バドミントン部

2014.09.14

関東大学秋季リーグ戦 9月14日 神奈川・日体大健志台米本記念体育館

混戦模様の秋季リーグ2日目

 関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)2日目。法大と対戦した男子は苦戦を強いられ、接戦をものにすることができず僅差で敗戦となった。一方女子は関東大学春季リーグ戦(春季リーグ)で敗れた筑波大を死闘の末制し、貴重な1勝を獲得。上位での1部残留に望みをつなげた。

 男子は秋季リーグ初日からオーダーをわずかに変更し法大に挑んだ。シングルス1に出場したのは和田治久主将(スポ4=埼玉栄)。安定したショットを繰り広げ第1ゲームを獲得するも、「油断した部分があった」(和田主将)と話したように紙一重の差で第2ゲームを取りこぼしてしまう。気持ちを切り替え臨んだ第3ゲーム。長いラリーから着実に決めに行く得意のゲームスタイルを展開し、勝利でチームを鼓舞した。続くシングルス2の松本康平(スポ1=埼玉栄)は奮闘むなしく惜しくもストレート負け。ダブルス1では古賀輝(スポ3=埼玉栄)・齋藤太一(スポ3=福島・富岡)がファイナルゲームにまでもつれる接戦となったが、しっかりと白星を挙げチームに貢献する。しかしダブルス2、シングルス3を落とし、法大にあと一歩及ばず手痛い敗北を喫した。

主将として勝ち切った和田

 女子の相手は春季リーグで敗れた筑波大。シングルス1に登場したルーキー中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)は高さを生かした攻撃で敵を翻弄(ほんろう)するものの、決め球を粘り強く返球され勝負はファイナルゲームへ持ち越される。2-11で折り返しを迎え、逆転は絶望的かのように見えた。だがインターバル中、中西はダブルスのパートナーである渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)からアドバイスを受ける。「(渡辺からの)一言があって気持ちを切り替えられた」と笑顔で振り返った中西は最大9点という大差を見事に覆し、チーム待望の白星を挙げた。勢いに乗った中西は渡辺とのダブルス2でも快勝。シングルス3の我妻美沙紀(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)は丁寧なラリーで敵のミスを誘いシーソーゲームを制し、筑波大を撃破した。

チームに良い流れをつくった中西

 現在男子で2勝を挙げているのは日体大と日大のみ。全勝優勝という大きな目標は果たせなくなってしまったが、混戦しており優勝の可能性はまだ十分に残されている。また女子はケガなどでフルメンバーが揃わないなかでの1勝は非常に価値のあるものだろう。連戦の疲れもあるがあすも確実に得点を積み重ねたい。

(記事 八木瑛莉佳、写真 芦川葉子)

結果

▽男子団体●2-3法大
シングルス1 和田治久(スポ4=埼玉栄)○2-1(21-13、19-21、21-11)
シングルス2 松本康平(スポ1=埼玉栄)●0-2(18-21、18-21)
ダブルス1 古賀輝(スポ3=埼玉栄)、齋藤太一(スポ3=福島・富岡)○2-1(21-16、12-21、21-13)
ダブルス2 中里裕貴(スポ1=埼玉栄)、富岡寿将(社1=熊本・八代東)●0-2(20-22、13-21)
シングルス3 古賀●1-2(22-20、18-21、14-21)

▽女子団体○3-2筑波大
シングルス1 中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)○2-1(21-13、11-21、22-20)
シングルス2 上田真帆(スポ4=埼玉栄)●0-2(11-21、15-21)
ダブルス1 清水恵(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)、金森望(スポ2=福岡・九州国際)●0-2(7-21、18-21)
ダブルス2 渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)、中西○2-0(21-16、21-8)
シングルス3 我妻美沙紀(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-1(17-21、21-16、21-13)

コメント

和田治久主将(スポ4=埼玉栄)

