庭球部

2014.10.29

全日本大学対抗王座決定試合 10月25日 東京・有明テニスの森公園

準決勝も9-0!チームに勢いつける

 全日本大学対抗王座決定試合(王座)も大会4日目を迎え、男女ともに準決勝の2試合が行われた。男子部は関西第二代表で第4シードの関学大と対戦。厳しい戦いが予想されたが、おのおのが奮闘し9-0。2回戦に続き準決勝も無敗で終え、決勝に向けて勢いをつけた。

スコアを離して勝利した大城主将・小堀(左)組

 各校決勝進出を懸けた戦いとあって、いつになく緊張感が漂っていた有明。ダブルスの3試合はそんな中スタートしていった。しかしひとたび試合が始まると、流れは早大に傾く。ダブルス1の古田陸人(スポ4=愛知・名古屋)・今井慎太郎(スポ3=神奈川・湘南工大付)組が6-0、6-0。ダブルス3の大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)・小堀良太(スポ2=東京・大成)組が6-1、6-1。ダブルス2の岡村一成(スポ4=岡山操山)・梶修登(政経3=東京・早実)組も初めこそキープが続いたが、先にブレークを奪うと6-3、6-3。各ペアのコンビネーションが相手を上回り、全ての試合をストレート勝ちで終えた。

 ダブルスを3-0で折り返し、一気に勝利を引き寄せた早大。この勢いのままシングルスでも次々と相手を倒していった。全日本学生選手権(インカレ)男子シングルスでは悔しい結果となった古田。しかしここにきて調子を取り戻し、6-1、6-2と確実な1勝を挙げた。大城はファーストセット、5-5で迎えた第11ゲームで力を振り絞りブレーク。続く第12ゲームでは自身のサーブで相手を崩し、7-5でこのセットを奪った。勢いに乗った大城はセカンドセットも押し切り勝利。早大の決勝進出を確定させた。その後、松崎勇太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)、今井は安定したラリーで快勝。岡村一成(スポ4=岡山操山)、栗林聡真(スポ3=大阪・清風)は一時相手にリードを許しながらも、粘り強いプレーで試合を物にした。

大城主将は早大の決勝進出を決めた

 「どんなかたちでも勝利をもぎ取る」(岡村)、「コートに立って2本を勝ち取る」(古田)。王座決勝の舞台で勝つことだけを目標にこれまでの活動に励んできた部員たち。試合後には既に勝利への執念を燃やしていた。このチームで戦う、ラストの一戦。笑顔で締めくくることはできるか。

(記事 松下優、写真 松下優、井上雄太)

結果

準決勝

○早大9-0関学大

ダブルス1

○古田陸人・今井慎太郎(6-0、6-0)日下稜介・菊本一輝
ダブルス2
○岡村一成・梶修登(6-3、6-3)坂上良・岡本拓馬
ダブルス3
○大城光・小堀良太(6-1、6-1)衣川郁弥・石山喬悠
シングルス1
○岡村一成(6-2、7-5)日下稜介
シングルス2
○今井慎太郎(6-1、6-1)菊本一輝
シングルス3
○栗林聡真(4-6、6-0、6-0)中村充
シングルス4
○大城光(7-5、6-1)衣川郁弥
シングルス5
○古田陸人(6-1、6-2)藤圭太
シングルス6
○松崎勇太郎(6-2、6-2)坂上良

関連記事

圧勝で準決勝へ(10/28)
10連覇へ!全勝で大きな一歩(10/28)

関連特集

王座直前特集『覇者の挑戦』(10/17~10/20)

コメント

大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――9-0できょうの試合を終えましたが、チームとしてはどうのように考えていますか

いつどんなときも完璧というのはありませんが、きょうはみんなその中でも勝ち切ってくれました。ここにきて何か大きく反省することはないと思うので、きょうの9-0という結果をプラスに捉えてあした戦うだけかなと思います。

