準硬式野球部

2014.10.05

東京六大学秋季リーグ戦 10月4日 東京・昭島市民球場 

粘りの野球でサヨナラ勝ち

TEAM 10 11
法大
早大 1×

 粘り強い早大野球が返ってきた。前の試合で慶大に敗れ、今シーズン初めて勝ち点を逃した早大。特に大事な場面でのミスが敗戦につながった。東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)優勝へ、ここは確実に勝ち点を積み重ねたいところ。その大事な試合で投打が見事に機能した。2回に矢野匠(社1=東京・早実)の適時打で先制すると、先発の河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)が8回まで無失点の好投を見せる。9回に同点に追いつかれたものの、延長11回に好機で高橋崚介(人1=秋田・横手)が適時打。少ない好機をものにし、今季2度目のサヨナラ勝ちを決めた。

 エースが貫録のピッチングを見せた。先発の河合は伸びのある直球を中心に相手打線を次々に打ち取っていく。内と外を丁寧に投げ分けるコントロールも冴えわたり、8回まで4安打無失点。相手に付け入る隙さえ与えなかった。しかし、「詰めが甘かった」(河合)と、最終回に連打を浴び、まさかの2失点。同点に追いつかれ、完投勝利目前でマウンドを降りた。ここで急遽登板したのは、沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)。流れの悪い場面ながら、後続をピシャリと抑え、ピンチを救った。その後も沼座は安定した投球を見せ、チームに勝利を引き寄せた。

9回に同点とされ、悔しがる河合(右)と捕手・松下和樹(先理3=静岡・掛川西)(左)

 少ない好機で確実に得点を重ねた。2回、安打と四死球で二死満塁の好機をつくると、矢野が適時打を放ち、幸先よく2点を先制。しかし、その後は相手投手陣に抑え込まれ、凡打の山を築かれる。3回以降は、4安打と寂しい展開。ほとんど好機をつくれずに、勝負を決定づける機会を逸してしまった。それでも同点で迎えた11回、先頭打者が四球で出塁すると、待ちに待った好機がようやく訪れる。一死二塁の場面で打席には、代打・高橋。追い込まれながらも、思い切り振った打球は三塁線を抜け、一気に二塁走者が生還。早大は、矢野・高橋の1年生コンビの見事な活躍で、今季2度目のサヨナラ勝ちを決めた。

延長11回にサヨナラの適時打を放つ高橋

 投打ともに自らの役割をしっかりと果したこの試合。河合・沼座両投手は、たとえピンチの場面でも自分の投球を見せ、試合の流れをつくった。打撃陣も、なかなか好機をつくることはできなかったものの、試合のポイントで確実に得点を稼ぎ、勝利を手繰り寄せた。ここからリーグ戦の優勝争いも佳境を迎える。この試合のように、接戦をものにする粘り強さは欠かせない。これからも早大らしい粘りの野球で優勝へ突き進む。

(記事、杉田陵也 写真、河島孝大)

コメント

河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)

――きょうの投球を振り返って

やっぱり、8回までは良かったので、9回がなければって思いますね。あそこをゼロで抑えられれば良かったかなって感じですね。

――同点に追いつかれた9回は勝ちを意識してしまいましたか

きょう、もし達成できれば今季初の完封だったんで。よし、という気の緩みが2点につながったのかなと思いますね。

――前の試合の後、制球に課題が残ったと言っていましたが、きょうはその点はいかがでしたか

8回までは本当に良かったんで。外す球はしっかり外して、インコースもしっかり投げ切ることができたので、制球は良かったんですけど、やっぱり9回で先頭に追い込んでから、直球が真ん中に入ってしまったので。そこは詰めが甘かったのかなと思います。でも前回よりは、制球の面は修正できたかなと思います。

――前の試合から2週間空いたことは、きょうの投球に影響しましたか

やっと夏の疲れが取れました。それで、この秋リーグの中で一番いいピッチングができたと思うんで。良かったと思いますね、8回までは。

――いいピッチングができた一番の要因は疲れが取れたことでしょうか

学校が始まって、毎日練習じゃなくなって、部活とリラックスする時間のバランスがちょうど良くなったからですかね。やっぱり毎日部活だと、さすがに体の疲れがどんどんたまって、試合でもだるさが目立ってしまうので。でも今は練習が週4日になって、リラックスできる時間が増えたので。それがきょうのピッチングにつながったのかな、と思いますね。

――次の試合への意気込みをお願いします

次は最後の試合なので。最後くらいは完封して、いいかたちで4年間を終えられればいいなと思います。

高橋崚介(人1=秋田・横手)

――今日の試合を振り返って

最初に早い段階で点数を取って、このまま河合さん(亮太・スポ4=茨城・茗溪学園)も調子が良かったので、このまま勝てるのかなと思っていたのですが、9回に突然打たれてしまい、驚きました。

――一打サヨナラの場面で打席が回ってきましたが、ベンチから指示などはありましたか

そこまですごい投手ではないから、しっかり来た球を打っていこうと言われました。

――打った瞬間は当たりそこないのような打球でしたが。

そうですね、打った瞬間はサードゴロだと思いました。でも、結果的に抜けてくれたので良かったです。

――次の試合に向けて一言お願いします

絶対に負けられないので、自分が出されたら一球一球に集中していきたいなと思います。