ハンドボール部

2014.09.15

関東学生秋季リーグ 9月13日 東京・早大東伏見スポーツホール

苦しい前半を乗り越え5連勝

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)も後半戦に突入。この日対戦した国士舘大は今季、関東学生春季リーグの上位校を破るなど、いま乗りに乗っているチームだ。その勢いに押されたのか、早大は得点を挙げることができない。逆に強引な一発を決められるなどして失点。早大が劣勢のままビハインドで試合を折り返した。しかし、後半は立て直しに成功する。開始直後からの連続得点で一気に突き放し、26-17で試合終了。無傷の5連勝を飾った。

ドリブルで相手を抜き去る玉城主将

 なかなかエンジンがかからない。序盤から幾度となくシュートを浴びせたが、枠を外してしまった早大。その中でも、太田翔(スポ3=北海道・札幌月寒)がルーズボールへの素早い反応を見せ、瞬時に東江雄斗(スポ3=沖縄・興南)への速攻につなげるなど、地道に点を重ねていく。一方で、国士舘大の強気のアタックを防ぎきることができず、終始ペースを握られて試合は進んだ。何とか食らいつき、スコアは10-11。点差は『1』ながら、早大は今季初めて追いかける立場で前半を終えた。

 切り替えが求められた後半。それでも「不安はありませんでした」と玉城慶也主将(スポ4=沖縄・興南)は冷静にチームの状態を分析していた。前半で散見された簡単なミスも少なくなり、早大が主導権を奪い返すことに成功。中野裕通(スポ3=兵庫・神戸国際大付)の好セーブも光り、失点を最小限に抑えていく。ディフェンスから良い流れがつくり出されると、オフェンスも活性化する。桐生正崇(人3=群馬・富岡)が豪快にゴールネットを揺らすと、それ皮切りに7連続得点。相手もたまらずタイムアウトを取ったが、流れは依然として早大に。最後まで攻撃の手を緩めず、後半は16-6と圧倒。9点差での白星をもぎ取った。

桐生もディフェンスの隙を見逃さず得点を量産した

 簡単なシュートミスから、試合の立ち上がりに流れをつかめないことが得られた課題か。その陰に隠れはしたものの、今季最少失点にも抑えることができたこの試合。「ディフェンスは全く問題ないので、あとはオフェンスです」(玉城)。秋季リーグは早大が5戦5勝で、他校の対戦成績から頭一つ抜けた様相になった。残り4戦を通して得点力に磨きをかけていけば、おのずと頂点への道が開けてくるだろう。

(記事 御船祥平、写真 佐藤凌輔)

関東学生秋季リーグ
早大 26 10−11
16−6
17 国士舘大
スタメン
GK 増田翔(スポ4=神奈川・生田)
CP 玉城慶也(スポ4=沖縄・興南)
CP 内海祐輔(スポ4=香川中央)
CP 森田啓亮(スポ4=岩手・不来方)
CP 東江雄斗(スポ3=沖縄・興南)
CP 桐生正崇(人3=群馬・富岡)
CP 太田翔(スポ3=北海道・札幌月寒)
関連記事

東海大を下し、無傷の4連勝/関東学生秋季リーグ(9/10)

開幕3連勝も、ディフェンスに課題/関東学生秋季リーグ(9/08)

終盤ミスが目立つも、開幕2連勝/関東学生秋季リーグ(9/01)

コメント

玉城慶也主将(スポ4=沖縄・興南)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうはディフェンスが今までで一番良かったです。失点は多くなかったんですけど、得点が伸びなかったのでそれに苦しんだかなあと思います。

――立ち上がりはいかがでしたか

立ち上がりもディフェンスはそんなに悪くはなかったんですけど、でもシュートミスですね。自分も外しちゃって、それで波に乗れなかったんだと思います。

――波に乗り切れなかったという印象ですが

でも前半ああやってオフェンスで乗れないときによく粘って守れたなと思います。前半折り返しは1点ビハインドだったんですけど、不安はありませんでした。

――チームの反省点は

ディフェンスは全く問題ないので、あとはオフェンスですね。出だしとイージーなシュートミスだと思います。

――最後に次の日大戦への意気込みをお願いします

きょう勝てて結構優位に立つことができたので、次も確実に一勝を挙げたいです。