スケート部

2014.09.14

関東大学リーグ戦 対日大 9月13日 東京・ダイドードリンコアイスアリーナ

リーグ戦王座奪還に向け、好発進!

 王座奪還に燃える秋、関東大学リーグ戦(リーグ戦)が開幕した。2位という結果に泣いた昨年の屈辱を晴らすべく、ワセダは初戦の日大戦に挑み、危なげないプレーで8−1の快勝。悲願のリーグ戦優勝に向けて好調な滑り出しとなった。

 第1ピリオド(P)開始直後、相次ぐ相手のペナルティーによりおよそ4分間のパワープレーを得るも、ミスが目立って得点が決まらない。試合が動いたのは4分22秒。FW三浦亮(教4=青森・八戸商)がゴール前での混戦の末に先制点を獲得。序盤からワセダがリードするかたちとなる。しかしその後は不意をつかれて1点を奪われ、ピリオド中盤は相手のペースで試合が進む。冷静さを取り戻したいワセダを救ったのはFW寺井敏博(国教2=米・チョートローズマリーホール高)。2点目を決め、ここからワセダは波に乗りはじめる。18分37秒、パワープレーのチャンスを活かし、寺井が放った絶妙なパスを受けたFW金子聖(スポ2=埼玉・立教新座)が追加点を決め、第1P は3−1で終えた。

先制点を挙げた三浦

 続く第2P、このまま第1Pの流れに乗りたいワセダは前半から積極的に攻め続けるも、決定打を放てずに試合は硬直。すると26分過ぎ、またもや相次ぐ相手のペナルティーで5対3のパワープレーとなる。再び勢いを取り戻したいワセダは攻撃的なセットを組み、FW金子立樹(スポ2=北海道・駒大苫小牧)が三浦のアシストを押し込みゴール。さらに34分15秒、寺井が一気にゴール前まで駆け上がり5点目を生み出す。その後は寺井のペナルティーでキルプレーとなるも、GKの堅実な守備で第2Pは無失点に抑える。

 勝利を確実なものとしたい第3P前半。45分32秒、三浦が6点目を決めるも、キルプレーが続き攻めの体制が築けず苦戦を強いられる。しかしここでもワセダは冷静さを失わず、チーム一丸となって守りに徹する。なんとか危機を乗り切り、素早く立て直したワセダは55分1秒、金子立がゴール裏からのパスを押し込み待望の7点目を獲得。ピリオド後半、後がない日大は必死の追い上げを図るが、試合終了間際の59分1秒、本日好調の寺井がGKと1対1となり、正面からの豪快なシュートで駄目押しの追加点をもたらす。寺井のハットトリック達成で会場が興奮の渦に包まれる中、8−1で試合終了。終了のブザーが、すがすがしいワセダの勝利を讃えた。

3ゴール2アシストの活躍を見せた寺井

 開幕戦、終始落ち着いたプレーで勝利を飾ったワセダ。工藤哲也監督(昭63卒=青森・八戸)が「走り勝つホッケーと1対1で負けないというのを合宿から言ってきて、それを実践できた」と話すように、リーグ戦優勝にむけて順調な足掛かりとなった。次戦は先日の大学交流戦苫小牧大会(サマーカップ)でまさかの敗戦を喫した日体大との一戦。早くも気が抜けない相手と対戦することとなるが、「本当に早大は日体大に負けたのかと周りの観客に思われるように、相手を圧倒するような結果を残したい」とDF石川貴大副将(スポ3=埼玉・埼玉栄)が言うように、強気なプレーでリベンジを果たしてくれることを期待したい。

(記事 井上莉沙、写真 落合修平)

関東大学リーグ戦
早大 ピリオド 日大
3(31) 1st 1(7)
2(23) 2nd 0(11)
3(14) 3rd 0(8)
8(68) 0(26)
得点経過
チーム 時間 ゴール アシスト1 アシスト2 PK/PP
早大 04:22 三浦 金子聖 寺井
日大 06:47 滝澤 坂本
早大 11:43 寺井 佐藤
早大 18:37 金子聖 寺井 堰合 PP
早大 27:23 金子立 三浦 池田 PP
早大 34:15 寺井 佐藤
早大 45:32 三浦 堰合 青木
早大 55:01 金子立 加賀美 池田
早大 59:01 寺井 堰合
※PKはキルプレー、PPはパワープレー、PSはペナルティショットを指す
 なお、PK/PPの表記は早大にとってPKに当たるかPPに当たるかを表記するものとする
早大メンバー
セット FW FW FW DF DF
池田 金子立 加賀美 石川
青木 三浦 金子聖 堰合 斜森
寺井 横町 佐藤 新井 松本
野村 瀬戸 田中 志村 格地
GK中川
コメント

工藤哲也監督(昭63卒=青森・八戸)

――関東大学リーグ戦(リーグ戦)初戦を終えていかがですか

初戦ですし、当然秋リーグ優勝を目指しているので、そのための大事な試合でした。サマーカップ(大学交流戦苫小牧大会)で日大には勝っていて、日大はそのリベンジということで積極的なプレーで来るかなというのがあったので、それを受けずに強気の守りと強気の攻めをやるようにと指示をして、その通りできたと思います。今シーズンはいままで出ていなかった選手も出ていて多少緊張はあったと思いますが、少しのミスは仕方がないので、そのミスをみんなでカバーできるようにと言っていました。

