庭球部

2014.10.28

全日本大学対抗王座決定試合 10月24日 東京・有明テニスの森公園

10連覇へ!全勝で大きな一歩

 1年間の集大成となる全日本大学対抗王座決定試合(王座)が開幕。大学日本一になるべく挑む今大会。初戦は愛知学院大との対戦となった。結果は1本も落とすことなく9-0で完勝。全ての試合をストレートで下し、10連覇に向け上々の立ち上がりを見せた。

先に攻め上がる岡村(左)・梶修組

 ダブルス2は岡村一成(スポ4=岡山操山)・梶修登(政経3=東京・早実)組。このペアでの王座出場は初めてだったが、ともに安定したプレーを披露する。サーブで相手のペースを崩し、6-2、6-1とテンポの良い試合運びで白星を挙げた。ダブルス3の大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)・小堀良太(スポ2=東京・大成)組は第1セットを6-0で奪うも第2セットで苦戦。3-0から3-4と一時追い上げを許したが、再び息の合ったテニスで3ゲームを連取した。ダブルス1も6-2、6-1と快勝。幸先良くシングルスへつないだ。

 シングルスでは松崎勇太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)が健闘した。第1セットは積極的に攻め6-1。しかし第2セットは相手のラリーに押され、一進一退の攻防に。タイブレークに突入した。ここで気迫を見せた松崎勇。5連続ポイントなどでリードを奪うと7-6(2)とし、ストレート勝ちを収めた。シングルス3で出場した栗林聡真(スポ3=大阪・清風)が6-0、6-0で試合を終えるなど、他のシングルス陣も大勝。9-0で準決勝へ駒を進めた。

王座初出場、初勝利の松崎勇

 「例年以上に厳しい試合を何度も経験している」(大城)。関東大学リーグでは紙一重で勝負を制すなど、エース不在による戦力低下は否めない。しかしそれを補うように、いまは部員全員が同じ方向を向いている。翌日の準決勝は関学大との対戦。険しい道のりが予想されるが、全員の力で挑み続けることでおのずと優勝の二文字にたどり着くはずだ。

(記事 細川香衣、写真 細川香衣、松下優)

結果

2回戦

○早大9-0愛知学院大

ダブルス1

○古田陸人・今井慎太郎(6-2、6-1)船橋主・金澤康斗
ダブルス2
○岡村一成・梶修登(6-2、6-1)小池湧也・中西一仁
ダブルス3
○大城光・小堀良太(6-0、6-4)岡本憲明・森下大斗
シングルス1
○岡村一成(6-2、6-1)船橋主
シングルス2
○今井慎太郎(6-0、6-0)金澤康斗
シングルス3
○栗林聡真(6-0、6-0)森下大斗
シングルス4
○大城光(6-1、6-0)山崎大生
シングルス5
○古田陸人(6-1、6-1)岸野光
シングルス6
○松崎勇太郎(6-1、7-6(2))中西一仁

関連特集

王座直前特集『覇者の挑戦』(10/17~10/20)

コメント

大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――きょう1日を終えていかがでしたか

準決勝、決勝と進む中で、初戦の入り方がとても大事だと思っていました。きのうもそれをしっかりと話して、全員でそれを目標に臨みました。もちろん完璧で隙のない状態とまではいきませんでしたが、気持ちはそこに向かえていたと思います。初戦なので硬くなることもあったと思いますが、それを次に生かすことができれば、きょうはしっかりと戦えた1日だったと思います。

――スコアを離して勝利した試合が多くありました。選手に緊張は見られませんでしたか

そうですね。僕自身は、しっかりやっていればという部分はありました。

――あすへ向けての意気込みをお願いします

あした、あさっては本当に厳しい試合になると思います。ラスト2戦で、あした勝たなければ次はありません。このチームでいろいろな困難を乗り越えてきて、例年以上に厳しい試合を何度も経験しているので、その経験を生かしたいと思います。ここで終わりたくありません。ここにきてみんながこのチームで優勝をしたいというふうに思っていると思うので、そこに向けてあした良い試合ができるようにしていきたいと思います。