ソフトボール部

2014.10.15

秋季リーグ戦 10月12日 埼玉・早大所沢キャンパスグラウンド

4番・大嶋が満塁弾で圧倒

TEAM
中  大
早  大 × 12
松木、○豊田―山本、吉田、松木―吉野

 ここまで2勝を挙げ、秋季リーグ戦優勝へ突き進むワセダは中大との3戦目に挑んだ。この日目立ったのは前の試合同様に打線の活躍。4番に座る大嶋翼(スポ3=群馬・新島学園)による2本の満塁弾、松木俊皓(スポ2=宮崎・日向)のソロ本塁打など打線が12得点を挙げる。投手陣では松木、吉田尚央(人1=長崎・佐世保西)がそれぞれ3失点しコールド勝ちを逃したものの、何とか逃げ切り12−6の勝利。開幕からの連勝を3に伸ばした。

 今季から4番に座る男の、気概を感じる2打席だった。初回、先頭の貴志奎太朗(スポ3=大阪・関西大倉)の三塁打に四球などでいきなり迎えた無死満塁の好機。打席に立ったのは新4番・大嶋。2ボールからの3球目、高めのライズにすかさず反応し、バットを一閃。振った瞬間にそれと分かる打球。大きく越えた打球は左翼フェンスを越え、先制点を挙げる。その後4点を加え、再び迎えた4回の無死満塁での打席。またも2球目のファーストストライクを確実に捉えると、打球は左翼手頭上を大きく越えるダメ押しの満塁本塁打に。「打てると思ったらしっかり振っていこう」(大嶋)という意識が奏功し、8打点でその役割を見事に果たしてみせた。

満塁本塁打を放ち笑顔で生還する大嶋

 一方、2度の登板で明暗が分かれたのはエース松木。まずは今季初の先発のマウンドで苦杯をなめる結果が訪れた。初回の1死満塁のピンチこそしのいだものの、2回に中大打線に捕まる。2死を奪ってから、巡った上位打線との対戦。立ち上がりから変化球の制球に苦しんだ松木は、カウントを取りにいったライズを狙い打たれ3連打を浴びてしまう。初回から6点の援護を受けた直後のマウンドでの屈辱。しかし、エースの名にかけてこのままでは終われない。救援した3番手の吉田が5回に3失点し、松木は6回から再登板のマウンドを託される。2回の降板後、吉村正監督(昭44教卒=京都・平安)から「打者との間合いを取るように」とのアドバイスを受けると、今度は背に光る『1』にふさわしい好投を披露。緩急を自在に生かし、2回を無安打の好救援で試合を締めた。

2回の登板で課題と収穫の両方を得た松木

 完勝ムードを漂わせながらも投手陣が相手の反撃を許してしまい、守りの面で不安を残した。2週後に控えた最終週の相手は国士舘大、日体大。隙を見せればたちまち大量失点で飲み込まれてしまう、脅威の2校である。カギは3試合で計34得点と好調の打線を軸に主導権を奪い、いかに試合を優位に進められるか。2季ぶりの秋の王者へあと2勝、覇者ワセダが強敵に挑む。

(記事 盛岡信太郎、写真 芦沢仁美、山形真代)

関連記事

先発全員得点!4回コールドでリーグ戦2連勝/秋季リーグ戦(10/14)

大量10得点、初陣を白星で飾る!/秋季リーグ戦(10/01)

コメント

大嶋翼(スポ3=群馬・新島学園)

――今日は2回もの満塁ホームランでしたが、それぞれ打った球種はどのようなものだったのですか

1打席目はインコース高めのライズボールで2打席目は外の低めのライズボールだと思います。

――どちらもファーストストライクで打っていて、迷いがない様子でしたが

満塁でみんなが繋いでくれて、4番を打たしてもらっていて、そこでいかにどう結果を残すかを考えて、打席に立たせてもらっている以上、そこは自分が打てると思ったらしっかり振っていこうという感じで打席に立っていました。

――最近のバッティングの調子はどうですか

まずまずだとは思うんですけど、やっぱり取りこぼしも何個かあるのでそこは徐々に調整していこうかなと思ってます。

――今日の試合を振り返ってどうですか

点を取れる場面でしっかり取れたのは良いのですが、そのあといらないミスで相手に点を許したりしていたので、そこはチーム力がまだまだ全然低いなと感じたので、これからそこはしっかりと仕上げていきたいと思います。

――次戦への目標を教えてください。

日体大、国士舘大なので負けられないと思うので、しっかりとバットで貢献していこうと思います。

貴志奎太朗(スポ3=大阪・関西大倉)

