準硬式野球部

2014.10.19

東京六大学秋季リーグ戦 10月18日 早大東伏見グラウンド

優勝を懸けた大一番で先勝

TEAM
明大
早大

 東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)の最終カードは、ここまで2位の明大との試合。このカードで勝ち点を取ったチームがリーグ戦を制することになる。優勝を懸けたカードの第1戦は、接戦にもつれ込んだ。4回に児玉恵佑(スポ4=長野)の適時打で先制すると、5回にも2点を追加し4点をリードする。河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)が5回まで無失点に抑えたが、7回に2番手の沼座翔平(スポが3=広島なぎさ)が崩れ、同点とされた。8回に向江洋光(人3=大分上野丘)の内野安打で勝ち越すと、これが決勝点に。5-4で勝利を収め、優勝に王手をかけた。

 「ここ最近で一番良い投球ができた」。先発の河合は直球の球威、変化球の制球ともに申し分なかった。5回まで相手打線をわずか2安打無失点に抑える危なげない投球。しかし、6回は先頭打者に死球を与えるなど、制球が乱れ2死満塁のピンチを迎える。7番打者に対し、フルカウントとなった。この局面でバッテリーが選んだのは縦に落ちる変化球。押し出しや暴投のリスクが高い選択だったが、河合は厳しいコースに投げ込んだ。手元で沈むボールに、相手打者のバットは空を切る。6回無失点で、河合はエースとしての責務を果たし、マウンドを救援陣に譲った。7回に同点に追いつかれたが、向江が2回と3分の1を無失点に抑える好救援を見せた。

先発の役割を果たした河合

 勝利への執念が打球に乗り移ったような場面が2回あった。まずは4回の先制の場面。2死一、二塁で打席には児玉が立った。「バットの先だった」と本人が語るように、鋭い当たりではなかったが打球は一塁手の頭の上を越え、右翼線に転がる。これが適時打となり試合の均衡を破った。もう一つは、8回の2死三塁の場面だった。ここまで好救援を見せていた投手の向江の打席。力のない打球が三遊間に転がったが飛んだコースが良く、内野安打となった。この間に三塁走者が本塁へ還り、これが決勝点となった。

8回に決勝の適時打を放った向江

 接戦の強さを見せた早大。この日は投打が上手くかみ合った。投手では河合が復調し、向江が好救援を見せた。打線は少ない好機をものにし、5回には機動力を絡め追加点を挙げた。充実した内容で第1戦に勝利し、悲願の春秋連覇へ大きく前進した。総力を結集し、あしたの第2戦に臨む。

(記事 渡辺新平、写真 河野美樹、河島孝大)

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――きょうの試合を振り返って

本当にナイスゲームでした。

――勝ち点を取れば優勝が決まるカードの初戦でしたが、どのような意気込みで臨みましたか

もう、負けるつもりはなかったので、2連勝するつもりで挑みました。

――4点リードを追い付かれ再び勝ち越すという展開でしたが

明大もいい打線ですので、追いつかれる、点を取られるということは想定内だったので、まあ特に焦らずに試合運びができて、最後はしっかり点を取って勝てたので良かったと思います。

――あす勝てば優勝が決まります。意気込みをお願いします

死ぬ気で勝ちます。

河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)

――きょうは6回無失点で終えました。勝ち星はつきませんでしたが、振り返ってみていかがですか

ここ最近で1番いい投球ができました。リーグ戦(での登板)はもう最後かもしれないので、そのつもりで1回1回を投げていました。

――きょうは直球も変化球もより冴えわたっているように見えました

直球に球威が戻ってきて、変化球も思ったところに投げらました。そして、要所でもしっかりとコーナーに投げられたので、自分の持ち味が出せたかなと思います。

――調子が戻ったきっかけは何ですか

ずっと感覚が掴めていなくて、今までどう投げていたかということが分からなくなって、自分の中で迷走していました。そこでOBの方に「思い切り投げてみたら」と言われて、なるほどと思いました。その一言、二言でコツを掴むことができて、おととい、きのうとブルペンに入って投げてみたら感覚が戻ったので、「ああ、こういうことか」と思って、きょうの試合でも思い切り投げることを意識していました。

――きょうは調子が良かったいにもかかわらず、6回で交代しました。明日の試合でもマウンドに上がることはありますか

明日の先発は違う投手がいくと思います。(登板が)あるなら中盤から終盤、僕の苦手な抑えになるのかなと思います。

――あすはリーグ戦優勝のかかる大事な一戦です

そうですね。あまり優勝のことは意識しないで、明日もきょうと同じように勝つだけです。

向江洋光(人3=大分上野丘)

ーーきょうの試合を振り返って

4点差を追いつかれて結構苦しい展開だったのですが、そういう中で勝ちきれて良かったかなと思います。

ーーご自身の投球についてはいかがですか

きょうは余分な力が抜けてコントロールよく投げられました。

ーーピッチングで心がけたことは何ですか

きょうは沼座(翔平、スポ3=広島なぎさ)が打たれていつも本当に助けられてばかりなので、たまには恩返しではないですけれども(笑)、そういう気持ちで投げました。

ーー8回の適時打を振り返って

詰まったのですけれども、たまたまあのようなラッキーなところに飛んでくれて、ああついているなと思いました。

ーー打席には何か意識されて臨まれましたか

いやー、もう1点取れば勝てるかなと思っていたので、なんとかしてどんな形でもいいから1点と思って、それで結果が出せたので良かったと思います。

ーーあすに向けて意気込みをお願いします

あしたは多分先発なので、また新しい気持ちで優勝をあまり意識しすぎることなく戦えたらいいかなと思います。

児玉恵佑(スポ4=県立長野)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

厳しい試合でした。明治は強いので、試合が始まる前から接戦になるとは思っていました。思っていた通りの試合展開になったというのが率直な感想です。

――4回の先制打を振り返ってみていかがですか

打ったのは外のストレートで、バットの先でした。打席を振り返ってみると、気持ちで打ったのだと思います。

――ご自身のバッティングの調子はいかがですか

アゲアゲです(笑)。

――あしたの試合の意気込みをお聞かせ下さい

優勝が懸かった試合だと変に気負うことなく、やるべきことをしっかりとやりたいと思います。4年生が情けなくて、最近、資格試験とかがあって休部している選手もいるので、後輩たちには4年生として示しがつかなくて申し訳ないと思っています。あしたはベンチに入った4年生の全員の力を合わせて明大に勝てれば良いと思います。