柔道部

2014.09.17

全日本ジュニア体重別選手権 9月14日 埼玉県立武道館

強敵相手に無念の敗退

 15~20歳の実力者が集い、ジュニア日本一を決する今大会。ワセダからは6月に開催された東京都ジュニア体重別選手権を勝ち抜いた2名が出場した。ベスト4進出を目標に臨んだ男子100キロ級の圓山泰雄(社2=島根・作陽)は、1回戦で龍谷大の選手と対戦。試合の序盤に指導2を奪うと、その後も相手の猛攻をしのぎ優勢勝ちを決めた。しかし、続く2回戦ではことしの全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で準優勝を果たした強敵と激突。思うように攻撃を仕掛けることができず、逆に相手に攻め込まれるかたちとなり指導4で反則負け。「山場だと思っていた試合だったが、消極的な負け方をしてしまった」と悔しさをにじませた。また、女子78kg級に出場した小林真実子(社2=埼玉・常盤)も、1回戦で合わせ技による一本負け。ワセダ勢の上位進出はならなかった。

相手と組み合う圓山(左)

(記事、写真 山本葵)

結果

▽男子

100キロ級1回戦

○圓山-北山(龍谷大学)

100キロ級2回戦

圓山-○村田(東海大学付属浦安高校)

▽女子

78キロ級1回戦

小林-○中村(東大阪大学敬愛高校)

コメント

圓山泰雄(社2=島根・作陽)

――今大会での目標は

自分の中ではベスト4に入りたいという思いがありましたが、2回戦で負けてしまいました。しかも指導4という負け方で、内容もあまり良くなかったです。練習が必要だなと感じました。

――今回対戦した選手との対戦経験はありましたか

対戦したことはありませんでしたが、名前は知っていました。全日本ジュニアなので、強い選手ばかり出場しています。1回戦の相手にはなんとか勝ちましたが、2回戦の相手はことしのインターハイで準優勝している選手で。山場だと思っていた試合でしたが、消極的な負け方をしてしまって悔しかったです。

――1回戦では相手が攻めてきましたね

自分が先に指導2を取ったのですが、その時から相手がガツガツくるのはわかっていたので。指導を取ってからラスト1分半くらい時間がありましたが、なんとか(相手の攻撃を)しのいで、ぎりぎり勝てたという感じでした。

――2回戦は反則負けでしたが、相手に攻め込まれたかたちだったのでしょうか

そうですね。相手が攻めてきたというのもありますが、自分から攻めることができなかったというのが一番大きかったと思います。

――2週間後には全日本学生体重別選手権が控えています。今大会で得た改善点があれば教えてください

体力的な面の向上と、先に攻めて攻撃する力を身に付けることが重要な課題です。この2点を練習で培っていきたいと思います。