準硬式野球部

2014.09.22

東京六大学秋季リーグ戦 9月22日 早大東伏見グラウンド

慶大に連敗 勝ち点を逃す

TEAM
慶大
早大

 まさかの敗退から一夜明け、早大は再びライバル・慶大と対戦した。なんとしてもこの試合に勝ち、春・秋リーグ戦連覇へ向けて弾みをつけたい早大。しかし初回、守備陣の失策が絡んで2点を失い、いきなり出鼻をくじかれる。攻撃陣も相手投手のキレのある変化球を前に凡打と三振の山を築かれた。8回に連打でようやく2点を還すも反撃はここまで。2-4で慶大を相手に2連敗を喫し、早大は今シーズン初めて勝ち点を失う形となった。

 要所で守備の脆さが露呈した。早大は中1日でエース・河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)が先発。初回、三塁手の手前でイレギュラーをしたアンラッキーな二塁打を皮切りに、1死二、三塁のピンチを招く。続く打者に凡打を打たせながらも、遊撃手・矢野匠(社学1=東京・早実)が痛恨の暴投。この回いきなり2点を失った。「フォアボールとデッドボールがちょっと多かった」(河合)と、毎回のように走者を背負いながらも、要所で踏ん張りを見せ、河合は7回3失点でマウンドを降りた。続く8回1死三塁、走者を刺しにいったプレーで、利光健作(法1=東京・早実)が暴投。またしても大事な場面で守備に正確さを欠き、重い1点を相手に与えてしまった。

ピンチの場面でマウンドに集まる早大内野陣

 守備での悪い流れは止められなかった。慶大の先発・中場海和人(4年)の大きく落ちる変化球に早大打線のバットが空を切る。早大は7回まで3安打と、ほぼ完璧なまでに抑えられた。反撃に転じたのは8回。連打で無死一、三塁の好機をつくると、鈴木夏亥(社学1=東京・早実)が中前適時打を放ち、ようやく1点を返した。その後、内野ゴロの間にもう1点を追加し2点差まで詰め寄ったものの、時すでに遅し。9回、南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)が代打に立つなど攻勢を仕掛けるも、好機をつくれずに終わってしまった。

7回2死三塁の好機で三振に倒れた矢野

 今シーズン初めて勝ち点を失った早大。大事な場面での失策が続いたこの試合に、櫻井学生コーチも「普段やっている守備練習がいかに甘くやっているかということが出た」と肩を落とした。しかし、東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)はまだまだ続く。今回の敗戦によって、勝ち続けてきたからこそ見られなかった自分たちの弱さを認識することができた。この弱点を克服し、再び新たな気持ちでリーグ戦に臨んでもらいたい。春・秋連覇を目指して――。一皮むけた早大ナインの大進撃が再び始まる。

(記事 杉田陵也、写真 河島孝大)

コメント

櫻井雄祐学生コーチ(人4=神奈川・桐蔭学園)

――きょうの結果をどのように受け止めていますか

何人かスタメンの選手がいない中で、層の厚さを見せられればと思ったのですが、弱い部分が多かったです。ヒットエンドランのミスなどの初歩的なミスで純粋に力負けしたのかなと思っています。

――どのようなプランを考えていましたか

無死一塁で普通であれば犠打をする場面でも、ヒットエンドランであったりとか、強打だったりとかを慶大戦では仕掛けていこうとしました。一戦目からずっとそう言っていて、それが理想のプランだったのですが、あまり出塁することもなく、やるせない試合になったかなと思います。

――スタメンの選手を欠いていた事情は

ケガが多くて。でも二・三番手の選手に関しても自信を持って送り出しているので、そこは心配していなかったです。

――積極的に代打を出していましたが、勝負に出たということでしょうか

そうですね。

――守備面については

慶大戦は本当に初歩的なミスが多くて、普段やっている守備練習がいかに甘くやっているかということが出たのかなと思います。次戦の法大戦までは(日程が)空くので、厳しい守備練習をして、質もこだわってやっていきたいなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

一週空くし、一回でも負けたら優勝はないと思うので、質を求めることに加えて精神的な強さも高められるよう練習して行きたいと思います。

河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)

――きょうの投球を振り返って

そうですね、きょうは調子は良かったので、自分的には満足ですね。内野に少し足を引っ張られましたけど、ぼくは満足しています。

――守備のミスで苦しい場面を度々迎えました

きのうも守備のミスから失点して、きょうも守備のミスで失点して。責める相手は、1年生や後輩なので、かわいそうな気もするんですが。やっぱりそういった場面で守備のミスをしない力を付けないと、なかなか勝ことは難しいと思うので。来年以降は、後輩たちにも、もっと頑張ってもらって、投手を助けられるような守備をしてくれればいいかな、と思います。

――調子が良かったというのは具体的にはどのような点ですか

球も走っていましたし、ぼくの持ち味である直球で打者を押せたことが、良かったと思います。

――きょうの投球で課題は残りましたか

そうですね、フォアボールとデッドボールがちょっと多かったので。細かいコントロール、外と内の投げ分けとかをしっかりするコントロールの部分をもう少し修正していければいいかな、と思います。

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

次負けると優勝の可能性が消えるかもしれないので、残る試合は4連勝できるように頑張りたいと思います。