卓球部

2015.05.15

春季関東学生リーグ戦 5月14日 埼玉・所沢市民体育館

苦しみながらも、接戦を制す

 春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)2日目のきょうは、日体大、大正大との試合に臨んだ。先に行われた大正大戦は4年生が相次いで敗れる中、ルーキー2人の活躍もあり団体戦スコア4-3で辛勝。午後の日体大戦は前半のシングルス2つを落とし劣勢に立たされるが、続くダブルスの勝利を皮切りに流れをつかみこの日2勝目を挙げた。

 大正大戦の1試合目を任されたのは小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)。留学生に終始ペースを握られたままストレート負けを喫し、早くも嫌な流れが立ち込める。流れを変えたい早大の2番手はルーキー徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)。持ち味と話す粘り強いプレーでラリー戦を制し、ゲームカウント3-1で貴重な勝利を挙げた。続く徳永・阿部(スポ1=大阪・四天王寺)のダブルス、阿部のシングルスも勝ち団体戦スコア3-1とリードする。しかしその後の4年生ダブルス、シングルスを落とし、勝敗の行方は7番手・佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)に託された。プレッシャーのかかる場面ではあったが「自分の展開に持っていけた」(佐藤)と、回転量の多いカットに加え強化したスマッシュの強打がことごとく決まる。ゲームカウント3-0で完勝し、フルゲームまでもつれた大接戦を制した。

重圧のかかる7戦目を戦った佐藤

 4人のルーキーが加入し、層の厚くなった日体大が早大に襲い掛かった。トップを任されたのは、このリーグ戦初出場となった鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)。強烈なフォアを武器とする日体大のエース温馨を相手に、台ギリギリの厳しいコースを狙ったレシーブで温の強打を封じる。戦術のはまった鳥屋の大金星かと思いきや、甘く入ったレシーブは確実に決められ惜しくも敗北。試合後「ここまできたら勝ちたかった」(鳥屋)と悔しさをにじませた。2番手・徳永も敗れ、この時点で団体戦スコア2-0に。追い込まれた状況で登場したのは今大会いまだ無敗の阿部・徳永ぺア。直前のシングルスで敗れた徳永も、負けを引きずらない思い切りの良いスマッシュを叩き込み、ストレート勝ちを収めた。続くシングルスも取り、最後はキャプテン小道野が競った試合を決め団体戦スコア4-2。日体大から価値ある1勝をもぎ取った。

格上に健闘する鳥屋

 「誰かが負けたら、カバーすることが出来るオーダー」(佐藤)。苦しみながらも、層の厚さでなんとか接戦を切り抜けた早大。ここまで連勝とはいえ、どの試合も圧勝で終えられたわけではない。目標であるリーグ戦2連覇に向け、厳しい戦いが続く。

(記事 久保田有紀、写真 石川諒、豊田光司)

結果

▽対大正大戦 ◯4-3

●小道野0-3姜

◯徳永3-1富川

◯阿部・徳永組3-1湯本・柴田組

◯阿部3-0荒木

●小道野・高橋組0-3荒木・富川組

●高橋0-3中村

◯佐藤3-0柴田

▽対日体戦 ◯4-2

●鳥屋1-3温

●徳永1-3谷岡

◯阿部・徳永組3-0滝浦・高橋組

◯阿部3-0竹前

◯小道野・高橋組3-2谷岡・竹前組

◯小道野3-1前瀧

コメント

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――大正大、日体大に対して競り勝った印象ですが

どちらも苦しい試合だったんですけど、1年生の二人が今回はすごく頑張ってくれて、チームも活気づいて良かったです。

――小道野選手自身はシングルス、ダブルス共にストレート負けでしたが敗因はどこでしょうか

大正大の二戦は相手の戦型とかもありますが、自分のプレーにうまく集中できてなくて、気持ちがみんなに散漫してたので、それが敗因だったと思います。

――その後の日体大戦ではどちらも勝ちましたが、ダブルスで改善した部分はありますか

高橋とも話して二人共しっかり気持ちが入れてないね。ということだったので、ベンチが気になったりしたんですけど、そういうことを気にせず、まずは自分たちの雰囲気でやろう、と入りました。

