卓球部

2015.05.14

春季関東学生リーグ戦 5月13日 埼玉・所沢市民体育館

ルーキーが活躍!男女共に開幕戦白星

 春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)が開幕した。初日のきょうは男子が日大、女子が東洋大を相手に迎え、男女共に団体戦スコア4-0で快勝。全勝優勝に向けて、順調な滑り出しを見せた。

 日大戦トップを務めたのは大島祐哉(スポ4=京都・東山)。世界選手権を終えたばかりで万全の状態ではない中、第1ゲームこそ競ったものの、盤石のプレーで日大のエースをストレートで下す。2番手には竹岡純樹(スポ2=青森山田)が登場した。第1、2ゲームは中盤までリードしながら後半に追い上げられ、ゲームカウント2-0とされる。しかし竹岡が焦ることはなかった。自身のサーブから相手を崩していくことで着実に得点を重ね、第3ゲームを奪取。その後も攻めの姿勢を貫き試合の主導権を渡さず、見事逆転勝ちを収めた。このまま勢いに乗りたい早大の3番手は、平野晃生(スポ1=山口・野田学園)。「先輩が2-0で回してくれたので、のびのびとできた」(平野)と語るように、リーグ戦初出場ながらボールを左右に打ち分ける冷静なプレーで相手を翻弄(ほんろう)したルーキーがストレート勝ち。続くダブルスでも勝利し、団体戦スコア4-0で危なげない開幕戦白星発進となった。

堂々たるプレーを見せた平野

 リーグ戦連覇の期待がかかる女子部。その先陣を切ったのは、小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)。しかし、第1ゲームからいきなりジュースにもつれる展開に。最後まで流れを引き寄せられず、13-15でこのゲームを落としてしまう。その後は立ち直り3ゲームを連取したが、自身も「ふがいない試合」と振り返るように、満足とは程遠い内容に終わった。そして、2番手の高橋結女(スポ4=新潟産大附)を挟み、3番手のダブルスで新星たちがいきなり輝きを放つ。中学時代以来というダブルスでも、阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)と徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)の二人は落ち着ていた。息の合ったコンビで相手ペアを圧倒。第1ゲームを11-3と大差で先取した。その後も勢いは止まらない。第2ゲームでは最大5点差を追い付きジュースをものにする。ストレート勝ちのかかった第3ゲーム。阿部がサーブやカットで相手を崩し、徳永が決める。この形で得点を重ね、最後は7連続得点で鮮烈デビューを飾った。4番手の佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)も危なげなく勝利。偉業達成へ向け、まずは1勝目を挙げた。

ルーキーペアの勝利にベンチも沸く

男女共に初日は4連勝と、幸先の良いスタートを切った。また、ルーキーたちが期待通りの結果を残せたことが何よりもの収穫だ。あすは男子部が埼玉工大戦と法大戦、女子部が大正大戦と日体大戦と、連戦が控えている。日を追うごとに激しさを増していくリーグ戦。雰囲気にのまれることなく、各々のスタイルを貫いていきたい。悲願の男女アベックグランドスラムへ――。ことしも熱い戦いが開幕した。

(記事 稲満美也、谷口武 写真 久保田有紀、豊田光司)

結果

▽男子

対日大 ◯4-0

◯大島3-0後藤卓也

◯竹岡3-2周ショウ

◯平野3-0大塚大寛

◯大島・上村(スポ2=福岡・希望ヶ丘)組3-1後藤・南谷将成組

▽女子部

対東洋大 ◯4-0

◯小道野3-1荒井美咲

◯高橋3-1村山礼美

◯阿部・徳永組3-0川上愛可・中本梨花組

◯佐藤3-0石井優恵

コメント

竹岡純樹(スポ2=青森山田)

――試合を振り返っていかがでしたか

相手は表ソフトで中国人だったのでやりにくいなとは思っていたんですけど、0-2になっても焦らず出来たところが良かったかなと思います。

――負けていた時に、ベンチからはどのような声を掛けられましたか

0-2で負けてたんですけど、本当にダメで負けていたわけではないので大丈夫だと思っていました。

――特に勝利につながったと思うプレーはありますか

サーブからの連続攻撃ができたところが良かったなと思います。

――リーグ戦に向けての練習の成果が出たということでしょうか

そうですね。ちょっとは(笑)。

――勝利し次に控える1年生に回しましたが、ご自身のリーグ戦での役割は

3番手に平野(晃生、スポ1=山口・野田学園)がいて1年生なので(ゲームカウント)1-1で回したらプレッシャーがかかってしまうので。2-0で出来たことが平野にも良かったと思うので僕がしっかり勝って後輩に楽に回せるようにしたいと思います。

