準硬式野球部

2014.10.09

東京六大学秋季リーグ戦 10月7日 東京・明大府中球場

法大に連勝し優勝へ大きく前進

TEAM
早大
法大

 台風の影響で順延となった東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)。法大との2戦目となるこの日、3時間以上の熱戦を制したのは早大だった。4回、先制点を奪うも5回には相手に得点を許し1-1の同点。6回からは沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)に継投する。7回には沼座自身の中前適時打で追加点。その後、相手の攻撃をピシャリと抑え2-1で試合終了。法大に2連勝し、勝ち点を3とした。

 先発の向江洋光(人3=大分上野丘)は配球を読まれ、立ち上がりから走者に簡単に盗塁を許すなど不安な内容だったが、序盤は要所を締めて得点を許さない。だが、5回には相手に2連続長打を浴びて同点に追いつかれる展開に。試合も中盤に差し掛かり、勝機を呼び込みたい早大は沼座を投入。7、8、9回は走者を一人も許さず、早大のリードを守りきった。

好救援をした沼座

 南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)が「打撃力、得点力が不足している」と振り返るように、得点圏に走者を進めても返せない苦しい展開が続いた。4回に蘆野涼(社1=東京・早実)の適時打で1点を先制する。7回、土屋聡(スポ3=静岡・磐田南)が右前打で出塁すると、次打者も続き満塁に。なんとか得点に結び付けたいこの場面で打席に入ったのは、投手の沼座。「たまたま打てた」と本人が振り返る適時打で、2点目を奪い勝ち越しに成功した。この追加点を守ったまま、試合は終了し、法大を相手に見事2連勝を収めた。

勝ち越しの本塁を踏んだ土屋

 秋のリーグ戦も残すところあと、1カードのみ。相手は明大だ。打撃面での不安材料はあるが、そんな時は守りからリズムをつくる早大らしさで好機をうかがう。「死ぬ気で勝ちます。」(南)というように部員全員が目標に向かって一丸となれば春秋連覇は必ず成し遂げられるだろう。

(記事 山形真代、写真 河島孝大)

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――今日の試合を振り返って

残塁も多い中で、逆にしっかり守備で粘れてカバーし合って、粘り強く勝ちきれたのかな、と思いますね。

――勝ち点を落とした慶應戦の後の法政戦でしたが、チームとしてどのような意識で臨みましたか

慶應戦までは練習が良くなかったのですが、その中で全員が危機感を共有できて、そこで雰囲気が締まった練習ができて、それがこの2連勝につながったかな、と思います

――チャンスを生かせない場面が多かったですが、そのあたりはどうですか。

ちょっと打撃力、得点力が不足しているなと思いましたので、そこはちょっと、今週磨かないといけないなと思います

――継投でリードを守りきることができましたが

それはもう沼座(翔平、スポ3=広島なぎさ)様様ですね。

――明大戦に向けての意気込みをお願いします

死ぬ気で勝ちます。

沼座翔平(スポ3=広島・広島なぎさ)

――今日の投球を振り返って

今日の試合は結構、向江(洋光、人3=大分上野丘)が頑張って投げていたのですが、チャンスで変わったのに点が取りきれていなくて、なかなか流れ的には難しいものだったかな、と思います。

――適時打を放った7回の打席に入る時の気持ちを教えてください

デッドボールでも良いので、満塁だったので1点入ればいいかなと思って入ったら、運よくたまたま打ててよかったです。

――2番手としてマウンドに上がる前の心境はどうでしたか

なるべく来ないでくれ、と思っていました。

――次戦への意気込みをお願いします。

いつでも行けるように、できれば河合さん(亮太、スポ4=茨城・茗溪学園)、向江に完封してもらいたいのですが、なるべくいつでも行けるように準備して、しっかり優勝したいと思います。