ハンドボール部

2014.09.14

関東学生秋季リーグ 9月13日 神奈川・日体大健志台体育館

上位リーグの『カベ』高く、初勝利ならず

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)も折り返しとなる4戦目、筑波大を対戦相手に迎えた。前節では強豪・東女体大をあと一歩のところまで追い詰め、流れに乗ったときの爆発力と底力を証明してみせた早大。この日も序盤から良いかたちで試合を運び、一進一退のシーソーゲームを繰り広げた。1点ビハインドで迎えた後半、ここ一番で粘れず中盤に大きく点差を離されてしまう。土壇場で必死の猛追を仕掛けるも追いつけず敗戦。リーグ戦初白星とはならなかった。

 選手たちはリラックスした表情でコートに立つと、良い雰囲気で試合に臨んだ。中村光代(スポ4=東京・文大杉並)のペナルティスローで幸先良く先制点を挙げると、その後も順調に得点を重ねることに成功。しかし退場者を連続して出してしまい、常に数的不利を背負った状態で戦うことを強いられる。それでもGK高田美沙(スポ3=千葉・昭和学院)がビッグセーブを連発し、簡単に流れを相手に渡さない。この高田の気迫のこもったプレーが選手たちを奮起させ、さらに勢いを増す早大オフェンス。しかし終了間際に得点を奪われてしまい、1点を追いかけるかたちで前半を折り返す。

落ち着いてこの日最初のペナルティスローを決めた中村

 後半も早大が先制点を決め、すぐに同点としたがここからはミスが目立った。相手ディフェンスを抜き去りキーパーとの1対1まで持ち込むが、そこでフリーのシュートを決め切れない。そして、特に速攻でイージーミスをする場面が多く見られた。キーパーの高田も要所で攻撃を食い止め最後尾からチームを鼓舞するが、ディフェンスがこれに続かず粘りを欠く。中村や森本方乃香(スポ3=愛知商)も得点を奪うが、なかなか点差を縮めることができない。試合時間残り10分を切ったところで、ルーキーの内海菜保(スポ1=香川・高松商)と安藤万衣子(教1=東京・文大杉並)を投入。チーム一丸となって怒涛(どとう)の追い上げを見せるが、中盤に開いた点差は大きくわずかに届かず敗戦。またもや勝利を挙げることはできなかった。

高田も強気のセービングでチームを盛り上げた

 ここ2試合、敗戦を喫してはいるが関東学生春季リーグ(春季リーグ)上位リーグのチームに対して肉薄している。次週からは春季リーグ下位のチームとの連戦となり、森本も「ここからは負けられない」と気合十分に語った。勝つためにはなにをすべきか、なにができるか。勝利への執念でこれから待ち受ける相手を圧倒してほしい。この『カベ』を打ち破り、その向こう側へ――。早大の挑戦はまだ終わらない。

(記事 佐藤凌輔 写真 藤巻晴帆)

関東学生秋季リーグ
早大 22 10−11
12−15
26 筑波大
スタメン
GK 高田美沙(スポ3=千葉・昭和学院)
CP 足立未奈(人4=東京・文大杉並)
CP 岡田紗代子(スポ4=愛知・名経大市邨)
CP 中田知江(スポ4=東京・佼成学園女)
CP 中村光代(スポ4=東京・文大杉並)
CP 千葉絵里子(社3=東京・文大杉並)
CP 兒玉菜夏(スポ3=富山・高岡向陵)
関連記事

悔しい3連敗も、好転の兆しあり/関東学生秋季リーグ(9/10)

ルーキー2人が戦況を変えるも、わずかに届かず/関東学生秋季リーグ(9/01)

後半持ち直すも、初戦は黒星に/関東学生秋季リーグ(8/31)

コメント

高田美沙(スポ3=千葉・昭和学院)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

最終的には負けてしまいましたが、前半は競って良い試合ができていたと思います。けれど、序盤はリードを奪えていたのに前半終了間際には逆に1点リードを奪われてしまったのでそこは痛かったかなと。

――ご自身の調子はいかがでしたか

絶好調だったと思います。

――きょうのワセダのディフェンスについては

今までの試合と比べたら良く守れていたと思います。

――最後に次の試合に向けて意気込みをお願いします

次からは下位リーグのチームと戦うので、もう勝つしかないと思います。

森本方乃香(スポ3=愛知商)

――きょうの総括をお願いします

キーパーに何度も助けられたのに、コートに立っている選手たちがそれに応えることができなかったので悔しいです。

――ディフェンス面での反省点は

具体的になってしまうのですが、打たせるところとそうでないところを一緒にしてしまって、その結果両方の守りがあいまいになってしまいました。打たせるところはキーパーと相談してはっきり決めて、それで決められてしまったなら仕方がないと割り切らないと両方が守れなくなってしまうので、これを次回から注意していこうと思います。

――次の日女体大戦への意気込みをお願いします

もうここからは負けられないのでこの試合の反省をしっかり活かして、次につなげて絶対勝ちます。