――あすに向けて意気込みをお願いします

あしたから連戦で体的にもきついとは思うんですけど、きっちり勝てるところは楽に終わらせて最後明治に勝って優勝したいと思います。

平野晃生(スポ1=山口・野田学園)

――リーグ戦初勝利の感想をお願いします

先輩方が2ー0で回してくれたので、1年生らしくのびのびとできたのでよかったです。

――リーグ戦独特の雰囲気の中で試合をしてみていかがでしたか

高校の時に経験したインターハイとかとはまた違うので、戸惑ったんですけど、なんとかできました。

――試合で心掛けたことはありますか

思い切り振っていくことを心掛けました。

――あすに向けて、意気込みをお願いします

1年生らしく思い切ってプレーして、勝つことでチームに貢献できればと思います。

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――いよいよ4年生として迎えるリーグ戦が始まりましたが始まるときはどのような思いでしたか

始まったときは私たちのチームなんだなと感じて最後というよりは、私たちが1番上で迎えるリーグ戦だからすごい良いものにしたいし、楽しみたいと思いました。

――先鋒として出ましたが、立ち上がりに1セット奪われましたね

ちょっと雰囲気にのまれたとかではないのですが、自分のプレーが最初硬くなってしまって、1セット目を落としてしまったのですが、そこからはあんまり不安にならずに戦えました。

――得点シーンでは首を傾げる姿もあり、思うような得点の仕方ではないことが多かったですか

そうですね。思ったよりボールも止まるし、やり切れる卓球が出来ていないので不甲斐ない試合だったかなと思います。

――プラスチックボールは自分の得意なボールが選べましたか

そうですね。得意なボールが選べました。

――きょう見つかった課題は何ですか

サーブ、レシーブと回転のあるゆっくりなボールへの対応がうまく思い切って攻めることができなかったので、次からはそこをきょうも修正して臨みたいです。

――チームとしてはまず東洋に完勝という結果でしたが

安心しました(笑)。

――ダブルスでは1年生が勢いのある試合を見せてくれたと思いますが

すごい見てても嬉しかったし、そのまま乗っていってほしいです。

――これからかなりハードな4日間になると思いますが、主将としてどのような点に気を使っていきますか

主将としても4年生としてもベンチでも出るほうでもしっかり良いプレーをしていきたいと思います。

――あしたは大正大と日体大と一つの山となると思いますが

そうですね。大正も日体も揃っているし、どの試合も気が抜けないと思うんですけど、自分たちの卓球をやっていくように心がけて向かっていきたいです。

――あしたへの意気込みをお願いします

きょうよりももっと次々と良い試合ができるように、自分の調子も上げていって盛り上がる試合ができるように頑張ります。

高橋結女(スポ4=新潟産大附)

――いよいよ最後のリーグ戦(春季関東学生リーグ戦)を迎えましたが、試合前の心境はいかがでしたか

きのうの夜の方が緊張していました。きょうは雰囲気なども見てわかるので。力を出すだけだとわかっていたので、あまり緊張しなかったです。

――2番手が決まったのはいつごろなのでしょうか

きのうの夜に連絡がありました。

――その瞬間どう思いましたか

予想外でした。でも大丈夫でした(笑)。驚きはしましたが、どこで出場しても一緒なので大丈夫でした。

――同期の小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)が1番手で登場し、第1ゲームを取られてしまいました。その時のチームの雰囲気はいかがでしたか

焦りはしなかったですね。いつも通りの感じだったので、問題ありませんでした。

――ご自身の試合では、バックハンドがよく決まっていました

最初は良かったですけれど、第2ゲームからは戦術を変えたら迷った部分が出てしまいました。それで1ゲーム取られてしまったので、あしたはちゃんと自分の中で整理してから臨みたいです。

