バレーボール部

2014.09.15

秋季関東大学2部リーグ戦 9月14日 東京・日大八幡山総合体育館

終盤苦戦も、貫録のストレート勝ち

 きのう、見事な逆転劇を演じたワセダ。この日も、格下の都留文科大が相手だったが、黒木麻衣主将(スポ4=大阪国際滝井)も「練習の初めからしっかりアップして集中した」と語るように、より一層気を引き締めて臨んだ。その言葉通り第1、2セットは猛攻を仕掛け大量点差で取る。第3セットの序盤こそミスなどにより追う展開となるが、中盤からは再びワセダペースで試合を運び、セットカウント3-0(25-8、25-14、25-17)でなんとかストレート勝ちを収めた。

 第1セット、選手たちがそれぞれの持ち味を発揮した。唐木沙彩(スポ3=千葉・柏井)と黒木が好サーブを連発。また、前日とは一転してレシーブも光った。リベロの中川知香(スポ1=神奈川・橘)が難しいボールも拾い、セッターの黒木がトスを上げる。つないだボールを加納茉未(社2=北海道・札幌大谷)や唐木がしっかりと決める、必勝パターンを確立。最後は平山璃菜(スポ2=東京・文京学院大女)がブロックを決め、第1セットを先取した。続く第2セットも試合の流れはワセダがつかんだ。第1セットではレフトにボールを集めることが多かったが、今度は黒木が多彩なトス回しで相手を手玉に取った。反撃の余地も与えず、2セットともに優位に試合を進めた。

好レシーブを見せた中川知

 第3セット序盤はそれまでと一転して思わぬ苦戦を強いられる。「少し勝ち急いだ部分もチーム全体としてあった」(黒木)。連携ミスなどが生じ、リードを許す展開に。しかし、「目の前の1点に集中してやっていこう」(黒木)と本来の自分たちを取り戻し、立て直しに成功。佐藤夢菜(文2=埼玉・狭山ヶ丘)が勢いのあるジャンプサーブでサービスエースを2連続で決めると、他のサーバー達も本来の勢いを取り戻す。終盤は加納と平山の2年生コンビを中心に攻め、終わってみればこのセットも25-17と8点リードで締めた。

高さを生かした加納のスパイク

 いまのワセダの強みは課題を早い段階で修正できるところにある。来週も下位チームとの試合が続くが、強豪と戦う上で悪い部分はいまのうちに全て出し切ってしまいたい。セット率の関係上現在3位ではあるものの、1部昇格は十分に狙える位置につけている。あとは目標に向かって、目の前の1点にこだわり、自分たちのバレーを続けていくだけだ。

(記事、写真 谷口武)

セットカウント
早大 25-8
25-14
25-17

都留文科大
スタメン
レフト 唐木沙彩(スポ3=千葉・柏井)
  レフト 加納茉未(社2=北海道・札幌大谷)
  センター 関根早由合(スポ3=神奈川・橘)
  センター 佐藤夢菜(文2=埼玉・狭山ヶ丘)
   ライト 平山璃菜(スポ2=東京・文京学院大女)
セッター 黒木麻衣(スポ4=大阪国際滝井)
  リベロ 中川知香(スポ1=神奈川・橘)
コメント

黒木麻衣主将(スポ4=大阪国際滝井)

――きのうと異なり出だしの良い試合となりましたが、どのような心掛けをしましたか

力的にもきょうの相手は出だしから攻めていって、相手の力を出させないようにゲーム展開できる相手でしたが、きのうのことがあったので練習の初めからしっかりアップして集中しました。1点目から自分たちのバレーができるような心掛けをしようとして、試合に入りました。

――レシーブもきのうに比べ、安定していました

そうですね。きょうはブロックがよくて、ブロックがあそこまで絞れるとレシーブできる力はついてきています。でも、きのうみたいにかき回されてしまった時に自分たちは崩れる一方になってしまうので、修正していければと思います。

――第3セット崩れてしまった要因はどういった部分になりますか

第3セットはラスト1セットということもあり少し勝ち急いだ部分もチーム全体としてあったかなと思いました。でも先のことを考えてプレーが粗くなるのではなく、目の前の1点に集中してやっていこうということで立て直せたかなと思います。

――開幕2連勝となりましたが、次戦以降への意気込みをお願いします

まず2勝できたのはよかったですが、まだまだ一人一人の良いところは出ていないと思うのでチーム力も個人的な技術も含め、もっともっと(レベルの)高いバレーをできるように、来週からの試合も練習も頑張りたいと思います