バスケットボール部

2014.11.27

第66回全日本大学選手権 11月26日 東京・大田区総合体育館

余裕の試合運びで3回戦進出

 順当に1回戦を突破した早大は、2回戦で関西第3シードの奈良学園大と対戦した。序盤こそつまずくものの、それ以降は関東王者らしく相手を寄せ付けない強さを見せつける。固いディフェンスと破壊力抜群のオフェンスで大量リードを奪った。終盤は主力を温存する余裕の試合運びを見せ、97―60で快勝。圧倒的な力を発揮し、3回戦へ駒を進めた。

 強力なインサイドを誇る奈良学園大。インサイドを守れるかが一つのキーポイントになった。立ち上がりF関根彩乃(教3=千葉=昭和学院)が連続ファウルを犯すなど、対応に苦しんだ。しかし、G本橋菜子(スポ3=東京・明星学園)がスピンムーブからのレイアップなど7連続得点でチームを盛り立てると、攻撃面のいい流れが守備面でも生き始める。C桂葵(社4=愛知・桜花学園)と交代で出場したF加藤臨(スポ2=山形市立商)を中心に、チームが一体となり相手の得点源を封じ込めた。第2クオーター(Q)に入っても攻勢は続き、F萩尾千尋(スポ1=愛知・桜花学園)のスリーポイントシュートなどで加点して51―27で前半を終える。

高い跳躍力でディフェンスを突破する根岸

 第3Q、パスミスなどターンオーバーが目立ち点差を縮められてしまう場面もあったが、F根岸夢(スポ3=東京成徳大)のスリーポイントシュートで相手の勢いを断ち切る。その後も得点を積み重ね、31点差を付けて最終第4Qへ。第4Qは連戦を見据え、主力を温存。ベンチメンバー主体で試合を進めた。G井関夏美(社4=神奈川・金沢総合)やG伊沢なつみ(スポ4=東京成徳大)を中心にバランスのいいオフェンスを展開。C今仲杏奈(スポ1=大阪薫英女学院)のジャンプシュートやF林田美里(人3=長崎西)の力強いドライブなどで相手を終始圧倒。主力を温存しながらも98―60で快勝し、3回戦へ進出した。

攻守でバランスよく活躍する萩尾

 相手のインサイドを徹底的に押さえ込み、完全に早大の思うようなゲームプランで進めての勝利。相手の長所を研究し、それに対してアジャストできるチームとしての完成度の高さがある早大。一発勝負の全日本大学選手権では、試合中にアジャストする修正力も求められるだろう。全国制覇まで残り3勝。厳しい戦いが待ち受ける中、早大の頂きへの挑戦は続く。

(記事 東哲也、写真 宮西祐香子)

第66回全日本大学選手権11月26日(vs奈良学園大)
   1Q 2Q 3Q 4Q 合計

早大

32 19 22 25 98
奈良学園大 15 12 17 16 60
◇早大スターティングメンバー◇
G#22 田村未来(スポ2=愛媛・聖カタリナ女)
PG#15 本橋菜子(スポ3=東京・明星学園)
F#11 根岸夢(スポ3=東京成徳大)
F#18 関根彩乃(教3=千葉・昭和学院)
C#25 桂葵(社4=愛知・桜花学園)
関連記事

インカレ初戦、関東王者の貫禄見せる/全日本大学選手権(11/25)

コメント

F加藤臨(スポ2=山形市立商)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きのうは試合の空き日だったのでアジャストを確認して相手の中の得点を抑えることを意識して頑張りました。

――インサイドのディフェンスということが一つのキーポイントになったと思いますが、出来はいかがですか

きのうの練習で個人として中を守るのに苦戦して、先輩とかに教えてもらって、そのポイントをきょうは意識して守れたかなと思います。

――早い時間帯で出場機会が回って来ましたが、意識したことは

自分も含めてファウルをしないようにっていう意識を持って挑みました。

――前半と後半の出だしが悪かった印象を受けましたが

細かいミスが続いて得点に結び付けるまで時間がかかったので、細かいところのミスを無くせば出だしもうまくいくと思います。

――チーム全体のオフェンスの出来はどうでしたか

前の試合に引き続ききょうも点数が取れていて、流れの中で攻められていたのでよかったと思います。

――きょうの個人のプレーの評価はいかがですか

今シーズンの課題が点を取ることなんですけど、きょうは強い気持ちを持ってシュートにいけたからよかったと思います。

――あしたに向けて意気込みをお願いします

あしたは九州の相手で強豪なので、気を引き締めてあしたも一戦必勝で戦っていきたいと思います。

F萩尾千尋(スポ1=愛知・桜花学園)

――1回戦から初めてのインカレですが、緊張はありましたか

おとといに試合があって、おとといはすごく雰囲気にのまれていた感じがあったのですけど、きょうは大丈夫でした。

――関西3位の相手で、初めて対戦する相手に対してチームで特に意識していたことはありますか

ビデオを見ていてセンターの人のプレーが多かったので、中を注意してディフェンスをするように言っていました。きょうはそれができたので、よかったと思います。

――ご自身のプレーを振り返ってみて、良かった点はありますか

普段通りやれたところです。ディフェンスはまだ全然ダメだなときょう思ったので、次にチャンスがあれば修正することと、オフェンスはシュートから狙っていけたので良かったかと思います。

――逆に悪かった点はを挙げるとしたらどういったところですか

いま言った通り、ディフェンスでやられている部分がすごくあったので、そこはこれからを通して修正していきたいと思います。

――あすの試合の抱負をお願いします

練習で準備できることは全部やってきました。それをいつも通りワセダらしくやったら勝てると思うので、チームとしてはそれを目標に頑張ります。個人としては、チャンスがあったらまた思いっきりやりたいと思います。