バドミントン部

2014.12.03

第68回全日本総合選手権 12月2日 東京・代々木第二体育館

大舞台で男女共に奮闘!2組が予選突破

 バドミントン日本一を決める全日本総合選手権(全日本総合)がことしも開幕した。予選が行われたきょう、早大からは古賀輝(スポ3=埼玉栄)・齋藤太一(スポ3=福島・富岡)ペアと清水恵(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英知)・島田きらら(スポ2=青森山田)ペアが出場。また中里裕貴(スポ1=埼玉栄)も五十嵐優(中大)とペアを組んで出場し、古賀・齋藤ペアと中里・五十嵐ペアが見事本戦への切符を手にした。

 この一年間、全日本総合出場を目標として掲げてきた清水・島田ペア。立ち上がりは要所でプッシュやスマッシュを決め接戦を繰り広げる。しかし相手の鋭い打球に対応できずイレブンを奪われると、次第にミスが目立ち始めた。「自分たちが我慢できないで簡単なミスをしてしまう」(清水)と語った通り、冷静に得点を重ねる日本ユニシスペアを前に自分たちのプレーができず、第1ゲームを14-21で落とす。第2ゲームはイレブンまで3点差に抑え、必死に食らい付く。だが後半、慣れないコートに適応できずミスが増え、点差は開く一方。奮闘を見せるもあと一歩及ばずこのゲームを落とし敗北。全日本総合予選敗退となった。悔しい結果になったものの、来季を見据えて「総合(全日本総合)でも本戦に行けるような実力を付けていきたい」(清水)と気合いは十分。一年後この舞台に返ってくるであろう二人の成長した姿に期待だ。

奮闘するも惜敗した清水(左)・島田組

 一方、古賀・齋藤ペアは日大ペアと対戦した。全日本学生選手権(インカレ)でのまさかの敗北から約1カ月。「インカレはインカレと(割り切って)考えていた」(古賀)という通り気持ちの切り替えに問題はなく、序盤から得意の攻撃的なプレーで相手を翻弄(ほんろう)。順調にポイントを決めて21-15で第1ゲームを奪取する。続く第2ゲームでは実力を見せつけ、相手に得点を許さない。21-10と圧勝で予選を突破し、本戦へと駒を進めた。また高校時代のペアと出場した中里は第3ゲームまでもつれ込む接戦となるが、気迫に満ちたプレーで勝利をつかみ、本戦への出場を決めた。

全日本総合本戦出場を決めた古賀(左)・齋藤組

 いよいよあすから全日本総合本戦が始まる。早大からは上記のペアに加えて、男子シングルスで古賀が、ミックスダブルスで古賀・清水ペアが本戦からの登場となる。日本一を決める今大会は常に最高レベルでの戦いとなるため、一勝への思いは特別だ。「誰と戦ってもとにかくきょねんよりは上に行きたい」(古賀)。一つでも多くの勝ちを求めて――早大を担うエースたちの勇姿から目が離せない。

(記事 吉田麻柚、写真、八木瑛莉佳)

結果

▽男子ダブルス予選

古賀輝(スポ3=埼玉栄)・齋藤太一(スポ3=福島・富岡)○2-0岡村翼・山村祐樹(日大)

(21-15、21-10)

中里裕貴(スポ1=埼玉栄)・五十嵐優(中大)○2-1松井夏希・樋渡元志(金沢学院クラブ)

(22-20、19-21、21-15)


▽女子ダブルス予選

清水恵(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英知)・島田きらら(スポ2=青森山田)●0-2木村百花・星千智(日本ユニシス)

(14-21、15-21)

コメント

古賀輝(スポ3=埼玉栄)・齋藤太一(スポ3=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

古賀 相手があまり調子が良くなかったので、逆にこっちが気楽に行けたかなという感じです。

齋藤 自分は特に何もせずに終わって、古賀くんが動いて良くやってくれたので、助かりました。

――全日本学生選手権(インカレ)からどのように切り替えましたか

古賀 インカレはインカレと(割り切って)考えていたので、総合(全日本総合選手権)はまだ自分たちが一回しか勝ったことがないので、とりあえず本戦に上がってベスト8まで出たいなという気持ちがあります。

――いまの調子はいかがですか

齋藤 いつも通りですね。

古賀 良くもなく悪くもなくという感じです。

――あすへの意気込みをお願いします

古賀 まだ抽選が終わってないので誰と当たるかは未定なのですけれど、誰と戦ってもとにかくきょねんよりは上に行きたいので、最低1回は勝ちたいです。


清水恵(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英知)・島田きらら(スポ2=青森山田)

――全日本総合選手権とはどのような舞台として考えていましたか

清水 一番大きな舞台ですね。まず、そこに出場することを目指していたので、出たら思い切りやろうと思っていました。

――その舞台に立ってみての感想はいかがですか

清水 実業団の強い人が多いので、思い切って楽しんでやろうと思っていましたが、実際負けてしまうと悔しいなという思いが出てきました。

島田 きのう抽選したのですが組み合わせを間違って見ていて、もっと強い人と当たると思っていたら違ったので、でも結局実業団の人だったので緊張はしなかったのですが、いざ試合に立つと思い切りできないというかミスばかりしてしまったのでそこがだめでした。

――今回の試合で良かった点は

清水 途中に良い攻めができて、向こうもレシーブが引いているという場面があったので、そこは良かったと思います。

――逆に課題となった点は

島田 ひたすらミスをしてしまったところです。

清水 このコートはシャトルが見づらいところがあったり、普通よりアウトになりやすかったよね?

島田 はい。空調があって、飛んだり飛ばなかったりすることがあって。基本飛んだのですが、そこで調整がずっと最後までできないまま終わってしまいました。

――第1、2ゲーム共に後半点が伸びなかった印象でしたが

清水 向こうが集中してミスをしなかったですね。逆に自分たちが我慢できないで簡単なミスをしてしまうという感じでした。

――女子ダブルスとしては今季最後の試合となりました。来季での目標をお願いします

清水 今季目標にしていたことはちゃんと達成できたと思うので、来季はその一つ上、インカレ(全日本学生選手権)ベスト4、総合(全日本総合選手権)でも本戦に行けるような実力を付けていきたいなと思います。

島田 来季は清水さんが一番上の代になるので、自分は(インカレ)優勝を狙います(笑)。

――清水選手はあす行われるミックスダブルスにも出場されますが、意気込みをお願いします

清水 気合いでは絶対に負けないように、男子ダブルスのように頑張ります(笑)。