――第2ゲームは押される場面が多かったですが、振り返っていかがでしたか

相手も向かって戦ってきていたし、リードしていたのを追い付かれてきて、受け身になってしまったかなと思います。

――最終的に7連続得点を奪われてしまいました

あした以降はないように気を付けたいです。

――第3ゲーム以降は切り替えられましたか

戦術も自分の中でしっかり決めて組み立てができていたので、良かったと思います。

――課題としては、戦術の組み立て面になりますか

そうですね。自分の中で迷わないように、何をやっていくかをちゃんと決めたいです。あれもこれもやるのではなく、聞いていることをちゃんと見極めてやるようにしていきたいです。

――あすは日体大戦が控えていますが、対策などは考えていらっしゃいますか

出てくる相手もわかっているので、今夜はしっかりイメージしてあしたに臨みたいと思います。

――最後に、この春季リーグの意気込みを教えてください

みんなで全勝優勝目指して頑張ります。

佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)

――ほぼ完璧な試合運びでの勝利でした

久しぶりのリーグ戦で、第1ゲームや2ゲームまでは緊張していました。第3ゲームからは緊張も解けてきて、自分のプレーをできたかなと思います。

――緊張の割にプレーは安定して見えましたが

周りからは緊張していなさそうとよく言われますが、自分の中ではやはり硬くなっている部分がありました。思った通りに(打球が)入らなかったりして、これでいいのかなと思っていました。

――スマッシュの決定率も高かったですが

第3ゲームが一番思い切って打てていたと思います。

――粘り強い相手でしたが、戦っていていかがでしたか

最初はボールの変化などに慣れなくて、いろいろな方向に飛んでいったりしてしまいました。だんだん慣れてきたので、大丈夫でした。

――第3ゲームは惜しいサーブミスがありました

完封で勝てるかなとかいろいろ考えていたらミスしてしまいました。

――あすは日体大戦が控えていますが、対策などはありますか

日体大は強いので、全力で戦いたいです。

阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)

――初めてのリーグ戦どのような気持ちで臨まれましたか

阿部最初は緊張するのかなと思っていたので、ほんとに思い切って相手に向かっていこうと思って臨みました。

徳永緊張すると思ってので、とりあえず声を出して向かっていこうと思いました。

――コートに入るときは緊張しましたか

阿部気持ち的にはすごく緊張していたとかではなくて、程よい緊張感という感じだったんですけど、サーブ出すときに、いつもとトスの場所がずれたり、身体は細かいところであんまりうまくいかなかったです。

徳永自分としてはもっと緊張すると思っていのですが、思ったより普通に臨めました。

――中学時代以来のダブルスということでしたが、やってみていかがでしたか

阿部形的にはすごい良かったというわけではないのですが、初戦の割りには良かったと思います。

徳永前からやっていることもあり、すごく1本1本コミュニケーションが取りやすいので、試合重ねていけたらまた良くなっていくんじゃないかなと思います。

――試合中にもいっぱいコミュニケーションされていましたね

阿部ミスしてもお互いに「いいよ、いいよ」と(励まし合ってました)。

徳永試合中は相手の戦術の話などをしていました。

――ダブルスの持ち味は何だと思いますか

阿部私が変化で相手を揺さぶって、徳永さんが決める。

徳永阿部さんが威力あって、私が守るのが得意なので。

阿部逆やん、それ(笑)。めっちゃばらばら。

徳永シングルス的にはそうじゃん。

阿部でもお互いがどっちも決められる。

徳永どっちがどっちというのはないですね。バランスが取れている卓球だと思います。

――出場はありませんでしたが、シングルスでも登録がありましたが

徳永誰が出るかわからないという風にずっと言われていたので、回ってきたら頑張るのみなんですけど、名前が載ったから特にどうというわけではないです。

――あした2大学との試合になりますが、どのようにチームに貢献していきたいですか

阿部まだあしたの試合出るかわからないのですが、出るからにはどんな形であっても、たとえ負けたりしても皆の雰囲気が良くなるような試合がしたいです。

徳永私も出られるかどうかわからないんですけど、出してもらえたら、プレー的には決めて決めてというかっこいい卓球できないんですけど、自分なりの卓球をして声を出してチームを盛り上げられたら、良いかなと思います。