競走部

2015.04.27

第63回兵庫リレーカーニバル 4月25、26日 兵庫・ユニバー記念競技場

上位選手に大差をつけられ惨敗

 兵庫リレーカーニバル初日に行われたアシックスチャレンジ男子1万メートル。1組目にはユニバーシアード代表を狙う学生界のトップ選手が多数出場した。早大からも今季チームの柱である高田康暉駅伝主将(スポ4=鹿児島実)、中村信一郎(スポ4=香川・高松工芸)、柳利幸(教4=埼玉・早大本庄)、井戸浩貴(商3=兵庫・竜野)の4名が出走。しかし先頭集団に大きく離され、苦しい結果に終わった。

 スタートと同時に飛び出したのは井戸であった。けん制する集団をよそに積極的なレースを展開し、後続との距離を引き離す。上級生である高田、中村信、柳も集団の先頭につき淡々とレースを進める。1000メートル付近で先頭が駒大・工藤有生に入れ替わると、しばらくは早大勢で集団を形成し行方をうかがう。レースが動き始めたのは3500メートルに差しかかったころだった。ひとかたまりであった集団が縦長に崩れる。すると序盤レースを引っ張っていた井戸が後退し、5000メートル付近では完全に単独走に。柳も前方から集団中ほどへと食い下がり、途中フラフラになりながら走る場面も見られた。一方で高田、中村信は6000メートル手前で徐々に先頭集団が絞られていく中でも、遅れを取ることなく安定した走りをする。だがレースが後半に突入すると高田、中村信ともに表情が険しくなり前を行く選手たちに遅れを許してしまう。終盤、柳が巻き返しの走りで必死に前を追うものの、その時にはすでに早大勢全員が先頭に大きく離されていた。よろめきながらも懸命にスパートをかけ、柳が部内1位でフィニッシュすると、中村信、高田、井戸と全員が続いてゴール。他大の上位選手に歯が立たず悔しい結果となった。

必死の追い上げを見せた柳

『ワセダから世界へ』を目標に掲げ迎えた今シーズンであったが、長距離陣からユニバーシアード代表を輩出することはかなわなかった。来月に迫った関東学生対校選手権でのトラック部門優勝を達成するためには、今回敗れた選手たちの快走が必要不可欠となる。決戦までのわずかな期間で課題を修正し、長距離種目での多数入賞を目指す。

(記事 菅真衣子、写真 和泉智也、戸田郁美)

★記録伸ばせず、悔しいデビュー戦に

早大入学後、初の試合となった内之倉

 女子グランプリ走幅跳決勝にはルーキーの内之倉由美(スポ1=鹿児島・甲南)が登場。時折強い風が吹く中、行われた1回目の跳躍では踏切板をはみ出しファウルになってしまう。その後の跳躍では助走のスタート位置を念入りに確認する姿が見られた。2回目では5メートル57をマーク。続く3回目は追い風に恵まれたものの、5メートル36と記録を上回ることができず、本領を発揮できないまま大会を終える。今回の出場選手の中で3番目の自己ベストを持つ内之倉に入賞の期待が懸かったが、結果は11位と振るわず悔いの残るデビュー戦となった。しかし昨年の高校総体では2位に輝くなど、元々の実力は折り紙つきだ。次戦ではしっかりと調子を合わせ、風に乗った跳躍を披露したい。

結果

1日目

▽アシックスチャレンジ 男子1万メートル1組

柳利幸(教4=埼玉・早大本庄)    29分33秒51(18着)

中村信一郎(スポ4=香川・高松工芸) 29分44秒82(19着)

高田康暉(スポ4=鹿児島実)     29分50秒72(20着)

井戸浩貴(商3=兵庫・竜野)     29分54秒60(21着)

2日目

▽グランプリ女子走幅跳決勝

内之倉由美(スポ1=鹿児島・甲南)  5メートル57(+0.8)(11位)