バドミントン部

2014.09.14

関東大学秋季リーグ戦 9月13日 神奈川・日体大健志台米本記念体育館

秋季リーグが開幕。栄光へ向け始動

 夏の鍛錬を経て、ついに迎えた関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)。今大会は全日本学生選手権(インカレ)前最後の大会となるため、インカレの結果を占う重要な意味を持つ。男子は4-1で明大を下し開幕初戦を勝利で飾ったが、女子は強豪・専大に2-3で敗れ黒星発進となった。

 男子部の開幕戦の相手は関東大学春季リーグ戦(春季リーグ)5位の明大。シングルス1の古賀輝(スポ3=埼玉栄)、シングルス2の和田治久主将(スポ4=埼玉栄)は共にストレート勝ちを収める。迎えたダブルス1ではエース古賀・齋藤太一(スポ3=福島・富岡)ペアが出場。第1ゲーム序盤は先行していたものの、次第に敵の勢いが増し一進一退の攻防を繰り広げる。ジュースにまでもつれたがスピードのあるショットを攻略できず、25-27で落としてしまう。しかしここから持ち前の攻撃力を武器に、反撃を開始。「焦りもあった」と語った古賀だが、猛攻に耐えリードを奪い返すと見事明大を撃破。流れに乗ったダブルス2も快勝し、秋季リーグ初戦から良い流れをつくり上げた。

リードを奪い返した古賀・齋藤(左)ペア

 一方女子部の相手は春季リーグ2位の専大。苦しい展開が予想されていたが、終始一貫して攻めの姿勢で強敵に立ち向かった。最初に登場したのはルーキー中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)。高さを生かした鋭い打球で流れを引き寄せ第2ゲームを獲得するも、ミスが響き惜しくも敗戦となった。続くシングルス2、ダブルス1を連続して奪われ敗北が決定。だが少しでも上位で秋季リーグを終えるため戦いは続いていく。ダブルス2で登場した渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)・中西ペアは、あらかじめライバルを研究していたという。戦略が功を奏し、ゲームカウント2-0と女子部唯一のストレート勝ちを収めた。

2-0と快勝した渡辺・中西(左)ペア

 男子は最高のスタートを切れたが、一方女子は苦しい幕開けとなった。「自分が勝てたらチームも勝てると思っている」と和田主将が話した通り、個人の勝敗がチームの勝利に直結している。春季リーグから成長した姿を見せつけることが出来るのか、あすの試合も目が離せない。

(記事 八木瑛莉佳、写真 高畑幸)

結果

▽男子団体○4-1明大
シングルス1 古賀輝(スポ3=埼玉栄)○2-0(21-17、21-19)
シングルス2 和田治久(スポ4=埼玉栄)○2-0(21-15、21-19)
ダブルス1 古賀、齋藤太一(スポ3=福島・富岡)○2-1(25-27、21-18、21-18)
ダブルス2 中里裕貴(スポ1=埼玉栄)、富岡寿将(社1=熊本・八代東)○2-1(19―21、21-14、21-16)
シングルス3 堀ノ内俊佑(法4=埼玉・早大本庄)●0-2(8―21、11-21)

▽女子団体●2-3専大
シングルス1 中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)●1-2(11―21、21-18、18―21)
シングルス2 上田真帆(スポ4=埼玉栄)●1-2(21-15、9―21、13-21)
ダブルス1 清水恵(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)、我妻美沙紀(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(13-21、13-21)
ダブルス2 渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)、中西○2-0(21-12、21-13)
シングルス3 我妻○2-1(17-21、21-16、21-11)

コメント

和田治久主将(スポ4=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

2ゲーム目の終盤などちょっとヒヤヒヤする場面もありましたが、全体を通して相手にリードされることもなく自分の流れで(試合を)やることができたので、良かったのかなと感じています。

――チームとしては、明大に4-1と圧勝することができました

出だしでしっかり勝つことができたので、チームとしても勢いに乗れる良い流れだと思います。

――夏の間の調整はいかがでしたか

この夏はOBさんたちの協力も頂いて、合宿をいままで行っていた場所とは別の場所でやったりとイレギュラーなことが多かったのですが、しっかりと例年通りの基礎練習やトレーニングを積むことができました。ここで結果を残して、お世話になった方に恩返しができたらなと思います。

――東日本学生選手権(東日本インカレ)を振り返って

東日本インカレは正直納得のいく結果を出せなかったのですが、少なくともインカレ(全日本学生選手権)に出場することはできますし、まだこれからだと思っているのでこれに向けて頑張りたいです。

――チーム、個人それぞれとしてのあすへの意気込みをお願いします

自分が勝てたらチームも勝てると思っているので、しっかりと自分の試合を落とさないようにということを心がけて、チームが勝てたらと思います。

渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)

――きょうの試合を振り返って

きょうは対戦したことのない相手だったのですが、パートナーの中西(貴映、スポ1=埼玉・大宮東)がいつもやったことのある相手ということで色々聞いて(ゲームプランを)練りました。相手に合わせて打っていったほうが決まるということだったので、2人で中西が後ろ、私が前と決めて攻めていくかたちになんとか持っていけるように球を運んだので、気楽にでき、楽しめました。

――関東大学春季リーグ戦とは大きくオーダーが異なりますが

今回はダブルスの1人がケガで出られなくて、いつもシングルスで出場していた人もケガで出られなくなってしまいました。いきなりでしたが代わりにダブルスを組み替えたり、シングルスは東日本の試合を考慮して成績が良かった中西を入れました。あとはいつも通りのシングルスのメンバーでした。ダブルスは本当にいきなり変えたので迷惑だったかもしれないですが、しょうがなくやりました。

――夏を振り返っていかがでしたか

毎年同じような練習をしているのですが環境的には毎年メンバーが違うので、練習の雰囲気だったりが変わったかなと思います。練習自体はいつもと変わらず、試合メインで行っていました。

――東日本インカレを振り返って

団体は目標通りベスト4に入れたので良かったのですが、個人では実力が及ばずシングルス、ダブルス共に出場権を獲得できませんでした。インカレは団体に向けて練習していきます。

――あすへの意気込みをお願いします

あすは法大との対戦なので、いつも負けている相手ですが、自分が一本取るという気持ちで頑張ります。

古賀輝(スポ3=埼玉栄)

――シングルスの試合を振り返っていかがですか

秋季リーグの初日の1試合目だったのでチームの流れとかも関わってくると思ったので絶対に勝つ気持ちでやりました。

――ダブルスの試合はどうでしたか

出だしはリードして追い付かれてシーソーゲームとなりました。どっちが勝つのか分からない展開となりました。心身共にというのはおかしいですけど、精神面もかなり使った試合になり大変でした。

――1ゲーム目は27-25で落とし、苦しいスタートとなりました

1ゲーム目は取っていたら楽な展開になっていました。焦りもあったのですけれど、2ゲーム目はリードされている中で逆転して取れたのは良かったです。

――レシーブで苦しい場面も続いていましたが、その点についてはどうでしょうか

相手が落として、相手が上げるかたちが多かったのでそこを守り切って逆に攻めに転じられたのはあした以降の試合につながるかなと思いました。

――夏の東日本インカレについてはどうでしたか

団体戦ではベスト4に入ることはできましたが中大に負けてしまったので。その悔しさをバネにというのは変ですが、個人戦でシングルス、ダブルスともに優勝できたので自分の中で結構自信になっていると感じます。

――今大会、調子はどうですか

疲れなどはありますが出た試合は必ず勝ちたいので調子自体は良いです。

――あすに向けて意気込みをお願いします

全勝優勝したいので、勝ちたいです。勝ちます。