――シングルスもかなり厳しい戦いだったと思います

シングルスも結構厳しかったんですけど、負けてからの試合で、気持ちも立て直せたので良い試合だったかなと思います。

――結果的に主将自らが勝利し、チームの勝ちを決めましたが

大正大戦でやっぱり私たち(小道野、高橋)が2回負けて、チームの雰囲気も壊してしまって、2戦目でしっかり勝つことができて、良かったと思います。

――いまのチーム状況をどう感じていますか

後輩たちの状況もすごく良いし、ベンチの人たちもすごく応援してくれているので、とりあえず4年の出る私たちがしっかりすればさらに良いと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

一人一人が強い選手なので、こちらも一戦一戦しっかり勝っていきたいと思います。

佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)

――最終オーダーが多いですがプレッシャーは

1試合目回ってくるとは思ってなくて、前半で締めてくれると思っていたんですけど、最後まで来て。でも、チームのために頑張って勝とうと思っていたのでプレッシャーとかは感じていませんでした。

――ストレート勝ちの試合が目立ちますがうまくいきましたか

自分の展開に持っていけてるので良い感じかなと思います。

――逆にあす以降は強い相手が多いと思いますが、どこに気を付けていきますか

自分が決定権をもつ、カットだったり。そこをしっかり入れていきたいと思います。

――きょねんのこの試合はうまくいかなかったかと思います。心境に変化はありますか

きょねんよりもふっ切れて試合はできています。自分の中で焦ることなく落ち着いてできているかな。

――1年生も活躍していますが、チームとしてはいかがですか

1年生のフレッシュさが良い刺激をもたらしています。

――もつれる展開になりました。チームではどう捉えていますか

誰かが取られても、カバー出来るようにオーダーも組まれているのでその分自分に与えられた試合は勝とうと思います。

――あすへの意気込みをお願いします

厳しい戦いが続くと思いますが、その分しっかり勝っていきたいと思います。

鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)

――まず、1試合目のオーダーはもともと伝えられていたのですか

きょうの1試合目終わってからオーダーを決められて、その次出るからっていわれて。何番かも教えられていなくて。1番だしって思って(笑)。

――戦術も決まってから

相手見た瞬間、中国人だって(笑)。

――相手に攻撃のチャンスを与えないようなしあい展開かと思いますが

ちょっとでも甘いボールを出すとすぐ反撃されるというか。攻めて攻めてじゃないと勝てないなって思ったのでそういう戦い方をしました。

――負けはしましたが、手ごたえはありますか

やっぱりでも、あそこまでいけたのに勝てなかったというのは悔しいですけど、戦えたというのは自信にもなったし。でもやっぱりチームの貢献にはならなかったので次にもし出させていただいたら1勝を挙げたいなと思います。

――トップバッターという緊張はありませんでしたか

相手も強かったので、雰囲気を盛り上げて2番の人に渡そうと思いました。

――レギュラーには1年生が入り、2年生はリーグ戦になかなか出ていないかと思います。その辺りは

1年生が頼もしくて、力もある子なのでその子たちに勝ってもらいたいという気持ちもありつつ、やはり勝ちたいなと思います。でも、1年生が強いことは嬉しいことだし刺激にもなります。

――苦しい試合でしたが、チームとしては

今は4-2とかで勝てているんですけど、あしたからはそんな簡単には勝てないので、一戦一戦が厳しいのでここからまた気を引き締めていきたいなと思います。

――あす以降の意気込みをお願いします

私自身、どんな相手に勝っても負けてもチームを盛り上げて、応援して下さっている方に感動を与えられるような試合が出来たらいいなと思います。

阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)

――日体大戦では徳永選手がシングルスで敗れた後のダブルスでしたが、どのような会話をされて臨みましたか

特に落ち込んでいない様子だったので、シングルのことは特に触れずに気持ち切り替えて、ダブルスはいつもと同じ様に入りました。

――日体大戦はチームが劣勢の状態で試合を迎えたと思いますが緊張などはありましたか

大正大のときは1点落としたんですけど、2-1で自分に回ってきて、そこは思い切って行けたんですけど、日体大戦は1-2でチームが負けている状態で回ってきて、ちょっと緊張したんですけど、最終的には自分のプレーができたので、良かったです。

――チーム唯一の全勝ですが、率直にどうですか

勝敗とかは気にしてなかったんですけど、とりあえず自分の卓球をしようと思っていたので、それが結果につながったかな。

――大学のリーグ戦で自分が通用していると感じる部分はありますか

まだ通用しているとは感じないです。

――次戦への意気込みをお願いします

出られるかわからないんですけど(笑)、出してもらえたら、いつも通り全力で相手に向かっていって良い試合ができたら良いなと思います。