野球部

2013.09.03

夏季オープン戦 8月30日 早大東伏見グラウンド

日体大に辛勝も、打線に課題

TEAM
日体大
早大

 今春の全日本大学選手権においてベスト4という好成績を収めた日体大との一戦。早大は毎回のように走者を出すものの、なかなか好機を生かすことができない。5回に重信慎之介(教2=東京・早実)が適時打を放って先制するが、奪ったのはわずかにこの1得点のみ。投手陣の奮投もあり、どうにか逃げ切ることに成功。1-0で勝利した。

 序盤から得点圏に走者を進めるが、あと一本が出ない。4回には1死一、三塁の好機を演出するも、ものにできなかった。流れを変えたい早大は、5回1死一、二塁の場面で重信を代打に送る。その1球目だった。しっかりと捉えた打球は中前に落ち、二塁走者が一気に本塁へ。これが先制の適時打となった。しかし、後続が凡退に終わり、追加点はなし。結局この1得点しか奪えなかった。

好投を見せた高梨

 早大の先発は高梨雄平(スポ3=埼玉・川越東)。3回、4回と出塁を許すも、後続を打ち取り得点は許さない。5回を無失点に抑えて、先発の役割を果たした。中継ぎ陣も好投を見せる。8回からマウンドに上がったのは、有原航平(スポ3=広島・広陵)。1安打を許したものの、エースらしい堂々とした投球を披露し、試合の最後は空振り三振で締めくくった。

 きょうは打線のつながりを欠いていた早大。特に主軸である中村奨吾(スポ3=奈良・天理)が二度の好機で凡退してしまったのは大きな痛手であった。より厳しい秋季リーグ戦ではそう何度も得点の機会は訪れない。これからの戦いでは、各打者のここ一番での勝負強さがカギを握るであろう。

(記事 井上雄太、写真 手塚悠)