野球部

2014.09.15

秋季リーグ戦 9月14日 神宮球場

猛打で2桁得点!危なげなく東大を下す/東大2回戦

東大1回戦
慶大 10
東大
(慶)○三宮-須藤、瀧本、佐伯、石崎-藤井
◇(本塁打)谷田2号2ラン、藤本知1号2ラン(二塁打)横尾、齋藤

 前日の試合で7-0と完封勝利を飾った慶大は、東大との2回戦を迎えた。自慢の強力打線がこの日も爆発し、初回から一挙5点を奪う。その後も着実に得点を積み重ね、6回までに10点を挙げた。投げては先発の三宮舜(3年)が6回を投げ4失点を許すも、7回以降は救援陣が無失点で抑え、10-4で快勝。連勝で勝ち点1を獲得し、秋季リーグ戦制覇へ好スタートを切った。

 先発のマウンドを任された左腕の三宮は、初回から味方の大量援護を受け、テンポのいい投球を披露した。東大打線の早打ちにも助けられ、次々とアウトの山を築く。3回までに許した安打はわずか1本という上々の立ち上がり。しかし中盤以降、相手打線に徐々に捕まってしまう。4回に四球でピンチを招き2点を返されると、6回には東大の4番・有井祐人に本塁打を浴びさらに2失点。後を託された投手陣は無失点で逃げ切ったものの、6回4失点と一瞬の隙につけこまれた三宮の投球には課題が残った。

6回4失点と完璧な投球は見せられなかった三宮

 この試合大量得点を挙げた慶大打線は、初回から猛攻を見せた。先頭の佐藤旭主将(4年)が死球と盗塁で好機を演出すると、1死二塁の場面で打席には3番の谷田成吾(3年)。4球目を捕えて逆方向へ弾き返した。持ち前のパワーで強振した打球の勢いは止まらず、左翼手の頭上を越えてそのままスタンドイン。2試合連続でダイヤモンドを一周した。以降も攻撃の手を緩めず、この回で奪った得点は5点。試合を一気に決定づけた。2回からも毎回走者を出し、絶え間ない攻撃を続ける。そして6回には、この試合2本目の本塁打が飛び出す。5番の藤本知輝(4年)が、打った瞬間それと分かる当たりで打球を左翼スタンド中段に突き刺した。9回まで放った安打は2桁10本。打線を引っ張る主軸の活躍が勝利をたぐり寄せた。

2日連続で本塁打を放った谷田

 第1戦は投手、そしてこの試合では攻撃陣が躍動し、開幕連勝を飾った慶大。しかし、きのう投手陣は完封勝ちを収めただけに、きょうの4失点は不満が残る結果である。春秋連覇へ向け、戦いはまだ始まったばかりだ。2週間後には、昨季唯一負け越した苦手の立大戦が控える。勢いに乗り、このまま快勝を続けられるか。春の王者・慶大が、再び王座に輝く日まで突き進む。

(記事 井口裕太、写真 菖蒲貴司、盛岡信太郎)