庭球部

2014.10.28

全日本大学対抗王座決定試合 10月24日 東京・有明テニスの森公園

圧勝で準決勝へ

 いよいよ開幕した全日本大学対抗王座決定試合(王座)。女子部は昨季、この大会で8連覇を達成した。ことしも関東大学リーグを1位で通過し、関東第一代表として挑む。狙うはもちろん優勝、9連覇だ。その初戦で富士大と対戦し、圧勝の5-0。難なく準決勝へと駒を進めた。

安定したテニスで勝利した梶谷・林(左)組

 相手チームの人数不足により、ダブルス2は不戦勝。ダブルスは梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)組の1試合のみが行われた。全日本学生選手権(インカレ)優勝の経験を持ち、その強さを見せつけた梶谷・林組。初戦による緊張も見られたが、6-0、6-2のストレートで相手を下した。

 続いて行われたシングルスでも、シングルス3は不戦勝。宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)、吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)の3年生2人がそれぞれシングルス2、シングルス1に出場した。初めの1ゲームこそブレークを許した宮地だったが、2ゲーム目をすぐにブレークバック。その後は相手のミスを誘い、ファーストセットを6-1とした。勢いがさらに増したセカンドセットも6-1。圧倒的なスコアで相手を突き放した。隣のコートで行われていた吉冨の試合も6-1、6-0。勝負どころで粘りを見せ、快勝を収めた。

好調が続く宮地

 初戦を5-0で終えた女子部。しかし優勝を目標とする早大にとってこれは通過点に過ぎない。翌日の準決勝以降はシード校との対戦となり、より一層気を引き締める必要がある。勝利を重ね、良い流れで決勝を迎えることはできるか。

(記事、写真 松下優)

結果

2回戦

○早大5-0富士大

ダブルス1

○梶谷桜舞・林恵里奈(6-0、6-2)石井小夏・福井愛
ダブルス2
○吉冨愛子・細沼千紗(DEF)
シングルス1
○吉冨愛子(6-1、6-0)石井小夏
シングルス2
○宮地真知香(6-1、6-1)福井愛
シングルス3
○林恵里奈(DEF)

関連記事

10連覇へ!全勝で大きな一歩(10/28)

関連特集

王座直前特集『覇者の挑戦』(10/17~10/20)

コメント

高田千奈美主将(スポ4=静岡・浜松西)

――初戦を終えての感想をお願いします

きのうは雨予報で試合が1日延びるのではないかと思っていましたが、予定通り試合が始まりました。しかし早大は、まずは予定に向けて調整してきたので、その点に関しては良かったなと思っています。試合を全体的に見ると、初戦ということもあり緊張している選手もいたのではないかというのが率直な感想です。ただ相手の人数不足で不戦勝が2戦あるといういままでになかったことに対しても動揺することはなく、やってきたことをしっかり出せました。

――緊張している様子も見られたということですが、スコアでは離していました

緊張していつも通りのプレーができなかったり、いつもよりミスが多かったりというのはありました。しかしそれが無駄にゲームを落とすことやもつれてしまうことにはつながりませんでした。やるべきところでは締めることができましたね。

――あすの準決勝へ向けて一言お願いします

相手がまだ試合をやっているのですが、中京大と関大、どちらも強いチームで侮ることはできません。しかし私たちが一番に焦点を当てるのは決勝戦だと思います。あしたも5-0で勝って、リーグ戦(関東大学リーグ)のときのように最初で勢いをつけられるように頑張っていきたいと思います。