準硬式野球部

2014.09.14

9月13日 東京六大学秋季リーグ戦 東京・府中市民球場

投打がかみ合い開幕3連勝

TEAM
立大
早大 ×

 開幕カードで東大を下し迎えたきょう、早大は強豪・立大と対戦。打線は前半こそ相手の好投手を前に沈黙するも7回に松本憲太郎(スポ3=福岡・筑紫丘)の適時打などで一挙5点を奪い試合を決定付けた。守ってはエース河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)が要所を締め、7回無失点の好投を見せる。それを継いだ沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)も味方の失策が絡み1失点するも内容は申し分なし。充実の内容で開幕3連勝を飾った。

  この日の先発投手を務めた河合は初回、2死から連打を浴びいきなり一、三塁のピンチを迎える。しかしここは後続を三ゴロで打ち取りなんとか切り抜けた。その後もほぼ毎回得点圏に走者を背負いながらも「ランナーを出してからのピッチングが自分の見せどころ」(河合)との言葉通り、持ち味である粘り強さを発揮。7回無失点と先発の役割を果たし、マウンドを降りた。2番手として登板した沼座は8回に2死一塁から右前にぽとりと落ちる安打を打たれ、右翼手がその打球の処理にもたつく間に一塁走者をホームに返してしまう。しかしそれ以降は立大打線をシャットアウト。二人の継投で勝利を手繰り寄せた。

好投した河合

 投手陣の粘りに応えたい打線だったが、前半は何度か好機を演出しながらもあと一本が出ない。しかし試合後、南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)が「無駄なアウトはなかった」と振り返るように、終盤には相手投手を攻略し始める。7回、2死一、二塁からここまで好機での凡退が続いていた松本が、執念の適時三塁打を放ち2点を奪うと、さらに南の適時三塁打などでこの回だけで5得点。8回にも追加点を挙げ勝負をものにした。

7回に先制打を放つ松本

 投手陣が粘り、打線がそれに応えるという理想のかたちで勝利を収めた早大。そんな試合の後でも選手たちは「きょうはきょう、あすはあす」(南)と翌日の試合を見据えていた。春秋のリーグ戦連覇に向けて―。慢心することなく突き進む早大ナインの活躍から目が離せない。

(記事 進藤翔太、写真 尾澤琴美)

コメント

南貴文(スポ4=兵庫・加古川西)

――今日の試合を振り返って

本当にナイスゲームでした。序盤に、凡打に見えるかもしれないですけど、球数を放らせたり、色々情報を共有したりと無駄なアウトはなかったかな、と思います。それが後半の集中打につながったのかなと思います。

序盤は立大の方が好機をつくりながら、それを切り抜けることができましたが

相手のミスもありましたし、自分たちの強みである投手陣がしっかり頑張ってくれたのかな、と思います

――前半につながらなかった打線が、終盤つながりを見せた要因は

やっぱり前半に見せた粘りが効いたのかな、と思います

――現在のチームの調子をどう捉えていますか

いや、間違いなく上がってきていますね。この2週間の空き週に、駄目な部分は駄目だと指摘して、考えることに重きを置いた練習をしました。この状態なら、あすも勝てるんじゃないかな、と思っています。

――東大戦とのチームの状態の違いは

とにかく、一人一人が考えることを徹底して。こう攻めよう、こう守ろう、ということを徹底できたのが良かったと思います、

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

次の試合に向けての意気込みをお願いします

きょうはきょう、あすはあす、と切り替えて、また次の試合も勝てるようにしたいと思います。

河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)

――試合を振り返って一言お願いします

きつい試合でしたけど、勝ててよかったと思っています。

――どのような意気込みでマウンドに上がりましたか

立大に対してはそんなに悪いイメージを抱いていなかったので、いつも通りの投球をしようと心がけました。

――ランナーを出しながらも最終的に0点に抑えました。このことについてはいかがでしたか

いつも通りの自分が出せたから抑えられたと思います。

――ピンチの時に一段とギアが上がっているように見えましたが

そうですね。ピンチになったらさすがに点は上げられないので、そういう時は抑えてやろうという気持ちでギアを変えて投げました。

――ちなみにいつも通りの投球というのは

要所を締めるということで、ランナーを出してからのピッチングが自分の見せ所だと思っています。

――今後の意気込みをお願いします

次も勝つだけです。

矢野匠(社1=東京・早実)

――高校時代は出場機会があまりなかったそうですが、今日試合に出ていかがでしたか。

自分は、(高校時代)背番号2桁で公式戦には全然出てなかったのですが、やっと試合に出てプレーできるようになって嬉しいです。

――今日は早大の初安打が矢野さんから出ました。初め全体的に相手投手の変化球にタイミングが合っていなかったように見受けられましたが、意識したことはありますか。

ベンチから、膝元から下のボールは手を出さないで、割り切っていこうという指示がありました。それで開き直ることができて、甘い球を上手く打つことができました。

――7回の打席では三塁側へのバントで追加点をあげられました。

学生コーチの櫻井雄祐(人4=神奈川・桐蔭学園)さんに声をかけて頂き、自分も(バントの指示が)あるかなと思っていたのですが、それで(バントを)やることを決めました。

――この試合3安打を放ち、チームの流れを作ることができたと思います。今日の試合を振り返っていかがでしたか。

序盤ピンチが多かったのですが、エースの河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)さんが踏ん張ってくれたおかげで、最後に流れが来たのかなと思います。あと、そのエースの代打で出た1年生の笹井健佑(社1=東京・早実)が上手くつないでくれたので、ここで打つしかないと思いました。

――今日の勝利でチームは開幕から3連勝しました。明日の試合に向けて意気込みをお願いします。

できるプレーを堅実にしっかりやって、そうすれば間違いなく勝てると思うので、ここからまた頑張っていきます。

松本憲太郎(スポ3=福岡・筑紫丘)

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしたか

試合の前半にチャンスが何度かあって、それが全部自分の打席だったのですが、そこでさらに1、2点取れていたらピッチャーにもっと楽に投げさせてあげることが出来たかなと思うので、もうちょっと試合の前半から行きたいかなっていう感じですね。

――前半に苦戦してしまった要因はなんだったのでしょうか

相手がなかなかいいピッチャーだということは試合前からわかっていたのですが、その中で自分のタイミングで打てていないなっていうところがあったかなと思います。

――好機で2回凡退してしまった後の打席での三塁適時打でしたが、そのときの率直な気持ちを教えてください

しっかり打てたし、いいところにも飛んでくれたて、2点入って、自分も三塁までいくことができたので、とても良かったと思います。

――その打席に入るまえに南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)から声を掛けられていましたが、そこではどのようなことを話したのですか

まえの打席で2回、チャンスで凡退していたので、それをあまり気負わず、プレッシャーに感じず、しっかり開き直って頑張れよという風に言葉をかけていただきました。それのおかげで自分も楽に打席に入れたと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

あしたもまたいいピッチャーがくると思うので、きょうは後半勝負になってしまったのですが、あしたは前半からエンジンかけていけるように、またみんなで一致団結して頑張りたいと思います。