――ダブルスの試合を振り返っていかがですか

ダブルスはペアの小堀(良太、スポ2=東京・大成)が本当に頑張ってくれました。久しぶりに小堀がすごく良いかたちで楽しそうにやってくれたので、僕としてもうれしいですし、あしたも同じ気持ちでやりたいなと思います。

――シングルスはいかがでしたか

きのうも何度かボールが抜けてしまう場面があって、きょうも前半、少しそのような感じにはなってしまいました。しかしやってきたことを信じてしっかりラケットを振り切れれば、後半は良かったですし、自分の思うようにプレーすることができていました。最後の1戦も迷うことなく無心に一球に食らいつくだけだと思います。

――土橋登志久監督(平元教卒=福岡・柳川)からの言葉や、大城主将がチームに掛けたい言葉は何かありますか

無心になるということですね。これまで課題が多くあったチームでしたし、だからこそいろいろと指摘されることや部員で指摘し合うことも多くありました。ここまで来たらやってきたことを信じてその一球にどれだけ執着してできるかということだけだと、土橋さんからは言葉をいただきました。僕もそうだと思いますし、ここまで来てネガティブなことを考えていても仕方がないと思います。これまでやってきたことをしっかりと思い出させて、やってきたから大丈夫、自信を持つ、という言葉を掛けています。

――あすの決勝に向けて意気込みをお願いします

本当にここまでいろいろな苦難があって、例年のワセダのチームのようにはいきませんでした。もちろん毎年いろいろなことを乗り越えて王座優勝しているとは思うのですが、特にことしは本当にピンチの場面もありました。でもそういった中でもみんなで力を合わせて乗り越えてきていて、それが僕らの最大の強みだと全員思ってくれていると思います。あしたはとにかく全員で勝ちにいくということを意識して、みんながみんなの思いを背負うつもりでやっていきたいと思います。

岡村一成(スポ4=岡山操山)

――2戦連続9-0という結果で終えました。これについてどのように考えていますか

当たり前に9-0で勝っているわけではなく、それぞれがそれぞれの立場で一生懸命に戦った結果9-0になっているという表現が正しいと思います。良い勝ち上がりをできていると思いますね。

――その中で自身のプレーを振り返っていかがですか

決して完璧というわけではありませんが、勝つためのプレーはできています。泥臭くても何とかポイントに結び付けて勝つことができています。

――ダブルスでは先にブレークしたことがポイントになったと思いますが

相手も上手で、先にブレークしないと自分たちにプレッシャーがかかってくるという状態でした。先にブレークできたことで自分たちの気持ちを楽にできて、思い切りの良いプレーができたのではないかなと思います。

――シングルスでは第2セット、一時相手に流れを渡す場面がありました

リードしていたので、思い切りいくか、堅いプレーでいくか、悩みながら中途半端になってしまいました。緊張もあってもつれてしまいましたが、最後は持ち直して粘り強くプレーできたのが良かったです。

――あすの決勝に向けて一言お願いします

ラスト1戦なので、どんなかたちでも勝利をもぎ取って、早大の勝利に貢献したいと思います。

古田陸人(スポ4=愛知・名古屋)

――きょうを終えての感想をお願いします

9-0で勝ちましたが、それも大城(光主将、スポ4=埼玉・秀明英光)、櫻山(雄大副将、商4=神奈川・桐光学園)、有田(慎平主務、教4=東京・早実)がいままで頑張ってきてくれたからだと思っています。自分は何もしていない立場なので、コートに立って2本を勝ち取るだけです。あしたもその役割を果たしたいと思います。

――関東大学リーグのときとは異なり、単複ともに快勝でここまで来ていますね

まず大城と今井(慎太郎、スポ3=神奈川・湘南工大付)とで勝ってこいというふうに言われています。また4年の中でも大城と岡村(一成、スポ4=岡山操山)とで計6本あるので、3人が全部勝てば優勝できるというのはミーティングでもずっと言っています。それをやるだけですね。

――あすへの意気込みをお願いします

いままでやってきたことが全て出る試合です。単複ともにあと1試合ずつしかないので、笑って終わりたいと思います。