メニュー

卓球部

2015.03.02

第20回ジャパントップ12 2月28日 東京・代々木第二体育館

持ち味発揮できず、予選敗退

 日本のトップ選手12人だけが参加を許された舞台、ジャパントップ12がきょう行われた。3名ずつの予選リーグを戦った後、各グループ1位の選手が決勝トーナメントを行う今大会に、ワセダからは大島祐哉(スポ3=京都・東山)が出場した。全日本選手権シングルス優勝経験者2人と同グループとなり厳しい戦いが予想される中、「優勝したい」と意気込んで挑んだ大島。しかし、予選リーグで2試合共にストレート負けを喫し、準決勝進出はならず。悔しさの残る結果について「実力のなさが出た」と厳しく受け止めた。

 相手の戦術に苦しんだ。初戦で対するは、ベテランの吉田海偉(Global Athlete Project)。バックサイドを集中的に狙われ、得意のフォアハンドでの攻撃を思うようにさせてもらえない。また、吉田に幾度となく厳しいコースを突かれ、持ち前のパワーを生かして打ち抜くことも満足にできなかった。結局、大島は終始相手に試合の主導権を握られゲームカウント3-0で敗戦する。

強敵相手に、苦戦を強いられる大島

 準決勝進出のためには絶対に負けられない2戦目は、丹羽孝希(明大)との一戦。流れをつかみたい序盤から、ミスが目立った。フォアハンドでのラリー戦に強い大島だが、自身のミスでラリーの前に点数を取りこぼす場面が続き、丹羽に一方的に試合を運ばれてしまう。最終ゲームはデュースに持ち込み、必死に粘るもあと一歩及ばず。1ゲームも奪うことなく、2試合連続のストレート負けとなった。

2敗を喫し、予選リーグ敗退に終わる

 今や日本のトップ選手に名を連ねる大島。それだけに、多くの選手から研究しつくされる存在だ。大島の強烈なフォアハンドを恐れバックサイドへとボールが集められる中でカギとなるのは、バックハンドの技術向上だ。4月には世界選手権が控える。「選んでもらったからにはメダルを取らないといけない」。今大会の悔しさをばねに、大島はさらなる躍進を遂げることだろう。

(記事 稲満美也、写真 石川諒)

結果

▽男子シングルス

予選リーグBグループ

●大島0―3吉田海偉(Global Athelete Project)

●大島0―3丹羽孝希(明大)

コメント

大島祐哉(スポ3=京都・東山)

――全日本選手権が終わってから、どのような調整をしてきましたか

大学の練習に出たりナショナルトレーニングセンターで合宿をしたりして、かなり体を追い込んで練習してきたので、コンディションは良いはずだったんですけど、試合になった時にそれがうまくできてなかったかなと思います。

――この大会にはどのような意気込みで臨まれましたか

日本のトップ選手が集まる試合なので、優勝したいという気持ちはすごくありましたし、1回でも多く試合がしたいと思っていました。

――その中で、2試合ストレート負けとなりましたが結果についていかがですか

自分の実力のなさが出た2試合だったと思います。自分の特徴を相手に知られて(それを元に)戦術を立てられて、じゃあ僕はどんな戦術を立てていくんだっていうところの甘さがありました。フォアハンドが入らなかった時にどうするかという戦術もなかったですし、戦術的にも精神的にも弱い部分があったかなと思います。

――初戦となった吉田選手との試合についてお聞きします。バックにボールが集められる中でどのように戦おうと思っていましたか

バックに(ボールが)来るのは分かっていましたし、それをバックハンドで相手のフォアに打って大きなラリーにして点数を取りたかったんですけど、焦っていたり相手が良いボールを打ってきたりして、少し体が浮いてしまって、その次を打たれたかなと思います。

――苦しい体勢でボールを打つ場面も何度か見られましたが、相手のコース取りという面ではいかがですか

かなりバックの厳しいところに(ボールが)来ていたので、厳しい体勢ではあったんですけど、それも動いて打たなきゃいけないと思いましたし、バックハンドをフォアハンドのレベルまで上げていければカバーできると思ったのでもっともっとバックハンドの技術を向上させていかなきゃトップの選手には勝てないと思いました。

――3セット目、ゲームスコア7ー8の場面でタイムを取った意図は

その前にサーブが(台から)出てしまったり変なミスが出ていたので、そこで1回タイムを取ってこのセットを取ろうと思っていました。

――丹羽選手との試合で苦しんだところは

自分の得意なフォアハンドを生かす前にミスが出てしまったので、そこの練習はしてきたんですけど、ミスがかなり多かったので自分のフォアに回せなかったんだと思います。あの試合は戦術どうこうというよりも、自分のフォアハンドに結びつける前にミスが出た、そういう試合でした。

――最終セット、デュースの場面で丹羽選手が取ったタイムの間はどんなことを考えましたか

相手がチキータをしてくるだろうと思ったので、ロングサーブを出すか、ショートサーブを出して相手のレシーブを狙うかって考えていたんですけど、結局ショートサーブを出して返ってきたチキータを狙えなかったので次の1点は取られたかなと思います。あそこで出すサーブがなかったかなと僕は思います。

――来月には東京選手権が控えていますが

東京選手権は多分棄権します。その後にドイツ、スペインと国際大会があるので東京選手権は棄権してその国際大会に万全の体制で挑めるように、ナショナルトレーニングセンターで合宿があるので、そこでもう一度自分の卓球を見つめ直してドイツ、スペインに向かいたいと思います。

――4月に開催される世界選手権にダブルスで代表選出されましたが、感想をお聞かせください

かなり驚きましたし、(共に選ばれた)森薗くん(森薗政崇、明大)は三部くん(三部航平、青森山田高)と全日本で連覇してますから(その二人が)選ばれるのかなと思ってたので、僕の名前が出た時はすごくうれしかったですし、選んでもらったからにはメダルを取らないといけないなと思いました。監督に期待してもらってるんだなと思ったので、その期待を裏切らないようにしていかないといけないと思っています。