーに打ち勝った鳥屋が勝利し、チームを救った。

見事勝利し、ガッツポーズをする鳥屋

 前の試合で激戦を制した早大は、良い雰囲気のまま強豪・専修大学に挑んだ。中大戦に続き初戦を任された小道野主将は、専大エース鈴木との対戦。相手のミスを誘う、したたかな攻撃を前になすすべなく敗戦。2番手・阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)は「苦手な相手」(阿部)と語るように、最初は上手くペースがつかめず1ゲームを落とすも、その後すぐに修正し3ゲーム連取し貴重な勝ち点を奪った。しかし続くダブルス、シングルスを落とし後がない早大の5番手は小道野・高橋のダブルス。「1セットも渡したくなかった」(小道野)と、前陣に出ての攻撃で見事ストレート勝ちを収め6番手・佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)につなげた。同じカットマンの庄司との対決でラリーは長引き、促進ルールが適用される。プレッシャーに加え、焦りも重なり、徐々に相手のペースにはまった佐藤が敗れ試合終了。

しっかり勝利し、チームに貢献する阿部

 リーグ戦2連覇を目標としていただけに、悔しい敗戦となった。しかし、まだ望みは捨てていない。ここまで何度も、持ち前の粘り強さで勝利してきた早大。最終日も最後まで粘り、優勝をその手でつかむ。

(記事 久保田有紀 写真 久保田有紀、豊田光司)

結果

▽対中大 ◯4-3 

●小道野0-3山本

◯阿部3-1美濃口

●阿部・徳永2-3山本・明神

◯佐藤3-1明神

●小道野・高橋組2-3口田・三浦組

◯徳永3-0永田

◯鳥屋3-2西村

▽対専大 ●2-4

●小道野1-3鈴木

◯阿部3-2堀

●徳永1-3安藤

◯小道野・高橋組3-0堀・中島組

●佐藤0-3庄司

コメント

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――中大戦、山本選手との競った試合を取り切れませんでした。振り返っていかがですか

気持ちが出すぎてしまって、1本を取る競った場面で取り切れなくて結果的に0-3という結果になりました。

――何か対策を練られましたか

何回も当たったことがある相手だったので競った場面をどうするか。対策というよりは同じことを何回も徹底しようとしてやっていきました。

――サーブなどは効いていたかなと思いましたが

効いてたかな。ちょっとは。でも、その後のラリーに自信がなくて、サーブ3球目で攻めきれなかったかなと思います。

――2試合目はこのあいだ話していた鈴木(専大)選手との対戦でした

向こうも対策をしているなというのも感じたし、上手くやられてしまったなという感じです。

――どのような点が難しかったですか

私は結構前陣で攻めるタイプなんですが、中陣から結構短いボールとかループのボールを出されてしまったので焦って打ちにいっちゃったかなと。

――気迫がすごく感じられましたが

4年生になると周りもみんな向かってくるし、挑戦者の気持ちで来るので。私もチームとしても勝ちたかったし、それには自分を上げていかないと厳しいかなと思って無理やり上げていきました。

――1試合目を取り切れなかった原因は

出だしが上手くいったからこそ、競った場面で冷静になることが出来なくて対応力が足りなかったかなと思います。

――状態自体は上がっているかなと思っていますが

ダブルスの状態は結構良いので、やっている時の冷静な時と高めるときは間違えないようにしたいなと思います。

――その後は後輩がしっかり2試合取り返してくれました

すごい嬉しかったし、安心しました。

――2試合目は見事勝利しました

1回負けているので戦術とかは立てずに、2人で気持ちだけで入りました。

――何を思って戦いましたか

前半追い上げることも出来たし、1セットも取らせたくないなって思って。さっきの試合は冷静になる時と盛り上がる時が上手くかみ合ったので良かったかなと思いました。

――中大戦、専大戦と層の厚さを見せつけました

誰かが落としたら誰かが取ることが出来ているのでワセダも厚いなと思いました。

――その中で、専大戦を取り切れなかった要因は

4年生がふがいないのと、1年生に責任を押し付けすぎているので私たちがしっかりやっていかないとなと思います。

――2試合ともトップを任されましたがプレッシャーは

トップにプレッシャーを感じていて。どういう気持ちで臨んだらいいか分からない状態で臨んでいるのでそこを何とかしないと。

――小道野主将自体、このリーグ戦苦しんでいるように思います

そうですね。誰にでも対策されているので、みんな向かってきているというのがあるので。落ち込んでいる暇はないんですけど。とりあえず、無理やりモチベーションを保っていかないと。というぎりぎりの状態です。

