メニュー

野球部

2015.05.03

春季リーグ戦 5月2日 神宮球場

圧倒的なリードを奪い、快勝!/東大1回戦

東大1回戦
東大
慶大 ×
(慶)○加藤拓、加嶋―小笠原
◇(二塁打)加藤拓、山本泰

 先週の明大戦では、第3戦までもつれ込んだ末に今季初の勝ち点を奪取した慶大。その勢いのまま、今週は東大との戦いに臨んだ。2回、下位打線から好機を広げ5点を奪うと、続く3回、5回には山本泰寛(4年)の二塁打などもあり、さらに3点を追加。投げては先発の加藤拓也(3年)が相手打線を1安打に抑える好投で存在感を示し、8−0で快勝した。

気迫の投球を見せた加藤拓

 先発のマウンドに立ったのは、前カードで今季フル回転の活躍を見せている加藤拓。2回に大量の援護を受けると、余裕のある投球を披露し、持ち前の威力ある直球で相手打線を圧倒する。その後も球速を落とすことなく、6回1安打無四球という好投を見せた。その後を任されたのは新守護神の加嶋宏毅(4年)。なかなか制球が定まらず、四球で出塁を許すと、さらに二塁打を浴びて得点圏に走者を背負ってしまう。しかし、要所では三振を取る粘投で得点は許さない。最終回は三者凡退に抑え、見事な完封リレーを見せた。

 攻撃面でも慶大は試合の主導権を握り続ける。2回に四球で重田清一(3年)が出塁すると、沓掛祥和(3年)も安打を放ち1死一、二塁と好機を演出する。ここで、打席には山本泰。ここまで本調子の活躍ができていなかったこの男が、この日は勝負強さを発揮した。右翼線際へ運ぶ安打を放つと、重田の好走塁も奏功し先制に成功した。また、好投を続ける加藤拓が打撃でも勝利への執念を見せる。右翼への強烈な二塁打で自らを助ける追加点をもぎ取る。この回、沓掛からの5者連続安打で5点のリードを奪った。続く3回にも1点を追加。さらに5回には、沓掛、山本の適時打でさらにダメ押しの2点を加え、相手を大きく突き放した。

2回の攻撃の口火を切った沓掛

 加藤拓の好投や下位打線の好調など、投打が噛み合ってしっかりと勝利をおさめたこの試合。しかし同時に、3番・谷田成吾(4年)が無安打に終わるなど、チームの要となる中軸が鳴りを潜め、今後への不安も残った。リーグ戦で上位を狙っていくためには、打線のさらなる奮起が不可欠である。春季リーグ戦も折り返し地点にさしかかった。しかし、王座奪還に向けた慶大の躍進は、始まったばかりである。

(記事 深瀬真由、写真 角田望、杉田陵也)