——今季の試合にはどのような気持ちで臨んでいますか

最高学年になって、チームを引っぱって行けるような選手になれるようにと考えています。

——きょうの試合を振り返って、4打席2安打と好調だったご自身の打撃についてはいかがでしょうか

1番を打ったことはあまりなかったのですが、とにかく塁に出ようと思っていました。

——1番として特に意識したことはありますか

初回は特に塁に出ることを考えていて、好球必打で打とうと思っていました。また、チームの流れを作るために、ライナー性の当たりやゴロを打とうと考えていました。

——守備では普段内野を守られていますが、きょうは左翼手として出場されていました

きょねんからいろいろなポジションを練習していました。機会をいただいた時にしっかりと結果を出せるように内野も外野も頑張っていたので、あまり緊張はしませんでした。

——普段からいろいろなポジションを練習なさっているということでしょうか

そうですね。秋、まだチームが始まったばかりで、守備位置が固定されていないので。内野の練習と外野の練習を両方、皆がしています。新しいポジションをやってみようということがチームの方針なので、そのような練習をするようになりました。

——守備位置が変わることで、意識することの違いや難しい点はありましたか

外野は内野に比べるとそんなに目立つようなプレーはないので、失策をしないで堅実に守るということを意識しました。

——次戦ではどのようなプレーがしたいですか

甘い球が来たらどんどん振って、積極的なプレーを見せていきたいです。

松木俊皓(スポ2=宮崎・日向)

――まず投球面を振り返ってみていかがでしょうか

制球が安定せず、ランナーを出してストライクを取りにいった球を打たれてという流れになったので、そこが大きな改善点だと思います。

――きょうの登板に向けて、狙いや目標はありましたか

ドロップをしっかりと投げようと考えていました。さらに言えば、吉村先生(正監督、昭44教卒=京都・平安)から教えていただいたドロップと、ライズでしっかりカウントを取ろうという狙いがあったのですが、ライズが全然決まらなくてそのまま打たれてしまいました。

――ストレートの四球がいくつかありましたが、やはり変化球がうまく投げられなかったことが大きかったのですか

はい、そうですね。

――2回の連打で打たれたのは

ストライクを取りにいった甘いライズをそのまま打たれてしまったという感じです。

――逆に収穫はありましたか

6、7回と再登板して、それまでに先生に投球を見てもらって修正できた部分がありました。バッターとの間合いを取ることであったり、芯を外せと言われたので緩急を使ったら結構抑えることができたので、次の2戦でもそれを意識して投げたいと思います。

――再登板時はその他に変化を加えましたか

捕手も吉野さん(恵輔、人3=福岡・城南)に代わって、比較的投げやすかったですね。1年生の山本(修平、スポ1=大阪・清風南海)にも成長してほしいですね。やはり成長するしかないです!

――打撃に関して、打席に立つのは久しぶりだったと思いますが

そうですね、5ヵ月ぶりくらいです。前のチームのアメリカ遠征前には(打撃では)レギュラーを外されていたので悔しくて。やっと打席に立てたという感じです。本塁打に関しては、打ったのは低めのライズ系の球で、打った瞬間に入ったと思いました。

――打者が多く抜けた中で打撃面での期待も大きいと思います

打撃もですし、自分たちの投球もレベルアップしないといけないと思います。きょねんより他のチームも実力は落ちていると思うのですが、自分たちはきょねんよりもっと抑えないといけないという課題があるので自分たち投手3人で頑張ります。

――国士舘大、日体大と強敵との対戦が控えていますがどのような投球をしたいですか

きょうのような緩急ですね。どうタイミングを外すかというのが重要になってくると思うので、2週間あるので捕手と話し合ってしっかり国士舘大と日体大の打線をどう抑えるか探っていきたいと思います。

豊田誉彦(スポ1=兵庫・滝川)

――きょうの投球内容を振り返って

2回1安打で、自分なりのピッチングはできたと思うんですけど、その1安打が完璧に誰も捕れないようなバントでした。完璧に決められるようなバントをされる球をまだ投げているってことなので、バントをさせないような球をこれからも追求していきたいと思います。

――流れが中大に傾きかけた場面での登板でした

松木さんが打たれましたけど、まだ点差はあったので、いつも通り落ち着いて投げることができました。

――きょうの投球で意識されたことはありますか

できるだけ三振は取りたいなと思っていたんですけど、初めの2人だけでした。でもその後もフライとかを打たせていたので、そこそこの結果は残せたんじゃないかと思います。

――投手陣の中で唯一中大に得点させませんでした

僕も2回しか投げていないので、それが実際7回まで持つかと言われたらまた違った勝負になると思います。今回は2回だけっていうことで思い切ってやれたから無失点でいけたのではないかなと思います。

――コースを突いた投球が印象的でした

バッターの目線を散らすように左右にはしっかり分けて、できるだけ上下の差もつけてバッターを翻弄するようにはしています。

――次戦にむけて意気込みをお願いします

出してもらえるかは分からないですが、出たら、打たれるかもしれないですけど、全力で抑えにかかるだけです。