――あすに向けての意気込みを

あした4-0で勝てば優勝できるので、しっかりベストな状態で臨みたいです。

佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)

――中大戦では明神選手との一戦を制して、チームを勝利に導きました

明神さんとはきょねんの関東学生で対戦して、負けていて気持ち的にも向こうの方が上と思ってたので、あとは思い切ってやるしかないと思って、最後につなげることができて良かったです。

――専大戦ではカットマンの庄司選手が相手でしたが、いかがでしたか

自分のプレーができなくて、攻め方とかが途中からわけわかんなくなっちゃったかなと思います。

――思うようなプレーができていないというような表情を覗かせていましたが

その通りです。

――危惧していた苦手なカットマン同士での対戦で促進などのプレッシャーでプレーのしにくさにつながりましたか

いままでミート打ちを強化してきたんですけど、カットマンでドライブに変えてしまって、打ち方変えたせいでキレのあるボールがいっぱい来て次につなげられなかったかなと思います。

――中大戦から専大戦でそのように変えたのが悪く出てしまった

カットマンだからといってスマッシュをしてれば良かったのに、促進に入った瞬間、ループでつなげるプレーにしてしまい、そこから流れが悪くなってしまったかなと思います。

――きょう1敗であしたいよいよ最終日、東京富士大戦になります

あしたもカットマンの選手が2人いて当たる可能性が高いと思いますが、最後まで諦めずに頑張ろうと思います。

鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)

――前日に引き続きラストで回ってきましたが心境は

初めて7番手で出させてもらって緊張したのですが、ベンチの雰囲気も明るくて、「自分の卓球をしよう」という気持ちで臨んだので、すごく力が入ってたわけではないのですが、自分にとっていい試合にしようと思って臨みました。

――それだけ監督からの信頼も厚いと思いますが

サーブが自信を持って出せるのでそれは自分の強みかなと思うので、7番手の選手は精神的に強い選手が多いと思うのですが、そのなかでも自分が勝てたということは自信になりました。

――前日にも増して緊張されているように見えました

元々緊張しやすいタイプなので、それで7番手ということでもっと緊張するかと思ったのですが、少し笑いも入れつつ、最後は勝ててよかったなと思います。

――そのなかでも冷静なプレーが目立ちました

声を出しすぎて自分でも何をやっているのか分からなくなることがあるので、少し落ち着こうと思って5セット目の初めのほうは声を抑えながら、1本ずつ冷静に攻めていきました。

――フルゲームまでもつれこみました

正直、4セット目にリードしていたのに相手に挽回されて取られてしまったので流れは危ないかなと思ったのですが、ここからがスタートだと思って、1から気持ちを切り替えられたのがよかったかなと思います。

――1敗を喫しましたが、明日の富士大戦に向けての意気込みは

まだ優勝の可能性は残っているので、明日の最後の一戦、最後の一球まで諦めずに自分のプレーをして、優勝に繋げられるようにしたいと思います。

阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)

――シングルスで2試合共に1セット目を先制されてから逆転する形でしたが

自分的にあんまり得意じゃない型で、最初1セット取られてやっぱり嫌だなと思ったんですけど、ベンチコーチのアドバイスを聞いて、対策というか作戦立てたら勝てました。

――具体的にどう修正されましたか

相手がバックのときに私のフォアにやって来ることが多かったので、それを相手が打ってくるスピードのまま打ち返して、相手はそれがうれしかったので、それをゆっくり返すとかそれを逆に奪ってという形です。

――美濃口選手、堀選手と戦いどのような印象ですか

やっぱり苦手だなと思いました(笑)。

――逆にダブルスでは2セット取ってから、逆転されるという形での敗戦が続きましたが

最初は私のボールの変化だったり、徳永(美子、福岡・希望ヶ丘)さんのバックとかが効いていたんですけど、3セット目で相手もそれを狙って打ってくるのが多くて、それに対応できないのが多かったので、ダブルスで2試合落としてしまったのはチームに申し訳ないです。

――きのうも同じ形でダブルスを落としたと思いますが、徳永選手と何か話をされたりしましたか

2ー3で3試合とも負けたので、自分たちでも2セット取った次のセットからやばいとわかっているんですけど、それも二人で話して克服しようとしてるのですが、なかなかできてないので、それが今後の課題です。

――自分の調子はいかがですか

良くもないし悪くもないと思います。

――いよいよあした最終戦ですが、どういう意気込みで臨みますか

相手は全勝してきているので、前回の秋リーグワセダ優勝しているんですけど、相手に胸を借りる気持ちで全力で向かっていきたいと思います。

――先ほど監督からもカットマンのダブルスに勝てよと言われていましたね

はい、思い切って頑張ります。