ホッケー部

2014.09.15

秋季関東学生リーグ 9月14日 早大東伏見グラウンド

課題が残る内容に

 秋季関東学生リーグ(秋季リーグ戦)開幕戦で快勝した早大。迎えた2戦目の相手は強敵・駿河台大。優勝に向けて、絶対に負けられない相手だ。試合は前半、FW宮崎俊哉(スポ2=福井・丹生)の活躍で2点を挙げる。このまま押し切りたいところだったが、その後は逆に2点を奪われてしまう。後半は疲労の色が見え始め、防戦を強いられる展開に。FB田中智大主将(社4=福井・丹生)を中心になんとか無失点で切り抜けるも、反撃には及ばず。2-2の引き分けに終わった。

スーパープレーを決めた宮崎

 開始早々から一進一退の攻防が続いた。隙を見せない駿河台大に対し、早大は細かいパス回しを繰り広げ、攻撃の機会をうかがう。試合が動いたのは8分。宮崎がフィールド中央よりドリブルで一気にゴール前まで駆け上がり、勢いそのままにゴール上段へシュート。スーパープレーで会場を沸かせた。直後のペナルティーコーナー(PC)でも宮崎が活躍。相手守備陣の間を痛烈な一振りで抜き、追加点を叩き込む。これで流れは早大に傾いたかに思われたが、中盤以降攻め込まれる展開に。MF鵜飼慎之介(スポ3=福井・丹生)やGK戸田翼(社2=滋賀・伊吹)の好守で幾度もピンチをしのぐも、30分。PCを決められてしまい、ついに失点を許す。相手の猛攻は止まらず、前半終了直前にもパスを繋げられ、2点目を与えてしまった。

疲労の色が見える早大

 序盤から一転、嫌なムードが漂う中迎えた後半。流れを再び引き寄せたい早大だったが、逆に防戦を強いられる。疲労が溜まり運動量が落ちる中で、PCを何度も与えてしまった。それでも田中やFB木村浩一郎(スポ3=栃木・今市)らの活躍でゴールは守りぬき、反撃の機会をうかがう。中盤にはMF田村真彬(スポ4=岩手・沼宮内)やFW佐藤良(政経3=東京・早大学院)が相手ゴールを狙うも、得点には結び付かない。終盤には意地を見せ、PCを獲得。勝ち越しの絶好のチャンスだったが、田中が放ったボールは無情にもGKの好セーブに阻まれる。その後も両校加点出来ぬまま、試合終了。白星を得ることはできなかった。

 序盤が良かっただけに、中盤以降の内容について田中は「反省する点は多い」と振り返った。この試合で露呈した反省点を克服しなければ、今後良い結果は得られないだろう。次なる相手は山梨学院大。上に行くために、勝利が必須となる。「練習を1からやり直し」、早大はひたむきに1勝を狙いに行く。

(記事 落合修平、写真 中村ちひろ)

秋季関東学生リーグ
早大 2-2
0-0
駿河台大
関連記事

春のリベンジに向け白星発進(9/09)

コメント

松本剛毅監督(平6卒)

――秋季リーグ戦の目標をお願いします

学生日本一の為に、まずリーグ戦を制覇する必要があると思っているので、昨年同様、優勝を目指します。

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

前半の入り方は良かったのですが、やはり体力が足りていませんね。それにメンタル面、フィジカル面共に悪い。悪いところが全て露呈した試合でしたね。

――「メンタル面が悪い」とは、具体的にどのようなことでしょうか

例えばゲームの終盤など、重要な場面において一対一で負けていることですね。気持ちが弱いのかな、と感じています。

――前半の入り方に関してはいかがでしたか

宮崎のプレーが素晴らしかったですね。あれについては100点満点をあげたいです。しかしながらその後、これはチーム全体に関してなのですが、普段から試合を想定していないのか、と思うようなプレーが多々ありました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

きょねんは夏の間に厳しい練習を積み、秋に結果を残したのですが、ことしはこの試合を見る限り、まだ成長が足りないのではないかと思います。もっと練習態度からもう一度やり直し、次戦はしっかりと勝ちきりたいです。

FB田中智大主将(社4=福井・丹生)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

立ち上がりから先制点を取るという姿勢で、最初の15分くらいでポンポンと2点入ったのですが、前半の終わりに失点してしまって、後半も悪い流れを止められず、相手のチャンスが多くなった後味の悪い試合だったと思います。

――押され気味だったことについて

きょうの試合の反省をしないとまだよく分からないのですが、ポジション同士の間が空いてしまい長いボールが多くなってしまって、そこにカウンターを仕掛けられたりと、自分らのミスが目立っていたので、反省する点は多いと思います。

――収穫などはありましたか

きょうは1人メンバーがいなくてそこを埋めてやっていたのですが、立ち上がりは非常によく入れたのでそこはよかったのですけれど、それ以外に関しては収穫というよりも改善点の方が多いですね。山梨学院大戦が2週間後に控えているので、それまでに練習を1からやり直していきたいと思います。

――最後に、今後の試合への意気込みをお願いします

きょうの試合は引き分けで、まだ上に上がれるチャンスはあると思うので山梨学院大戦に向けてしっかり準備し、またチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。