その他

2014.09.14

2014早稲田スポーツフェスタ in 東伏見 9月15日 早大東伏見キャンパス

敬老の日はスポーツフェスタへ!

 秋のスポーツ大感謝祭がやってくる!ことしで3回目を迎える「早稲田スポーツフェスタ in 東伏見」(スポーツフェスタ)が9月15日(月・敬老の日)に早大東伏見キャンパスで開催される。スポーツフェスタは早大体育各部が主に活動の拠点としている東伏見の地域の方々や早大ファンとの交流イベントである。当日は早稲田スポーツ新聞会も「早稲田スポーツ写真展」を出展する予定。老若男女が楽しめるイベント満載のスポーツフェスタにぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

 早大と東伏見の関係は深い。一説よると、早大が東伏見の地にスポーツ施設を設置したのは大正時代にまでさかのぼるという。以来多くの体育各部員がこの地で汗を流し、さまざまな世界へ羽ばたいていった。1987年(昭62)には安部球場の閉設に伴い野球部が東伏見に移転。2002年(平14)にラグビー蹴球部は上井草に場所を移したが、跡地に人工芝のサッカー場やグラウンドホッケー場が建設された。サッカー場は世界大会が開催できる規格で作られ、現在では関東大学サッカーリーグ戦や高羅大との定期戦といった公式戦にも使用されている。準硬式野球部やホッケー部なども東京六大学準硬式野球リーグ戦や関東大学ホッケーリーグ戦を東伏見で開催している。公式戦を開催できるレベルのグラウンドが東伏見には数多くあるのだ。またスポーツ施設が集まる東伏見を住居とする早大生も多い。体育各部の男子学生が住む紺碧寮や野球部の安部寮、さらには一般男子学生のための東伏見学生寮などがある。

公式戦に使用されるグラウンドもスポーツフェスタでは開放される

 東伏見は早大を語るうえで欠かすことができない聖地である。日頃の感謝を込め、スポーツフェスタでは早大が誇るスポーツ施設を開放され、スポーツ体験コーナーや馬術部の馬と触れ合うことなどができる。さらに会場では相撲部特製のちゃんこ鍋が振る舞われる予定だ。毎年大好評のスポーツフェスタが本年も盛大に開催される。


(記事 佐藤裕樹、写真 高柳龍太郎)


関連リンク

 2014早稲田スポーツフェスタ公式HP

 ※早大東伏見キャンパスは西武新宿線「東伏見駅」南口より徒歩5分です。