庭球部

2014.10.29

全日本大学対抗王座決定試合 10月25日 東京・有明テニスの森公園

決勝へ弾みになる勝利!

 爽やかな秋空の下、女子部は関大との準決勝を行った。前日からの勢いそのまま、出場した各選手がそつのないプレーを展開。5-0と力の差を見せつけた。この勝利を弾みに、いよいよ翌日、王座を懸けた山梨学院大との決勝戦に臨む。

相手を振り切った吉冨(左)・細沼組

 ダブルス2で出場したのは吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)・細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)組。第1セットは安定した試合運びだった。吉冨のサイドを突くショットで相手を崩すと、細沼の果敢なボレーで得点を挙げる。時には吉冨が放つ正確な一打に相手が一歩も動けない場面も。6-0でこのセットを奪った。続く第2セット。「チャンスボールや時間のあるボールを決め切れず、もつれてしまう展開が多かった」(吉冨)と、中盤まで苦戦を強いられた。しかし「あまり緊張せず、自分のテニスに集中できた」という細沼が要所でボレーを決め、流れを引き渡すことはない。3-3で迎えた第7ゲーム以降は本来のスタイルに戻り、6-4とする。セットカウント2-0でこの試合を勝ち取った。

 シングルス3を任されたのは、昨季からチームの勝利に貢献する林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)。試合序盤からストローク戦となるも、打ち負けることはなかった。特にこの日さえていたのはフォアハンド。両サイドに力のこもったボールを打ち分け、浮いたボールをボレーやスマッシュで確実に決める。最後まで攻めの姿勢を貫いた林が6-2、6-2で勝利を収めた。

鋭いボールを打ち込む林

 決勝を前にした一戦で、隙のないテニスを見せた早大。頂点まであと一つ。「絶対に王座で優勝することを目標に1年間やってきた」(高田千奈美主将、スポ4=静岡・浜松西)。この言葉を胸に、チーム一丸となった絶対王者が大一番に挑む。

(記事 井口裕太、写真 吉原もとこ)

結果

準決勝

○早大5-0関大

ダブルス1

○梶谷桜舞・林恵里奈(6-4、6-2)大西美波・寺島奏
ダブルス2
○吉冨愛子・細沼千紗(6-0、6-4)田中優希子・河内ほのか
シングルス1
○吉冨愛子(6-1、6-1)畑守美里
シングルス2
○宮地真知香(6-3、6-1)筒井八雪
シングルス3
○林恵里奈(6-2、6-2)田尻千晴

関連記事

準決勝も9-0!チームに勢いつける(10/29)
圧勝で準決勝へ(10/28)
10連覇へ!全勝で大きな一歩(10/28)

関連特集

王座直前特集『覇者の挑戦』(10/17~10/20)

コメント

高田千奈美主将(スポ4=静岡・浜松西)

――連日の5-0での勝利となりました。現在のチームの雰囲気はいかがですか

いままで1年間王座優勝という目標に向かってやってきて、本当に集大成というところまできています。全員が全力でチームのために戦おうという気持ちがいろいろな場面で見られて、しっかりまとまって勝つことができていると思います。

――シングルスは3戦とも圧勝でしたが、振り返ってみて

相手もすごく粘り強くやってきました。しかしやはりこちらの3選手が力で押したり、相手以上にしつこく頑張ったり、少しでもあすの決勝戦につながるような試合をしようとしてくれていました。3試合とも良い試合だったと思います。

――ダブルスについてはいかがですか

本人たちも言っていましたが、ダブルス2がセカンドセットから少し競ってしまいました。プレッシャーもあったかとは思いますが、それに打ち勝って、最終的にはしっかりと勝ち切ることができました。ダブルス1もファーストセットで相手にリードされる展開はありましたが、ここというところでは2人のペアワークが生きて、強気な場面も見られました。ダブルスからチームの勢いが生まれたと思います。

――ダブルス2の吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)・細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)組は実戦経験は少ないと思いますが、完成度はどれくらいであると感じていますか

吉冨と細沼はリーグ戦(関東大学リーグ)の1試合で組んだだけで、何かの大会で組んでいたということはありません。しかし(王座に向けて)毎日その2人を組ませて練習してきています。細沼は自分でも調子が良いと言っていて、吉冨も調子が上がってきているので、(あすも)しっかりと1本を取りにいってほしいなと思います。

――あすはいよいよ決勝です。意気込みをお願いします

1年間王座で絶対に優勝するという目標を第一に掲げてきて、いよいよあすなのだなと。正直実感がわかない部分もありますが、あす決勝戦を戦えるということで、いまはすごくわくわくしています。相手はまだ決まっていないのですがどちらも力があって隙のないチームだと思うので、こちらから強気で攻めていって連覇を勝ち取って、来季以降にもつながるように戦っていきたいと思います。

吉冨愛子(スポ3=愛知・ 椙山女学園 )

――ダブルスでは第1セットは圧勝でしたが、第2セットでは苦戦しました

第1セットは自分たちでもすごく良かったなと思っています。第2セットになったときに守りに入ってしまいました。自分たちからポイントを取りにいくというよりは、ポイントを欲しがってしまっていたなと思います。

――これまで細沼選手とペアを組んで出場する機会が少なかったと思いますが、相性はいかがですか

2人とももストロークが持ち味で、さらに細沼は前でも動けます。すごく合っているように思います。

――シングルスでのプレーを振り返ってみて

毎回ですが、ダブルスでできなかった部分をシングルスで直そうというふうに思っています。きょうは第1セットを取って、第2セットになっても守りに入ることなくポイントを取りにいけたので良かったと思います。

――何か見つかった課題はありましたか

ダブルスではやはり、チャンスボールや時間のあるボールを決め切れませんでした。そこからもつれてしまう展開が多かったので、一本集中して取っていけるように、あすは足を動かしてボールをしっかり見ることから行っていきたいです。

――決勝への意気込みをお願いします。

絶対勝ちます。

細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)

――初めての王座となりますが、どのような意気込みで臨んでいますか

雰囲気などが分かり切っていない部分はあるのですが、自分が出た試合は勝つつもりで臨んでいます。

――きょうの試合、吉冨選手とのコンビネーションはどのように感じましたか

リーグ戦のときに一度出させていただいたくらいですが、練習では結構組ませていただいています。練習でだいぶやってきたので、コンビネーションは良かったと思います。

――第1セットは圧勝しましたが、第2セットは苦戦しましたね

相手がプレッシャーなくやってきたという印象で、私たちが引いてしまった部分がありました。そのために競ってしまったのだと思います。

――ボレーやストロークが要所で光っていましたね

あまり緊張しなかったので自分のテニスをすることだけに集中でき、いつも以上のことができました。私からどんどん攻めていって吉冨さんの手助けをしようと思いながら頑張りました。

――あしたの決勝に向けて意気込みをお願いします。

まだ出られるか分かりませんが、出ることができたら絶対に勝ってチームに貢献したいと思います。