野球部

2014.10.05

秋季リーグ戦 10月4日 神宮球場

エース加藤拓が気迫の完投、法大に快勝/法大1回戦

法大1回戦
法大
慶大 ×
(慶)加藤拓-小笠原
◇(二塁打)藤本知、加藤拓

 前節の立大戦に連敗し、優勝するためにはもう一戦も落とせない状況に追い込まれた慶大。いま一度チーム力が問われる状況の中、春季リーグ戦覇者としての意地を見せるべき時がやってきた。迎えた法大との初戦。打線は2回に集中打を浴びせて3点を先制、5回にも追加点を挙げた。投げては先発の加藤拓也(2年)が7回まで無失点と貫録の投球を披露する。8回に法大に2点を返されるも、反撃を食い止めてそのまま完投。4-2で法大を下した。

 法大のエース石田健大に、本来の調子を取り戻した慶大打線が早々に襲い掛かった。2回、1死から藤本知輝(4年)が打ち上げた飛球は右前に落ちる二塁打となり、好機を演出すると、続く竹内惇(4年)もすかさず右前適時打を放ち、先制。その後、相手の失策などで走者を進め、2死一、二塁の場面で打席には9番・加藤拓。3球目を捉えた当たりは左中間へ。フェンス直撃の2点適時打で、自らのバットで追加点を挙げた。5回にも2死一、二塁から3番・谷田成吾(3年)が4点目となる右前適時打を放ち、相手を突き放し、試合の主導権は慶大がつかんだまま離さなかった。

先制打を放った竹内惇

 エースにとって、4点は十分すぎる援護だった。先発のマウンドを任されたのは加藤拓。きょうは威力ある直球の制球が安定していた。7回までわずか2安打で無失点、相手に二塁すら踏ませない完璧な投球を続ける。しかし、8回に法大の先頭打者・金子凌也に右越え本塁打を浴びると、それまでの好調ぶりとは一転、3連打を浴びて2点目を失う。9回にも2死一、二塁と、長打が出れば同点という場面を迎えた。重圧のかかるこの場面。しかしここでエースは気迫を失わなかった。2ストライクに追い込んだバッテリーの選択は、最も自信を持つ直球。加藤拓の147キロの速球が見事に外角いっぱいに決まり、主審がこぶしを突き出す。一塁側スタンドに沸き起こる歓声とともに、この試合に終止符が打たれた。

今季初完投の加藤拓

 加藤拓の9回123球の熱投、そして打線の集中打と、慶大の実力が大いに発揮された試合となった。だが、リードして試合終盤を迎えても、最後まで油断はできないということを体現するような場面も見られた。目標である春秋連覇を達成するためには、試合を通してさらに隙のない野球をつくり上げていくことが不可欠だ。あす以降勝ち続けなければいけない状況に変わりはないが、王者はしたたかに、突き進んでゆく。

(記事 高橋豪、写真 上田密華、河野美樹)