競走部

2015.01.02

第91回東京箱根間往復大学駅伝 1月2・3日 東京・大手町読売新聞東京本社前⇔神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場入口

流れつかめず往路6位に沈む

 第91回東京箱根間往復大学駅伝(箱根)が開催された。早大が掲げてきた目標は総合優勝。その達成には、山本修平駅伝主将(スポ4=愛知・時習館)ら主力を揃えた往路での好成績が必須となる。しかし、結果は6位。全選手が先頭校との差を詰めることができないまま、1位の青学大から大幅に遅れてのゴールとなった。

花の2区を激走した高田

 早大にとって鬼門の1区。任されたのは中村信一郎(スポ3=香川・高松工芸)だった。起用に応えたい中村は、中盤まで先頭集団で健闘するも、後半ペースを上げた上位校について行くことができない。それでも終盤は7位集団で追い上げ、先頭と43秒差の11位でタスキをつないだ。続く2区高田康暉(スポ3=鹿児島実) は、スタート直後に数校を抜き、以降は5位集団を引っ張る展開に。レースが動いたのは、20キロ地点。高田がスパートをかける。苦しい上りで一気にギアを上げ、単独5位に浮上した。だが1時間8分17の好タイムで戸塚中継所に飛び込むも、上位校のタイムを上回れず区間順位は6位。2年連続となる区間賞獲得は逃した。3区の井戸浩貴(商2=兵庫・竜野)は、序盤から前を行く4校に離される苦しい展開を強いられる。終盤には後続に追い上げられながらも、5位を守りきりタスキリレー。しかし高田と同様上位に差を広げられ、この時点で先頭から2分18秒の遅れとなった。

 4区には、平和真(スポ2=愛知・豊川工)が当日エントリーされた。前回大会に同区間で早大新記録を樹立している平だったが、今季はケガに苦しみ、これが駅伝シーズン初レース。復活を遂げた平の追い上げが期待されたが、9キロ過ぎ地点で先頭との差は3分を上回る。必死に前を追うも、5位でたどり着いた小田原中継所では4分20秒まで離された。残すは、過酷な山が待つ5区。早大は、自身3度目の山上りに挑む駅伝主将山本にタスキを託した。過去2度の箱根では同区で区間3位に入った実績を持つ山本。今季も好調を維持してきたが、この日は序盤からペースが上がらない。そして小涌園前を通過した直後の15キロ過ぎ、6位につけていた中央学大についに逆転を許す。食い下がるも、追走は及ばず6位でゴール。往路優勝を狙っていたチームにとって厳しい順位となった。

本調子とは程遠い走りとなった山本駅伝主将

 往路を終え、現在首位の青学大との差は9分4秒と大きく開いた。それでも3位東洋大とは2分15秒と、そのほかの上位校は僅差でひしめく混戦。復路での順位の押し上げは十分に可能だ。今季での退任が決まっている渡辺康幸駅伝監督(平8人卒=千葉・市船橋)が指揮する最後の箱根。このままでは終われないという思いは誰もが感じているだろう。三浦雅裕(スポ3=兵庫・西脇工)や武田凛太郎(スポ2=東京・早実)といった実力者たちがタスキをつなぐあすの復路。巻き返しのレースとなるか。

(記事 平岡櫻子、写真 高畑幸、平野紘揮)

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路成績)
区間 距離 名前 記録 区間順位
1区 21.3キロ 中村信一郎 1時間02分42秒 11位
2区 23.1キロ 高田康暉 1時間08分17秒 6位
3区 21.4キロ 井戸浩貴 1時間03分47秒 8位
4区 18.4キロ 平和真 56分31秒 9位
5区 23.4キロ 山本修平 1時間21分45秒 10位
早大 往路 5時間33分02秒 第6位
関連記事

箱根駅伝展望/第91回東京箱根間往復大学駅伝(12/30)