――第1シングルスから振り返っていきたいと思います。第1セットはかなり良い入り方ができたのではないでしょうか

自分としても本当にいいかたちで出だしからいけたので、2ゲーム目は色々ありましたが、結果としては団体戦としてもいいスタートが切れたのではないかなと思います。

――第2セットは競った末にわずかな差で落としてしまいましたが原因は

正直油断してしまった部分がありました。勝てるかなぁと思ってしまって。ずっとお互い1点ずつ取り合って終盤にいったので、最後は抜けられるだろうと思ったら結局相手に抜かれてしまって、結局落としてしまいました。

――ファイナルセットに向けてはどのように臨みましたか

もう最後だったので出だしからしっかり集中していこうと思って攻め続けました。

――結果的に11-21とダブルスコアの差がついての勝利となりました

自分としても満足いくプレーができたと思います。

――関東大学秋季リーグ戦2日目ですが、調子はいかがですか

きのうときょうを振り返ってみて、全体的に調子が良いです。特にこのショットが、というよりは、粘って相手のミスを待つという自分のかたちが出せていると思います。しつこくしつこくできています。

――チーム全体のお話をお伺いします。2-3で惜しくも法大に敗れてしまいました

最後勝ち切れなかったのが悔しいところですけど、相手も強かったですししょうがないのかなと思います。きょうの負けを引きずらないようにまたあしたから気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。

――今大会では実力が切迫していて混戦が予想されますが、優勝のために明日の3日目に向けて

個人的にはもちろんことしが最後のリーグ戦なので、しっかりと満足のいく試合内容にしていきたいと思います。団体戦としても、強豪校の日体大もいま(2部から昇格した中大に対して)苦戦していますし、しっかりあした勝てるようにみんなで全力を尽くしたいと思います。

中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)

――シングルスの試合を振り返っていかがでしたか

1ゲーム目の出だしはすごく良くて、自分が攻めるゲームができたので良いかたちで取ることができました。2ゲーム目では、相手はとても粘るタイプの選手だったので、自分が決め球として打つ球を簡単に返され、結果的に自分が我慢できずに負けてしまいました。3ゲーム目は入り方が最悪で、負けたなと思ったのですけれど、出るからには勝たないといけないですし、第1シングルスであのような負け方はその後の雰囲気も悪くなると思ったので、開き直って集中してやろうと思いました。そうしたら相手よりも我慢することができて、相手にどんどんミスが増えたので行けるかなと思い、攻めても決まらないので我慢したらあのようなかたちで勝つことができました。本当に良かったですし、シングルスに出る責任は最低限ではありますが果たせたのではないかなと思いました。

――第3ゲームでは2-11という大差を付けられてから迎えたインターバルでしたが、どのように気持ちを切り替えましたか

インターバルのときにダブルスのパートナーの渡辺さん(梨沙、スポ4=北海道・札幌静修)が来てくださって、そこで「相手はそんなにスマッシュを打ってきてないから、決め球でもクリアーやカットが多いよ」と教えてくださって。それを聞いて、後半は自分でも確かにそうだなと納得しました。その一言があって、スマッシュを打たないで前に出て行こうと気持ちを切り替えられることができたので、チームの先輩のおかげで流れを変えることができたのではと思います。

――ダブルスの試合を振り返っていかがでしたか

きのうも良い感じで勝てたので、きょうもきのうのようにやれば大丈夫かなと思っていました。渡辺さんもすごく集中していて、自分のことを引っ張ってくださいました。(渡辺さんに)ついていこうという気持ちだけで、本当にいつも引っ張ってくださっていて勝つことができたので、ダブルスを通しては渡辺がいたから勝てたのだと思います。

――ダブルスは開幕2連勝ですが

きのうは何度もやったことのある選手だったので相手のことをよくわかっていたのもあって勝てたと思います。きょうもやはり第1ダブルスのほうが強かったと思うので、第2ダブルスということで、実力からしてもチームとしても負けられない戦いでしたがしっかり勝てたのは良かったです。

――あすへの意気込みをお願いします

あしたも出るからには勝つということが大事だと思います。また団体戦なので自分の試合のできが結果としても雰囲気としても大事になってくると思うので、一本一本を大事に、きょうの試合のように最後まで諦めないでやることが大事だと思いました。