野球部

2014.09.14

秋季リーグ戦 9月13日 神宮球場

加藤拓が好投 連覇へ向け好発進/東大1回戦

東大1回戦
東大
慶大 ×
(慶)○加藤拓、明、土屋俊―小笠原、須藤
◇(本塁打)谷田1号3ラン、山本泰1号ソロ(二塁打)小笠原

 昨季は最終節で早大に連勝し、6季ぶりの優勝を果たした慶大。秋季リーグ戦が開幕したきょう、東大との初戦を迎えた。先発の加藤拓也(2年)は7回を無失点に抑え、その役割を十分に果たす。一方の打線は初回、谷田成吾(3年)が先制本塁打を放ち、早々に試合の行方を決定づけた。投打で東大を圧倒し、7-0の大勝。あすの2回戦に弾みをつける結果となった。

 エースとしての貫禄を見せつけた。初回にいきなり2死三塁のピンチを招くも、マウンドの加藤拓は冷静だった。落ち着いて後続を打ち取ると、続く2回は3者連続で空振り三振を奪う。悪い雰囲気を払拭し、チームに勢いをもたらした。5回以降は走者を許さない完璧な投球を披露。真っ向勝負で相手打者をねじ伏せ、7回を投げ抜いた。後を継いだ救援陣も失点を許さず、粘りの投球で勝利を大きく引き寄せた。

7回を無失点に抑えた加藤拓

 初回のピンチを切り抜けた加藤拓を、打線もすぐさま援護した。初回、無安打で無死一、三塁の好機をつくると、打席には3番の谷田。4球目を振り抜いた打球はそのままスタンド中段に吸い込まれ、先制の3点本塁打となった。5回にも山本泰寛(3年)に本塁打が飛び出すと、終盤にも加点し突き放した。7得点と結果は出たものの、攻めきれなかった印象も残る。開幕戦ゆえの力みからか、24アウト中15ものフライアウトを重ねてしまい、安打は2本の本塁打を含む散発6本と、少し物足りなさを感じさせた。

先制の3点本塁打を放った谷田

 春秋連覇へ向け、最初の1勝を難なく収めた慶大。投手陣の調子がいいだけに、課題の残った野手陣の奮起がさらなる勝利のカギとなってくるだろう。そしてあすからも負けられない戦いが続く。昨季果たせなかった完全優勝を見据えて、それぞれの若き血を熱くたぎらせ、目の前の試合に向かっていきたい。

(記事 菖蒲貴司、写真 三井田雄一、土屋佳織)