応援部

2014.12.05

ラグビー早明戦壮行会 12月3日 早稲田キャンパス

伝統の一戦を勝利で飾るために

 大学ラグビーの大一番・早明戦を今週末に控えたこの日、応援部による早明戦の壮行会が行われた。応援部のパフォーマンスに加え、ラグビー蹴球部を応援する学生集団『エンジニアンズ』に参加する3つのサークルがパフォーマンスを披露。ラグビー蹴球部員も参加し壮行会には多くの学生が集まる。応援部にとっては今季最後のデモンストレーションを大盛況のうちに終えることができた。

 壮行会の最初に行われたのは、ラグビー蹴球部のビッグジャージーの掲揚。伝統の赤黒を基調としたユニフォームが、集った学生の目を奪った。続いて披露されたのはもちろん、第一応援歌『紺碧の空』だ。センターリーダーを務めたのは木暮美季(法4=埼玉・早大本庄)。「来る前から思い入れがあった」(木暮)という最後のデモンストレーションで全力のテク・突きを見せる。思いは実り、会場が一つになった。その後、『エンジニアンズ』からさきがけ響、下駄っぱーず、東京花火がそれぞれのパフォーマンスで観客を魅了。会場のボルテージは最高潮に達した。

学注で観客を惹きつける木暮

 ここで登場したのがラグビー蹴球部の選手たち。主役の登場に大きな拍手が送られた。選手を代表し、主務の池田良(法4=東京・早大学院)が「歴史と伝統ある一戦。何としても勝ちに行く」と早明戦へ向けて決意表明する。するとさらに大きな拍手が送られ、選手を鼓舞した。そして最後には仁熊佑太代表委員主将(創理4=埼玉・早大本庄)の堂々としたリードのもと、皆で校歌『都の西北』を斉唱。早明戦への期待を抱かせる内容で壮行会は幕を閉じた。

力強く校歌の指揮を執る仁熊

 「いつにも増してたくさんのギャラリーがいて、すごく感動した」(木暮)と振り返るように、今季最後の応援部デモンストレーションを見事に飾ったといえるだろう。残るは学生の思いを一つにし、早大に勝利をもたらすべく応援するのみ。「選手に力を届けたい」(仁熊)、「勝利に向かって後押しできたら」(木暮)と意気込む応援部にとっても、そしてワセダのプライドを懸けて戦うラグビー蹴球部にとっても大事な伝統の一戦。早明戦は今週末キックオフだ。

(記事 鈴木泰介、写真 三尾和寛)

出演したサークルと共に

コメント

仁熊佑太代表委員主将(創理4=埼玉・早大本庄)

――本日の壮行会はいかがでしたか

きょうもたくさんの団体の方に出演していただいて、雰囲気の異なった壮行会ができたのではないかと思っています。

――他の団体のパフォーマンスはどのようにご覧になりましたか

最初の太鼓であったり下駄やダンスであったり、我々がやっていないような素晴らしい演技をやってくださって、観客も学生も盛り上がってくださったと思います。

――先日の早慶戦で優勝の可能性は消えてしまいましたが、振り返られていかがでしたか

引き分けということで我々応援部として、もう少しいい応援が作れたら結果が変わってきたのかなと少々後悔しているところもあります。

――応援部としての活動も残りわずかですが、日々どのような思いで過ごし活動されていますか

大きい応援は残すところ早明ラグビーなので、それに向かって最後だからといって練習を怠らずに最後まで全力で頑張っていきたいと考えています。

――早明戦への意気込みは

早明戦は本当に毎回悔しい思いをしているので、今回は観客席、そしてワセダの学生と一体になった応援を作って選手に力を届けたいと考えています。

――早明戦を観に来られる方々に一言お願いします

全員でエンジに染まっていい応援を作りましょう。

木暮美季(法4=埼玉・早大本庄)

――きょうのデモンストレーションの感想をお願いします

学注でも言ったのですが、きょうが最後のデモンストレーションだったので、来る前から思い入れがあったのと、吹奏楽団がいないということもあったのですが、サークルの方々の動員がすごいなと思って。いつにも増してたくさんギャラリーがいたので、この大学は部活も頑張りつつ、サークルという面でも学生が色々盛り上げてくれている大学ということが分かって、すごく感動するデモンストレーションでした。

――最後のデモンストレーションでしたが、それに関していかがでしたか

そうですね、他大学と一緒に行うデモンストレーションや、動員をはかるためのデモンストレーション、4月の新歓のデモンストレーションですとか、色んなデモンストレーションがあったのですが、一回一回に思い入れがとてもありまして。でも、それもたくさんやってきた中できょうが本当に最後の最後だなということで。来る途中にも、きょうが最後なんだな、学注何言おう、とか色々考えたりしたのですが、無事に、色々な人を巻き込んで楽しく終えられたかなと思っています。

――今週末の早明戦への意気込みをお願いします

野球をはじめ、明治につらい思いをこの1年間、させられてきていまして。負けてしまった試合も野球以外にもたくさんあって。すごく(明治は)強くて、でもその中でワセダも負けずにいままでやってきたので、最後にラグビー部に一花咲かせてもらって、明治より強いということを証明してもらうべく、勝たせる応援というのを応援部から提供して、勝利に向かって後押しできたらなと思います。