メニュー

スケート部

2015.01.08

第87回日本学生氷上競技選手権2回戦 対青学大 1月7日 北海道・日本製紙アイスアリーナ

インカレ初戦、青学大に勝利

 大学日本一を競う舞台、日本学生氷上競技選手権(インカレ)がついに開幕した。昨季優勝を経験し、ディフェンディングチャンピオンとして臨む早大。「死に物狂いでやりたい」(FW寺井敏博、国教2=米国・チョートローズマリーホール高)と、連覇に向けて気合は十分だ。初戦は青学大との対戦。序盤は一時1-2と劣勢になったが、すぐに立て直して逆転し、5-2での勝利という結果でスタートを切った。

 42秒にFW横町翔太(スポ4=青森・八戸工大一)が先制点を決めたが、直後に失点を許し追い付かれてしまう。さらに、キルプレーの状況でディフェンスが空き、GKの肩上にゴールを入れられる。ビハインドの展開となりなかなか思い切りの良いプレーができない。そのような悪い流れが変わったのは、5人対3人での早大のパワープレー時だった。数的有利を生かし、FW三浦亮(教4=青森・八戸商)が15分31秒に同点ゴール。このプレーで勢いを付け、18分20秒にはDF堰合芳貴(社2=青森・八戸工大一)が勝ち越し点を追加する。そして、DF新井遥平(スポ1=北海道・駒大苫小牧)も鮮やかなロングシュートを決め、4-2で第1ピリオド(P)を終えた。

勝ち越し点を挙げた堰合

 第2Pは好機をものにできない時間帯が続く。シュート数も青学大に対して早大が優勢を保ったが、加点には結び付けられなかった。スコアが動かぬまま迎えた第3P。前半は第2Pと同様に決定力を欠く。しかし50分3秒、独走してパックを運んだFW金子立樹(スポ2=北海道・駒大苫小牧)がゴール。点差を離して試合が終了し、5-2で青学大を制した。

ゴール前に駆け上がり追加点を奪った金子立

 危なげなく2回戦を突破したものの、修正点は多い。パスのタイミングが合わず、相手の守備を破れない場面もあった。次戦の準々決勝の相手は、関東大学リーグ戦で惜敗した東洋大。ダブルヘッダーとなるが集中力を切らさず、この試合での課題を克服することが求められる。インカレ優勝のために、最初のヤマ場を何としてでも越えなければならない。

(記事 大水渚、写真 末永響子)

日本学生氷上競技選手権2回戦 対青学大
早大 ピリオド 青学大
4(22) 1st 2(14)
0(10) 2nd 0(1)
1(17) 3rd 0(10)
5(49) 2(25)
得点経過
チーム 時間 ゴール アシスト1 アシスト2 PK/PP
早大 00:42 横町 池田 寺井
青学大 01:08 吉田
青学大 11:20 徳光 星野 PK
早大 15:31 三浦 石川 池田 PP
早大 18:20 堰合 池田 PP
早大 18:54 堰合 寺井 三浦 PP
早大 50:03 金子立 寺井 石川
※PKはキルプレー、PPはパワープレー、PSはペナルティショットを指す
 なお、PK/PPの表記は早大にとってPKに当たるかPPに当たるかを表記するものとする
早大メンバー
セット FW FW FW DF DF
池田 金子立 寺井 石川 堰合
森田 横町 佐藤 松本
金子聖 三浦 青木 斜森 新井
田中 坂本 瀬戸 加賀美 村上
GK中川