――早大ペースの試合でしたが、どのようなところが良かったと思いますか

まずは60分間を通して走り勝つことができたのが良かったと思います。それは今シーズンのテーマで、走り勝つホッケーと1対1で負けないというのを合宿から言ってきて、それを実践できたと思います。

――今大会からルール変更がありましたが、その対応などは

当然新しいルールになるというのを想定して合宿からしっかり準備をしてきて、選手たちも新しいルールに適応したプレーをしていたので、準備ができていた結果だと思います。ハイブリッドアイシングではゲームが止まらないので、DFもFWもホイッスルが鳴るまでプレーを止めないというのが重要なところで、それに適応するチームがやはり強いと思います。早大はしっかり取り組んできたので良かったと思います。

――きょうの試合を受けて何か修正点はありますか

きょうは初戦ということでいくつかミスもあったので、先程も言った通りミスは仕方ない部分もありますが、もっと少なくしていきたいと思います。これから強いチームと当たったときにミスが致命傷になるケースもあるので、ミスを少なくして、なおかつきょうのように走り勝つホッケーをしていきたいと思います。

――次戦の日体大戦に向けて

きょうの流れを止めずに、きょう指示した通り強気の守りと強気の攻めを実践していきたいと思います。

FW池田一騎主将(スポ4=北海道・駒大苫小牧)

――リーグ戦初戦ということで、どのようなお気持ちで試合に臨みましたか

昨年は2位で終わっているということと、サマー(カップ)で良い結果を残せなかったので、初戦は内容もそうですけど、とりあえず結果にこだわってやりました。

――大差をつけての勝利でした

得点を多く取れたことは良かったんですけど、失点をしてしまうと、より強いチームと当たったときにもっと失点してしまう可能性があるので、守りからもう一回見直さなければならないかなと思います。

――失点してしまった第1ピリオド(P)序盤は少し硬さが見えましたが

アイスコンディションが良くない中で、パスレシーブがうまくいかない場面も多かったのですが、第2Pからはそういうところを早めに修正できたので良かったと思います。失点も、第1Pのあの1点だけだったので。その後はうまく切り替えられたと思います。

――FWとして、攻撃面の出来はいかがでしたか

得点したことは良いんですけど、攻めたら攻めたままだったので、攻めたらしっかり戻るということも意識してやっていきたいなと思います。

――きょうの試合の収穫は

きょうは3つのセットが出ていましたけど、各セットが得点できたということは、どこのセットでも得点の可能性があるということなので、それはすごく良かったと思います。

――あさっての日体大戦に向けて

各個人でしっかり体を動かしたり準備して、良いコンディションで臨みたいと思います。

DF石川貴大副将(スポ3=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

最初にチームのミーティングで、開幕戦なのでしっかり勝利という結果を残していこうという話をしました。1失点はしてしまったのですが、結果的に勝つことができて良かったです。

――1失点に抑えましたが、DF全体をどのように評価していますか

0(失点)にこだわるということが究極の目標になってくると思っていて、失点なしでやっていけた方が良いと思うので、0に近づけるように高い目標を持ってやっていきたいと思っています。

――きょうのチームのプレーで良かったところはどこですか

第1Pで、ブルーラインに入ってからスピードを失ってしまっているので、もっとブルーライン付近でのプレーを減らしていこうということが気になってその後改善しました。攻めのときにスピード感を持つことが第2P以降はできたので、それが結果的に得点につながったのかなと思います。

――サマーカップでの結果をどう受け止めていますか

苦しい結果に終わってしまって満足いかないし、むしろ後悔しかない結果になってしまったのですが、それを逆にバネにして次につなげようという意識は、チームの中で良い方向に向いているのかなと思います。結果を残せなかったのは悔しいですが、そこから学ぶこともあったのではないかなと思います。

――副将の立場から見て現在のチーム状況やチームの調子はいかがですか

夏に比べたら、FWもDFも全然よくできていると思います。これからもまだ右肩上がりに調子を上げていければ良いと思いますし、いまはとても良い流れで攻めも守りもできているのではないかなと思います。

――次戦以降に向けての意気込みをお願いします

リーグ戦はまだまだ続きますので、一戦一戦しっかり戦って、勝利を自分たちの手にしたいと思います。日体大には夏は負けてしまっているので、「本当に早大は日体大に負けたのか」と周りの観客にも思われるように、相手を圧倒するような結果を残したいと思います。

FW寺井敏博(国教2=米国・チョートローズマリーホール高)

――開幕戦ということで、どのような意気込みでこの試合に臨みましたか

サマーカップではあまり良い試合をしてこなかったので、一人一人が足を動かして第1戦は絶対取る!という意気込みで臨みました。

――試合を全体的に振り返って

みんな足を動かしてDFから攻撃にちゃんとつながっていたし、PP(パワープレー)も決められたので第1戦としては良かったと思います。

――自身のプレーについて

周りが頑張ってくれておかげでシュートを打つことができて良かったです。

――ハットトリックも決めましたね

そうですね。ことしはもうちょっと決定力を高めていきたかったので、周りの助けがあって3点入れられて良かったなと思います。

――試合終了間際の豪快なショットが印象的でしたが

スピードがあるパスを受けたのでそのまま勢いでシュートを決められて良かったです。

――最後に、今後の試合への意気込みをお願いします。

これから戦っていくチームがどんどん強くなっていくので失点を少なくして、守りからという意識で、ちゃんとワセダのホッケーをしていきたいと思います。