バレーボール部

2014.10.02

秋季関東大学リーグ戦 9月28日 神奈川・日体大健志台キャンパス米本記念体育館

フルセットのカベ越えられず、5位に陥落

 どうしても勝てない。あと1点が取れなかった。東海大との試合は、1セットずつを取り合い二日連続でフルセットへと突入。先に東海大にマッチポイントを握られるも食らいつき、ジュースに持ち込む。しかしその粘りもむなしく、セットカウント2-3(23-25、25-16、22-25、25-20、15-17)で敗戦。これで悪夢の3連敗。秋季関東大学リーグ戦2連覇への希望はほぼ失われてしまった。

 第4セットまでは1セットずつを取り合い、試合は進んだ。結果だけを見れば僅差の好ゲームだったように思える。だが、取ったセットと落としたセットでは内容が違った。ワセダが勝ち取った第2、4セットは序盤で連続ポイントを奪い東海大を突き放し、一度もリードを許さなかった。第2セットは山口頌平(スポ2=長崎・大村工)がサーブで活躍。相手レシーブを崩し、センターや両サイドを巧みに使った攻撃で7連続ポイントを挙げ、9点のリードで終える。第4セットは相手のミスにも助けられ、危なげなく取り、フルセットへと持ち込んだ。

好サーブで流れを引き寄せた山口

 一方で、ワセダが落としたセットに共通して言えることがある。中盤までは競りながらも終盤に逆転を許してしまったということだ。第1セットは濱松啓陽(スポ4=佐賀商)のサーブが冴え、ワセダが23-21と2点をリードしたまま終盤を迎える。しかし、喜入祥充(スポ1=大阪・大塚)のサーブミスを機に痛恨の4連続失点でこのセットを落としてしまう。第3セットはシーソーゲームの状態が続いたが、栗山英之(東海大)にクイックを決められると、3連続失点。ワセダはその後追い上げることができず、東海大に逃げ切られた。

1枚で相手を止める喜入

 そして試合は連日のフルセットに。「(フルセットへの)苦手意識は特にない」と福山汰一(スポ3=熊本・鎮西)は語るが、今リーグ戦でのフルセット時の成績は2戦2敗と、得意ではないのは明らかだ。一進一退の攻防が続き、互いに1点ずつを取り合っていく。先にマッチポイントを握ったのは東海大。ここでワセダはタイムアウトを要求し、間を取る。再開後、喜入がスパイクを決めジュースに持ち込む。必死に食らいつき同点にはするが、「大事な場面での1点が取れない」と山口も語るように、そこからの1点が遠い。前日の明大戦同様、ワセダが先にマッチポイントを握ることはできなかった。15-16の場面で専田和也主将(スポ4=神奈川・弥栄)がバックアタックを試みるも、東海大のブロックにつかまり試合終了。三度目の正直ならず。これで3連敗となり、順位も5位まで下がってしまった。

 2戦連続でフルセットのジュースという接戦を演じながら勝てないもどかしさ、悔しさは選手たち自身が一番理解しているに違いない。接戦の中でどれだけ自分たちのバレーを貫いていけるか。理想はストレートでの勝利だが、実力が拮抗(きっこう)しているこの関東1部リーグでストレート勝ちを収めるのはそうたやすいことではないだろう。フルセットでまず一勝をつかめば、気持ちの面でも余裕が持てるかもしれない。「しっかり気持ちを強く持って勝ちに行きたい」(山口)。残り2戦、全力で白星をつかみに行く。

(記事、写真 谷口武)

セットカウント
早大 23-25
25-16
22-25
25-20
15-17

東海大
スタメン
レフト 専田和也(スポ4=神奈川・弥栄)
レフト 喜入祥充(スポ1=大阪・大塚)
センター 濱松啓陽(スポ4=佐賀商)
センター 福山汰一(スポ3=熊本・鎮西)
ライト 山﨑貴矢(スポ1=愛知・星城)
セッター 山口頌平(スポ2=長崎・大村工)
リベロ 後藤光明(社2=東京・早実)
関連記事

痛恨の3敗目、2連覇の夢遠のく/秋季関東大学リーグ戦(9/30)

首位攻防戦で中大に敗れ、優勝争いから後退/秋季関東大学リーグ戦(9/23)

慶大に快勝!秋季リーグ戦2連覇も射程圏内に/秋季関東大学リーグ戦(9/21)

コメント

福山汰一(スポ3=熊本・鎮西)

――きのうに続いてのフルセットでの敗戦となってしまいましたが、試合はいかがでしたか

ことしの春から2点差のゲームがずっと取れなかったので、秋はそこを取ろうとなったのですけれど、結局きょうも勝てなかったので、まだ個人個人のミスの多さを修正していかないことにはこの先厳しいかなと思います。

――フルセットへの苦手意識などはあるのでしょうか

いや、苦手意識とかはないですけれど、結構みんなコート内慌ててしまうので、それでミスが出ている感じですね。

――終盤ライトからスパイクを決められる場面が目立ちましたが、ブロックなどに関してはどう対処しようとお考えでしたか

東海大のライトはサウスポーで、あの速さでストレートに打つのが得意な選手だったので一枚でストレートを抑えてもらってマンツーマンのかたちでやっていました。でも最後クロスにも打ち出してきて、レシーブが上がらなかったのがうまくいかなかったです。

――先程おっしゃってくれたように接戦を拾えませんでしたが、今後どのように対策していきたいですか

終盤になればなるほどファーストブレイクが大事になってくると思うので、もっとサーブレシーブの精度を上げられるように練習していきたいと思います。

――残り2戦への意気込みをお願いします

きょう中大も負けて東海大が首位になって、うちは3位4位あたりになってしまうと思いますが、残りはしっかり勝って、ほかのところがどうにか下がってくれることを期待しつつ頑張りたいと思います。

山口頌平(スポ2=長崎・大村工)

――前日同様のフルセットの試合を落としてしまいました

そうですね。きょう勝っていれば優勝の可能性はまだ残っていたのですが、負けてしまって・・・。きのうもきょうもフルセットのジュースで、最後大事な1点が取れないというのが、いまの実力だなと思います。

――フルセットへの苦手意識などはあるのでしょうか

試合しているときはもちろん勝つ気しかしていないですけれど、フルセットの試合をこの秋季リーグでものにできていないので、やはり大事な場面での1点が取れないのがまだ勝てない理由かなと思います。

――僅差のゲームを勝ち取るためにセッターとしてどのような対策をしていきたいですか

センター攻撃をやっていくというのは変わらないので大事な場面でもセンターを信用していきたいです。実際きょうは喜入(祥充、スポ1=大阪・大塚)も頑張っていましたし、実際どこに上げても大丈夫だし信頼できていますが、やはりエースで主将の専田(和也、スポ4=神奈川・弥栄)さんには頼ります。

――フローターサーブで相手レシーブを崩せていましたが、サーブの出来などはいかがでしたか

相手のレフトの選手を狙っていこうということをミーティングで話し合ったので、まあよく狙っていけたかなと思います。

――残り2戦となりましたが、どのような戦いをしていきたいですか

優勝はきょうの一敗でまた遠のいてしまいましたが、しっかり気持ちを強く持って勝ちに行きたいと思います。