メニュー

卓球部

2015.05.17

春季関東学生リーグ戦 5月16日 埼玉・所沢市民体育館

強敵に連勝!優勝の行方は最終日へ

 前日にまさかのストレート負けを喫し、リーグ戦制覇へ向け後がなくなった早大。4日目のきょうは中大、専大と対戦した。中大戦では大島祐哉(スポ4=京都・東山)がトップで勝利し流れをつくると後続も健闘を見せ、団体戦スコア4-1で制する。専大戦では1番手、山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)の敗戦でいきなり暗雲が立ち込めたが、またしてもエース大島の白星がチームに勢いをもたらした。この結果、専大も団体戦スコア4-1で下し、本日2連勝。あすの明大戦に優勝の可能性が残された。

 敗戦を感じさせない、チームワークを見せた。この試合トップを任された大島は、高校の後輩でもある宮本との一戦に臨んだ。第1、第2ゲームは競った展開となるも、第3ゲーム以降は得意のフォアハンドで相手を引き離す。ゲームカウント3-1で2番手につないだ。しかし平野晃生(スポ1=山口・野田学園)が敗れ、団体戦スコア1-1。ゲームはまた振り出しに戻る。流れを引き戻したい早大は3番手に藤原康明(社4=埼玉・狭山ヶ丘)を起用。8点連取した後に6点連取されるなど波乱の場面もあったが、冷静さを取り戻し2ゲームを連取する。第3ゲームは途中7-10とリードされた中で驚異の粘りを見せ見事ストレート勝ちを収めた。その後も、勢いそのままにダブルス、シングルスを勝利しこの日1勝目を挙げた。

勢いある藤原のプレーにチームも盛り上がる

 チームに勢いを与えたのはエースの奮闘だった。きょうの2試合目は専大と激突。1番手の山本は相手のパワーに押される場面が目立ち、フルゲームの接戦を落とす。ここで嫌な空気を断ち切ったのはやはり大島だった。「声が出ていましたし、流れもよかった」(大島)と、本調子ではないものの勢いのある1年生に打ち勝ち、大黒柱の存在感を見せる。続く竹岡純樹(スポ2=青森山田)は変化に富んだサーブで相手を翻弄(ほんろう)し、ストレート勝ちを収めた。ダブルスも快勝し、団体戦スコア3-1と今季5勝目に王手をかけて登場したのは上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)。高校の同級生である田添健との一戦は第5ゲームまでもつれたが、最後は上村に軍配が上がる。「弱気にならずに最後まで攻めたことが勝因」(上村)と攻撃的な姿勢を貫いたことが勝利につながった。

シングルスを勝利し、エースの役目を果たす大島

 難敵相手に2つの白星を挙げ、悲願のリーグ戦優勝に向け土壇場で踏みとどまった。あすはいよいよ王者・明大との大一番。分厚い選手層を誇る明大に対しては、主力のみならず各選手がそれぞれの役割を果たすことが必要となる。また連戦続きのリーグ戦も最終日を迎え、体力と共に精神力も試される試合となるはずだ。「最大の目標である優勝に手が届くところにある」(大島)。その栄光をつかみ取ることはできるか。

(記事 久保田有紀、石川諒 写真 高畑幸、豊田光司)

結果

▽対中大 ◯4-1 

◯大島3−1宮本

●平野1−3坂野

◯藤原3−0高杉

◯大島・上村組3−1大野・大坂組

◯山本3−1大坂

▽対専大 ◯4-1

●山本2−3徳島

◯大島3−0郡山

◯竹岡3−0東

◯大島・上村組3−0田添健・郡山組

◯上村3−2田添健

コメント

藤原康明(社4=埼玉・狭山ヶ丘)

