野球部

2014.09.28

秋季リーグ戦 9月27日 神宮球場

エースが乱調、立大に敗戦/立大1回戦

立大1回戦
慶大
立大 ×
(慶)●加藤拓、佐伯、亀井-小笠原

(本塁打)山本泰2号ソロ

 第1週の東大戦を連勝で飾り、流れに乗りたい慶大。その前に立ちはだかったのは、春季リーグ戦で唯一負け越した苦手の立大だった。先発の加藤拓也(2年)は制球が安定せず失点を重ねる苦しい展開に。一方の打線は立大のエース澤田圭佑の前に、走者を出すものの得点につなげることができない。6回に山本泰寛(3年)にランニング本塁打が飛び出したが、反撃もその1点のみ。慶大は最後まで流れをつかむことができず、1−4で敗れた。

 先発は開幕戦で7回無失点の好投を見せたエースの加藤拓。しかし、きょうはボール先行の投球が目立つ。初回と3回に、四球での走者を塁に置いた場面で、いずれも立大の4番・岡部通織に適時二塁打を許してしまう。立ち上がりからの悪い流れを断ち切ることができず、4回には本塁打を浴びるなど本来の安定感を欠き、5回4失点で降板。制球に苦しむ中で直球を狙い打たれたエースの投球に課題が残った。

適時打を浴び、加藤拓は肩を落とした

 最後まで相手エースを打ち崩せなかった。打線は序盤から澤田圭の140キロ台の速球と100キロ前後の遅球を織り交ぜた多彩な投球に翻弄(ほんろう)されてしまう。しかし6回、2番・山本泰が放った左翼への大きな当たりはフェンスに直撃。跳ね返った打球が左中間を転々とする間に打者走者が本塁に生還。幸運なかたちでのランニング本塁打で1点を返した。反撃ののろしをあげたかのように思われたが、その後は単打で出した走者を返せないもどかしい展開が続く。立大を上回る8安打を放つものの、得点は1点のみと拙攻に泣いた。

ランニング本塁打を放った山本泰

 勝負強さを見せた立大と、好機を物にできなかった慶大。明暗がはっきり分かれるかたちとなった。春夏連覇に向けて、また昨季成し遂げられなかった完全優勝に向けて、あすは絶対に負けられない一戦となる。きょうの試合では投打に不安を残す結果となったが、ここで簡単に勝ち点を落とすわけにはいかない。一方の立大も春に慶大の完全優勝を阻止した意地と誇りを胸に全力でぶつかってくることだろう。陸の王者が今秋の完全優勝を懸けて最大のヤマ場に挑む。

(記事 吉田勇輝、写真 角田望)