準硬式野球部

2014.09.21

9月20日 東京六大学秋季リーグ戦 東京・立川球場

守りの野球が終盤に逆転呼び込む

TEAM
慶大
早大 ×

 東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)も中盤に入った。開幕から4連勝と波に乗る早大は、この日慶大と対戦した。2回に先制するも、3回に先発の河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)が集中打を浴び4失点で降板。その後は2番手の沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)がテンポの良い投球でリズムをつくると、8回に相手投手の乱調に乗じて4得点。9回は向江洋光(人3=大分上野丘)が締めて、開幕からの連勝を5に伸ばした。

  沼座の投球が流れを引き寄せた。先発はエースの河合。立ち上がりの1回、2回は、三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。だが先制点をもらった直後の3回に突如乱れた。先頭打者にこの日の初安打を許した後、暴投も重なり1死三塁のピンチを招くと、そこから5連打を浴びて4失点を喫した。嫌な流れを断ち切りたい早大ベンチは早々に河合から中継ぎの沼座にスイッチすることを選択。2死一、三塁の場面でマウンドに上がった沼座は冷静に相手打者をゴロに打ち取り、この回を凌ぐ。南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)が「沼座の頑張りが終盤の攻撃につながった」と振り返るように、その後も沼座はキレのある直球と変化球を織り交ぜながら慶大打線を手玉に取り、8回まで安打を1本も許さない快投を続けた。9回は向江がきっちりと3人で抑えた。

好投で流れを引き寄せた沼座

 テンポの良い守りが、終盤の逆転を呼び込んだ。2回、2死二、三塁から松下和樹(先理3=静岡・掛川西)が中前適時打を放ち、先制に成功する。3回に4点を奪われ逆転されてからは、なかなか攻撃がかみ合わなかったが、守りでつくった良いテンポが終盤に生きた。2点リードされて迎えた8回、1死から平田祥太郎(基理3=大分上野丘)が左前打で出塁すると、後続が連続四球でつなぎ1死満塁。ここから死球、暴投と相手投手が乱れ同点とすると、その後も内野手の失策も重なり勝ち越しに成功した。

8回に左前打を放つ平田

 早大の強みは、なんと言っても投手力だ。誰かが崩れても、それを他の投手がカバーし、試合を組み立て直すことができる。この秋は、春のリーグ戦と比べても、継投策が成功している。守りでリズムをつくる野球で、早大は勝利を積み重ねていく。

(記事、写真 河島孝大)

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――今日の試合を振り返って

苦しい試合でしたが、終盤になってもぼくらは動じずにプレーできたのが勝ちにつながったのかな、と思います。

――きょうはリードをされて追いかける展開となりました

きょうはチームのエースである河合(亮太、スポ4=茨城・茗溪学園)が打たれたので仕方がないかな、というか、連打で打たれて取られた点数だったので。ミスで取られたわけではなかったので、切り替えはしやすかったかな、と思います。それで、そこから切り替えてしっかり終盤に集中できたかな、と思います。

――4点を取られてからは、非常にいいリズムで試合を運べていましたが

それは、やはり沼座(翔平、スポ3=広島なぎさ)のおかげじゃないかな、と思います。沼座の頑張りが終盤の攻撃にもつながったと思います。

――明日への意気込みをお願いします

立教戦からやっている、考えて工夫して終盤に勝ち越す、という試合をリーグ戦では続けていきたいな、と思っています。