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

昨日は駒澤に負けたんですけど、そこからよく切り替えてのびのびやっていたかなと思います。

――このリーグ戦への意気込みはどうでしたか

優勝を目指して頑張ります

――1ゲーム目、相手にポイント連取されているなかでタイムを取り、その後見事そのゲームを取っていましたが、タイムでは監督とどのようなことをお話しされたのですか

次のサーブをどうするかとか、どこを狙うかとかそういう感じですね

――3ゲーム目は16-14という熱戦でしたがどういうお気持ちでしたか

やっぱり、競ったときに勝てないと次も響いてきちゃうと思ったので、なんとかして勝ちたいなと思って粘り強くできたんじゃないかなと思います。

――明日の明治戦に向けて対策があれば教えてください

個々、それぞれやることは決まっていると思うんですけど、僕の場合はとりあえずのびのびやって、自分が得意なフォアカウンターとかあとバックドライブとかをちゃんと攻撃できるようにしたいです。

――明日への意気込みを最後にお願いします

優勝を目標にこれまでやってきたので、優勝したいです

大島祐哉(スポ4=京都・東山)

――前日の敗戦からどのように切り替えて臨みましたか

きのうは相手の勢いにのまれての敗戦だったので、きょうは自分から声を出して一戦一戦頑張ろうかなと思っていました。

――きょうのシングルスの1試合目をふりかえっていかがですか

きょうの一日の始まりを僕に託されたので、その入りが大事だと思っていて、(対戦相手が)高校の後輩の宮本君(幸典、中大)でしたけど、(明大戦で)町君(飛鳥)に勝ったりと調子のいい選手なので、自分でその勢いを絶って中大戦からいい流れでいければと思っていました。

――ダブルスの2試合はいかがでしたか

自分たちが得意であるフォアハンドで攻めることができたので、良いダブルスだったと思います。

――前日の試合後、上村慶哉選手(スポ2=福岡・希望が丘)とどのような話をしましたか

きのうは台上とか細かい部分が勢いにのまれちゃってて、そこがくるってきてたので、そこだけはしっかりやろうと話しました。

――シングルス2試合目をふりかえっていかがですか

きょうは2試合とも声が出てましたし、流れもよかったので、きょうのシングルスはまあまあかなと思います。

――きょうの2試合はエースが流れをつくる展開でしたが

このリーグ戦入って僕があまり状態が良くなくて流れがつくれなかったので、なんとか2試合流れをつくれて良かったです。

――調子が上がらない中、どのようにモチベーションを高めていますか

最大の目標である優勝に手が届くところにあるので、あすの明大に勝つか負けるかで決まりますし、そこをモチベーションに頑張りたいです。

――あすに向けて意気込みをお願いします

この4年間で1回しか明大には勝ってないですし、僕が最上学年になって初めての明大との対戦なので、なんとしてもシングルス、ダブルス僕が取って、あと2点あと2点をチームに取ってもらえるような形で貢献したいと思います。

上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)

――前日の敗戦からどのように切り替えて臨みましたか

まだ優勝が消えたわけだはなかったので、きょう2勝すればよかったので、勝とうと思って臨みました。

――ダブルスの2試合はいかがでしたか

レシーブが安定していて内容的にも作戦通り進んだかなと思います。

――前日の試合後、大島祐哉選手(スポ4=京都・東山)とどのような話をしましたか

きのうは流れに押されている部分があったので、きょうは出だしから自分たちのプレーをしようということを話し合いました。

――専大戦のシングルスをふりかえっていかがですか

高校のとき同級生でダブルスのパートナーだったので、お互い手の内も知り尽くしているので、大学入ってからは1回も負けたことがなかったのですが、試合をやっていてきょうはあまり勝てる感じはしなかったのですが、なんとか勝つことができました。

――フルゲームを制した要因は

弱気にならずに最後まで攻めたことが勝因だと思います。

――4日目ですが疲れなどはありますか

疲れは試合をやっていて多少感じますが、相手も一緒なので気合で頑張りたいと思います。

――あすに向けて意気込みをお願いします

自分が2点取って、チームに貢献できるように頑張りたいと思います。